夕食はチキンライス

意見が分かれそうな内容ではありますが、もともとそういうのを気にしない(分かれたら分かれたでかまわない)本ブログでもありますので・・

元ソースは日本の朝日新聞だそうですが、麻生副総理が安倍総理を応援するための場で、「G7の国の中で、我々は唯一の有色人種」、「今日までその地位を確実にして、世界からの関心が日本に集まっている」と話したとのことです。発言の趣旨に対して麻生副総理は「G7創立メンバーはアジアで日本だけ」とも話したそうです。

この件で、聯合ニュースが「マクマル(低俗で考えの無い言葉)製造機、麻生」「麻生は日本政治の水準を見せる人」と記事を載せました。

https://news.v.daum.net/v/20180912093217815?d=y

この件を、ちょっと考えてみました。結論から言うと、私は「事実を言ったまで」と思っています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

もし麻生副総理が、G7代表が集まったところで同じことを話したなら、それは失礼だったかもしれません。なぜなら、今のG7は、そういう趣旨の議論が公開的に行われることを避けたがっているからです。

例えば、米国の誰かが「それはそうだ」と認めると、間違いなくまた他の誰かが「あんたは人種差別主義者だ」と騒ぐでしょうから。

でも、この発言は党内の同じ「会」の集まりだったそうですし、別にいいじゃないでしょうか。それに、「適切または必要な内容だったのか」というと評価が分かれるかもしれませんが、発言の内容そのものは事実です。

米国は白人の国なのか?というと、意見が分かれるでしょう。そうだと言う人もいるし、いまはもう違うと言う人もいるでしょう。フランスもドイツもそうなのでは。

「人を楽にしてくれる国・日本」にも同じ趣旨を書きましたが、私は「日本という社会に、後から入った存在(日本を築き上げた功績は私には無い)」という面をかなり気にしています。だからかもしれませんが、私は「日本は日本人の国」という意見に一切異論がありません。日本人は有色人種だから、日本は「有色人種である日本人の国」です。昔も今も。

考えてみれば、G7で、今の国力を評価するにおいて人の肌の「色」から自由になれる唯一の国は日本だけではないでしょうか。

 

聯合ニュースの記事で気になるのは、「差別的で、傲慢な発言だ」と書いている部分です。

麻生氏の発言には、「日本人も有色人種だ」という内容が含まれています。それがなぜ差別になるのでしょうか。

聯合ニュースの記事は、それを「誰への差別」だと認識し、誰を擁護したがっているのでしょうか。ひょっとすると、その対象は韓国ではないでしょうか。「日本の政治家が、日本が韓国より優れていると言うな」と怒りたいだけではないでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

148+

“夕食はチキンライス” への180件の返信

  1. 内輪の会といっても油断大敵ですね。
    スパイをもぐりこませているとか、機会があれば足を引っ張ってやろうという人間はどこにでもいますから。
    これも安倍長期政権の奢りとか言われるんでしょうねえ。
    ポリティカルコレクトとやらにも近頃ウンザリしています。

    1. 失礼しました。ポリティカルコレクトネスのネスが飛んでしまいました。

  2. 白人の奢りや見下し、あるいは罪悪感から来る人種発言への忌避に日本人が付き合う必要はないのだけれど、ご近所さんにはある程度あわせる必要があるのが辛いところ。
    日本人は有色人種であることをなんら恥じてはいないし、他の人種をそれ故に差別することは無い。日本人に嫌われるにはそれなりの理由が。

    今回は内輪の話なのだから何も問題はないはずなのに、わざわざ取り上げるのが反日新聞。

  3. ノブレス・オブリージュと言う概念が分からないひとには、この発言の真意は分からないと思う。

  4. なんか勘違いしている人がいるけど・・・。
    この発言が問題なのは、シンさんも指摘している通り、暗に他のG7構成国が有色人種の国ではない。つまり白人の国だと言っているところだよ。今の欧米の価値観に於いて、アメリカやフランスなどを白人の国だと表現するのはネオナチや白人至上主義者に分類される。麻生さんは、「日本は非欧米諸国における唯一のG7構成国」と言っていれば、なんら問題はなかった。
    それとシンさんは「この発言は事実を言ったまで」としていますが、事実かどうかとそれが問題かどうかは関係ないと、わたしは思います。例えば、党の会合内だったとしても安倍首相が「アフリカ人は肌が黒い」なんて発言したらどうなると思います?さすがの自分も安倍さんを支持するのやめますよ。

