朝鮮神宮

併合時代、いまの南山公園にあった「朝鮮神宮」。この前、「国恥の道」の記事でこの朝鮮神宮の話を読んでから、少しずつ韓国側の資料を探してみました。

共通しているのは、「敗戦後、日本人が自ら撤去、焼却した」「数々の神物は日本に送られた」としている点です。

<・・南山の朝鮮神宮は1945年、太平洋戦争が終わった直後、壊された。特異な点は、日本人自ら神社を解体、焼却したという点である。彼らは混乱の中でも、自分たちの神聖な神を「自ら天に返す」という原則を忘れずに執行した。8月16日から始まった朝鮮神宮の解体作業は約2ヵ月の作業を経て、10月6日、すべて終わった。日本は神宮内の各種神物などは日本に送り、残りの施設は焼却した。

当時南山の朝鮮神宮ではなく、地方の神社だった所も全て朝鮮人たちによって撤去された・・>

https://news.v.daum.net/v/20180718141945605

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

本当に日本人が自ら焼却して中にあった神物も日本に送られたなら、不幸中の幸いですが・・・

「日本人が撤去した」「日本に送った」というのは韓国側のウィキソースのようで、他には資料がありませんでした。ただ、ウィキにも出典などは明記されていませんでした。

いくつかの書籍にも同じ記述がありますが、それらもこれといった「記録」に基づいたものではありません。あんなに大きな神社を解体、焼却したなら、写真1枚ぐらい、残っていてもおかしくないと思いますが。

 

一つだけ・・南山公園のある自治体のホームページには、「南山公園には神社があったが、市民たちが破壊した。いまは安重根記念館がある」となっています。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

(9月2日に)書店めぐりをしてきました。天気が思わしくなかったのでいつもより早めに帰ってきました。著述家として至福の時間でした。ありがとうございます!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

111+

“朝鮮神宮” への36件の返信

  1. 日本人が撤去して神々を日本に送ったというのは真っ赤なウソで
    韓国人が破壊したのであれば、韓国という国は朝鮮神宮の神々に
    未来永劫呪われるでしょうね。

  2. 幾人かの方が資料を提示してくださって、自治体のホームページがデマでWikiが真実ということがわかりました。解体などの余裕があるとは思わなくて自治体のホームページが真実かな?と思ったので意外でした。
    神社はかなり大切なもので最優先事項として関係者が動いたんですかね。頭が下がります。

  3. >>「日本人が撤去した」「日本に送った」というのは韓国側のウィキソースのようで、他には資料がありませんでした。

    どこで聞いた話だと思いましたが、慰安婦関連でも同じ話がありました。いわく「強制連行の証拠が出ないのは日帝が資料を焼いたから」・「1990年代まで韓国で慰安婦問題について騒がれなかったのは日帝が慰安婦を焼いたから」などです。
    ほかにも上古史関連でいえば「戦前、檀君(朝鮮の伝説上の王)の資料が1万点以上あったが日帝がすべて燃やしてしまった」などです。
    どちらの話にも言えることですが、いくら燃やし尽くしたからといって20万人あるいは1万点もの資料が存在したのなら痕跡くらい残るはずです。あるいはそれだけの膨大な資料があれば口伝として残り後世で再生することもできたでしょう。
    そんなもの元々なかったと考えた方が正しい。

  4. 京城や釜山以外にはいわゆる日本人は一%もいるかどうかって地方がほとんどだったらしいですから
    「竹林はるか遠く」の作者さんは、今現在では北朝鮮とロシアに近い所に住んでいて、ソ連が来るというので紆余曲折あったそうで、
    七誌さんが紹介されたサイトを見ましたが、朝鮮系が火をつけたといっても、まあソ連の工作があっても不思議はないかな~・・・想像ですけどね。

    1. ソ連が、最初に神社を焼くという工作に出るとは思えません。ソ連らしくないからです。
      他人の神をまず焼くのは、朝鮮人なんですよ。

      靖国にいたずらしにくるのも、仏像を盗むのも、みんな朝鮮人の仕業なんです。どうしてそうなるかといえば、それは日本人の心を傷つける行為だからですね。
      朝鮮人は「他人の嫌がることを進んでします」の人々なんですよ。

      1. 七誌さんが紹介されていたサイトおもしろそうですね、御礼申し上げます
        あの頃の共産党軍って基本的に第三インターナショナル関係ですから、あまり区別がつかないというか
        「竹林はるか遠く」では共産党軍としか書かれてないというか、朝鮮ではありますが平壌ですから共産党関連でも不思議はないって想像ですよ。

コメントは受け付けていません。