<固定表示です>新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること」のご紹介

おかげさまで、「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が無事、発売日を迎えることができました(アマゾンの発売日が9月2日ですから、地域によっては1日から搬入されるところもありましょう)。

以下、前に書いた紹介エントリーを整理して、しばらくは固定表示致します(毎日の更新としては、一つ下のエントリーが最新のものとなります)。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

北朝鮮は社会主義の仮面をかぶった民族主義国家にすぎず、韓国は民主主義の仮面をかぶった民族主義国家にすぎない・・簡単に言えば、そういう内容です。前にも触れたことがありますが、韓国特有の(他の国とは違う)民族主義、民衆史観(民衆運動家たちの歴史観)。その歪みは、反日思想という宗教じみた考え方から始まり、そして帰結しています。「日本を破壊したい」。それが、韓国の民族主義の全てです。

ある意味では、本書は、「韓国人による恥韓論」の頃に書いた「韓国が日本を武力攻撃しない唯一の理由は、力が足りないからだ」という文章の続きとも言える内容です。

朝鮮半島特有の民族主義、いや「民族主義と呼ばれている何か」。

それがどこから生まれ、どうなっていて、どこへ向かうのか。それはまさに、国境を超えて日本に向かう「疫病」以外の何物でもない。

そういう私の気持ちを、率直に書きました。

自信を持って、ご一読を勧めたいと思います。

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。

Kindle版はこちらです。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります。アフィではございません※

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

“<固定表示です>新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること」のご紹介” への106件の返信

  1. >「日本を破壊したい」。それが、韓国の民族主義の全てです

    そのくせ
    その日本が無ければ生きる事も
    国を存続させる事も出来ない
    無能国家

    (・∀・)ホントなにからなにまで矛盾で出来た国です
    韓国って国は

    日本にとっては迷惑以外の何者でも
    無いですね

  2. 南北統一は当面無いと思ってます
    北から見ると南の経済繁栄は薄っぺらで先行き不安
    なので経済制裁を逃れる手段を模索中

    南北統一しても政治体制の統一は無いでしょうし軍部も別でしょう
    韓国経済が倒れるか北朝鮮が制裁で悲鳴をあげ中国に頼るのが先かわかりませんが
    北でナマズの養殖場視察?食べたこと無いな

  3. 以前にも書きましたが、総連と民団すら一緒になれないのに南と北が統一することが出来るのか疑問ですね。
    もし統一が成ったとして、第1に日本に対してやりたいことは、金を出せということしか考えていないのではないでしょうか。

      1. 有田ヨシフTwitterから
        板橋区大山で民団、朝鮮総連の幹部たちと懇談。日本籍→朝鮮籍→韓国籍で、いまも総連の幹部。高校時代は熱心な総連の活動家で、いまは民団幹部。民団幹部にして同時に総連支持団体の幹部などなど。民族は同じ。みなさんとてもバイタリティーがあり、脱帽。いや日本人として頑張らねばと内心で思う。
        2012年2月11日

        こんな活動家連中ですよ

  4. まず最初に、統一朝鮮は難しいように思う、完全な統一は北朝鮮にすらメリットがない。
    北は南朝鮮を連合国家の傀儡として、うまくあやつり西側諸国を混乱させるのに用いるだろう。

    一方で、南側の狙いとしては、どうしても譲れないのは北の核を手に入れて核保有国の仲間入りをし、日本を下にすること。
    だから韓国は、北朝鮮の核保有を擁護するんです。

    韓国は、韓国にも北朝鮮が崩壊すれば統一のチャンスがないわけじゃないと考えてる。
    実際にはわたしはチャンスはないと思うが。

    したがってどうなるかといえば。

    ①南と北は、理念上の統一を唱えるだろう、ただしそれは絵に書いた餅だけのもの。実際の統一はなされない。
    ②南は北朝鮮の核保有を擁護する。
    ③トランプの間だけは、北朝鮮はミサイル発射実験を控える。
    ④中国は最初から北朝鮮の味方、ただし口だけでは「北が言うことを聞かなくて困ってる」と言うだろう。
    これはヤクザ親分が、うちの若いのは元気が良くてねぇ。って言うのと同じ。