    1. 別にアメリカやフランスが非白人主導の多人種国家だから
      大国になれたというわけでもないかと。
      先進国としての土台を作ったのが白人層であることは
      疑いようのない歴史だと思われます。

    2. 20世紀初頭の世界地図を見たら日本以外は有色人種の「国」自体が珍しかった。国の伝統と歴史に於いて有色人種の国で独立国は日本だけ。そこから一時占領はされたが独立を保ち、今G7の一員なのは勿論日本だけ。
      多分インド人でもアセアン各国の人でもアフリカや南米の人でも「確かにそうだ」と言うだろう。
      これにケチをつけるのは不思議と白人国。韓国人は白人国の気分で白人国内では許されないから日本にそれを当てはめて日本sage麻生sageに言葉弄りしているだけ。

  5. まあ、日本人の「大半」は黄色人種だし、日本はG7構成国というのも正しい。

    但し、麻生大臣が、わざわざそんなことを言う必要性は、全くなかったとも思います。

    私個人としては、陸上競技のケンブリッジ飛鳥選手(れっきとした日本人)や、元 琴欧州関(今は親方)などを全力応援していますし、日本を背負って頑張ってくれている方々の足を引っ張りかねないことは、極力避けたいですね。

    1. >日本を背負って頑張ってくれている方々の足を引っ張りかねないことは、極力避けたいですね。

      日本を背負って頑張ってくれている麻生大臣の足を引っ張りかねないことは、極力避けたいですね。あなたのしていることはそれです。

      1. 麻生太郎氏は、日本の副総理であり財務大臣でもあるのですから、政治家としての品格を保たなければいけないと思います。

        口は災いの元だと思います。

        1. 日本人がG7唯一の黄色人種の国、と言ったら、品格が落ちるのですか?

          それをマスゴミが「品格が落ちる!」と大騒ぎ。のせられてるのはあんたら馬鹿のほうでしょうに?

          1. 女は非論理的なことを書いて、わたしが感じたままと言い捨てて逃げるんだよね、これだから女はしょうもない。

          2. 七誌さん

            結局言い捨てて逃げるんだなw
            さくらさんはエントリーに対するコメントで
            あんたのは個人攻撃じゃねえかよ

          3. >これだから女はしょうもない。

            ヘイトスピーチの実例ですね。

          4. 日本人はことさら経済力を誇示することを嫌います。
            品性に欠けると考えるからだと思います。
            日本の金持ちって、え、あの人が? みたいな人が多いでしょう。
            そういうことだと思いますよ。
            私は麻生大臣の発言に問題があるとは思いませんが、品がないと感じる人がいるのは理解できますよ。

        2. 公職に有る人物は誤解の真似きかねない言動は慎むべきだという意見に賛成です。

          後で、真意はこうだったと弁解するのはいただけません。

      2. 意味が違うでしょ。

        大臣は日本を人種で区分けして発言をしたが、

        他の色の日本国民も居る。日本を背負って頑張っていくれる人とはこの人たちのことですう。

        その人たちの心を傷つける(わたしは肌の色が違うから日本人だと認められないんだな、ショボーン)

        という無自覚は発言は慎もうということと捕らえましたけど。

        1. >他の色の日本国民も居る。
          >その人たちの心を傷つける(わたしは肌の色が違うから日本人だと認められないんだな、ショボーン)

          そういう考え方をする帰化人を、日本人と言っていいものかどうか。
          わたしは疑問に思いますよ。

        2. >そういう考え方をする帰化人を、日本人と言っていいものかどうか。
          >わたしは疑問に思いますよ。

          そういう考え方をする日本人を、わたしは恥ずかしく思いますよ。

    2. あと、ドナルド・キーン氏のことも書いておくべきでした。彼は白人の元米国人であり、元ハーバード大学教授です。

      彼がいたからこそ、戦後、日本文学に対する世界の評価が高まりました。ノーベル賞選考委員会からの照会に対し適切なアドバイスを与え、そのことが、川端康成のノーベル文学賞受賞につながりました。