    韓国は中国とロシアを利用し、北の延命を図り、トランプが任期満了するのを目指すだろう。

    ただたとえば北朝鮮がミサイルを日本に向けて撃ち込んだりすれば、この均衡は崩壊する。
    したがって、北朝鮮は挑発を繰り返しながら、トランプの任期終了まで粘り、おわったら約束を反故にするだろう。
    これがわたしの予想。

  5. >「日本を破壊したい」

    コミンテルンの末裔のような感じがします。
    だから、日本の野党と気が合うのですね。

    朝鮮半島こそ、なくなれば良いのに。

  6. 新書おめでとうございます。
    シンシアリーさんが韓国で過ごしてきた間の
    日本に対する韓国民の方達の心の奥底に眠る気持ちや風にように肌で感じる僅かな人々の気持ちの変化とか、私達では分かり得ない部分も多い。
    だからシンシアリーさんの本を読んで知ることが必要と思います。そういう予測もあるならと
    事前に対処するすべを考える事もできますし。
    楽しみにしています。
    ポチッとなしてきます(*^_^*)

  7. 分断された国家の民族主義。
    他民族国家の民族主義。
    単一民族国家の民族主義。

    それらは全く別物なんですけど同じ単語で
    一括りにされてしまうから混乱してしまう。

    とはいえ東西ドイツの民族主義と朝鮮民族主義を
    一緒に並べちゃっていいものなのかどうか。
    民族主義は民族ごとに違って当然なのでしょう。

  8. 日本を攻撃したいという韓国の願望を認めるとして、それならその願望はいつから?という疑問がわいてきます、1910年の韓国併合からなのかもっと前からなのか何ですがそれが事実なら日本が韓国を併合するのも武力で押さえつけておくのも理にかなってるということになりますよね、中国の軍事力の増加が日本の軍事力の増加に直結してるように韓国の態度は日本の態度に直結してます、韓国はそれを理解して反日をしてるんでしょうかね、軍事の部分で甘えなんて許されませんよ。

    1. >軍事の部分で甘えなんて許されませんよ。

      甘えているという認識もなく甘えているのが朝鮮の問題。
      幼児と同じ。願望だけあってリスクの存在を理解しない。自立していないから無責任だという認識もなく自他に対し無責任。
      突き詰めると、これこそが朝鮮の最大の問題。

      日本が韓国の民族主義を大目に見ていたのは、「歪んだ反日」であれそれが「社会」(共存するウリの集団)を形作るのであれば同胞に対する責任が生じて自立するだろうという期待があったからじゃないのかと思います。そうなれば「歪んだ反日」という甘えは許されないはずだと。
      (日本を含め先進国は、戦争を通じてナショナリズムを醸成し「社会」を形作っていった。その後、過度のナショナリズムはお役ご免になった。)

      ここまでダメだとはねぇ。後世の歴史家は悩むと思いますよ。

  9. 韓国の憲法では平和統一によると規定している。したがって武力統一はできない。
    北は金王朝による統治以外の政治体制は認めないだろう。したがって平和統一は南が北に吸収される形でしか行われないということになる。今の韓国人は今の豊かな暮らしを捨てられないだろう。韓国人が現実主義者なら、統一はないだろう。ただし、日本と先鋭に対立するようになれば、その時の勢いで一気に統一に流れるだろう。しかしそうなったら、hell朝鮮は文字通りのhell朝鮮になる。
    用済みになった文在寅ら南の左派は、後顧の憂いを断つために粛清対象になり、南の右派はアメリカのスパイ・日本のスパイとして公開処刑される。もちろんいずれも三族滅が適用され、家族もろともである。南の住人は成分として敵対階層に分類され、金王朝に奉仕する労働力としてこき使われることになる。ただし見目好い天然美人は喜び組に選抜され、成分上昇する機会が与えられる。

  10. 「ムクゲノ花ガ咲キマシタ」ですね。
    とにかく日本を核ミサイル攻撃したい!という韓国人の宿願があって。あまり一般の日本人には知られていない事なので、確かに帯のキャッチフレーズは刺激的かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。