      この方は、東日本大震災後の混乱期に外国人が続々と日本から逃げ出していた、まさにそのときに、日本永住を決め、日本に帰化したのです。漢字の日本名もあり、「きいぬ どなるど」と読みます。彼も、れっきとした日本人です。

      このような方が惚れ込んでくれた日本。黄色人種の国、というようなステレオタイプな言葉では、日本を表現できないように思います。

      1. ドナルドキーン氏はその「有色人種の国」に帰化してくれた稀有な白人だよ。帰化した人が何人か居たから日本が有色人種の国では無いなどと言うのは詭弁。
        間違ったスローガンとして「有色人種こそ至高」とか言い出したわけではない。

        1. 名無しさん様、おっしゃる通りです。

          私も最初に述べたように、日本人の大半は黄色人種、というのが事実です。で、それは、卑下することでもないし、自慢することでもない、単なる属性に過ぎません。

          ここで麻生大臣は、悪意もなく、無邪気に「黄色人種」という単語を出して、マスゴミやネット左翼からたたかれています。「人種」という単語には、様々なイメージが付与されてきたので、裏の読み方をされ易いのです。無自覚に利敵行為をしちゃったのかな〜。この状況を見て、私が考えることは、下記のとおりです。

          どうせなら、麻生大臣は、本来の毒舌能力を十分に発揮し、確信犯的に、こう言ってほしい。「最近、南朝鮮の学生の多くが日本に就職したがっている。南朝鮮の財界も熱心に後押ししているようだが、反日運動や日本へのヘイトスピーチに夢中だった連中が、果たして日本で役にたつのか???注視する必要がある。」と。

          これは「真正性のある」事実だし、南朝鮮人労働者の増加は、日本国民の日常生活に悪影響を及ぼしかねない、庶民に身近な問題です。そしてマスゴミとネット左翼発の炎上が生じることも、間違いありません。しかしこういうことなら、マスゴミがいかに麻生大臣を攻撃しようとも、私は仲間を総動員してでも、麻生大臣を全力応援します。

          1. 麻生さん、一言多い場合もあるけど、国民が言いたいことをしっかりと言っている事も評価したいです。
            ある一面、トランプ氏と通じます。あれは米国人のホンネ駄々漏れの部分もあるわけで・・・
            ついでにマスコミから言葉の切れ端で攻撃されるのも似てますね。

            (´ーдー)同じにしてくれるな、とか言われそうだけど

  6. 人を人種や肌の色で表現することは。差別思想のよりどころになるので使わないほうがいいでしょう。そういう思想の持ち主だと誤解される恐れもあります。

    —–
    参考
    —–
    ヘイトスピーチ(憎悪表現)
    ヘイトスピーチとは、人種、出身国、民族、宗教、性的指向、性別、容姿、健康など自分から主体的に変えることが困難な事柄に基づいて、属する個人または集団に対して攻撃、脅迫、侮辱する発言や言動のこととされる。 ウィキペディア

    1. 人には人種や肌の色があって、それで区別されることは事実。
      それは差別じゃない。

      ヘイトスピーチという考え方自体が差別であり悪なんですよ。

      1. 七誌さんのいう断交論は、韓国(朝鮮)人はこうだからとひと括りにして決めつけるのが根本的な考えでしょ。それを人は差別といいます。

        韓国人だから断交だ!

        >ヘイトスピーチという考え方自体が差別であり悪なんですよ。

        ↑自己矛盾というか自己否定というか、結局七誌さんの断交論は悪ということになりますね。あなたはそう言っています。

        1. わたしは断交論が悪でないなどとは主張していません、将来の日本を保つのに、必要なだけです。

          わたしが韓国(朝鮮)人はこうだからとひと括りにして決めつけるのも、もちろん事実ですが、一方で朝鮮人がひとくくりにできる人々であるのも事実です。

          1. であるなら、一括りにできる(在日)韓国人のブログで「断交だぁ!」(人的交流、移住、帰化、旅行、就職などを含む)と言ってないで、
            自分でブログなど立ち上げて、持論を存分に展開しなさいなw
            そいで、「在日は国へ帰れ!」と言っていればヨロシ。

            お互いが不幸でしょw

          2. それでは、七誌さんは差別主義者だというレッテルを貼られますよ。邪悪な朝鮮人とは断交という主張はそう捕らえかねません。

            そしてその考え方は、それはシンシアリーさんにも適用されるということになります。
            例外はありません。
            人種、肌の色、性別などで人をひと括りにして決めつけるのは危険な考えになりますね。

            人個人個人をみて判断すべきだと思います。
            人一人ひとりにタグを付けることができる時代なんですよ。

            米国で日系人を収容したのは間違いだと米国議会で決議されたと聞いています。
            上の考えは今の時代のそぐわない時代遅れの考えです。

          3. まあ、在特会にせよ、韓国との断交を訴える人々は、みんな「差別主義者」のレッテルを貼られるよね。

            人個人個人をみて判断すべきだと思います。なんてできないんですよ。韓国人は「乙の立場では」その牙を隠すので。

          4. できるできないは水掛け論なのでどうでもいいです。
            先程の考え方は危険だと理解されたならそれでいいと思います。
            そのうえで、七誌さんがどういう立場をとるかは個人の自由だと思います。

            以上

          5. 「日本人が韓国を嫌うのは、断交を叫ぶのは悪、それはヘイトスピーチ!で犯罪」とされ、裁判所ですらそういう判決が出る。

            そうして日本は、韓国人が上位民族となり気に入らない日本人に、「韓国を嫌う人種差別犯罪者」のレッテルを貼って、思うが儘に日本人を罰し、それに反対する日本人を次々と会社を辞めさせ、政治家を辞職させ、韓国人が上の国になりましたとさ、めでたしめでたし。

            そういう未来が見えますね、わたしにはね。
            そうなってから、断交を叫ぶ勇気があなたにはありますか?

            あなたは今日私の言ったことを、必ず覚えておいてくださいね?

          6. >個人個人を見て、なんてできない。牙を隠すので。
            牙をむき出さないうちは「価値観を共有する者」として扱う、しかありません。

            その「お約束」を守り続けないと「現代の自由民主社会」は成り立ちません。
            「生暖かい民主社会の快適さ」を守るためには「生暖かさ」を全力で維持するべきだ、沸騰させても凍らせてもいけない、それが今のところ、社会のお約束なんです。

          7. かれらは「お約束」なんてまもらない。

            マスゴミを占領し、教育を占領し、2chを占領し、帰化して日本人になりすまし、日本人の良心を利用して、嫌韓を排除排斥しよう、自民党を排除しようとする、「奴は差別主義者だ」とレッテルを貼ってね。

            こういう人に与する、「良心的日本人」こそが、かれらのカモであり日本人の敵なんですよ。
            朝鮮人は、かならず日本人の良心を利用して侵略を行うのです、ここでもそうだけどね。

          8. >七誌
            >2018年9月13日 12:43
            への返信

            ならば、このブログでシンシアリーさんに向かって、わたしは断交論者だ。シンシアリーさんは日本に定住するな、日本国籍をとるな、日本で商売をするな。
            と毎日コメントしてください。毎日コメントでシンシアリーさんを非難し続けてください。
            それができれば七誌さんを差別主義に基づく断交論者と認識します。
            できなければその場しのぎの大嘘つきです。

            シンシアリーさんは例外だという言い訳はできませんよ。
            HNシンシアリーさんは牙を隠しているという見解のようですね。

            >人個人個人をみて判断すべきだと思います。なんてできないんですよ。韓国人は「乙の立場では」その牙を隠すので。

            シンシアリーさんはそういう人ですか。違うでしょう。
            これで、いかに差別主義が、ヘイトスピーチ(憎悪表現)が醜いものか理解できるでしょう。

          9. わたしはシンシアリーさんが、日本移住の話をしたとき明確に反対しましたよ、何度もね?
            そしていまでも、反対していることはそういったスレでは明言しています。

            一方で、それでスレを埋め尽くせってあなたの話は、誰かさんのやってるイヤガラセですな。

      2. >ヘイトスピーチという考え方自体が差別であり悪なんですよ。

        被差別者が「それは差別だ」と発言者の口を封じ込める手段にされるのがヘイトスピーチ法案の欠点でしょ。

        何がヘイトスピーチなのか定義が曖昧だから付け込まれる。
        七誌さんのいうことは、そういうことじゃないですか?。

        1. そういうことですね。敵対者(日本人が)事実を言えなくするための口封じに使われる。

      3. 普通は、「人種差別」であって「区別」じゃない。

        >人には人種や肌の色があって、それで区別されることは事実。
        それは差別じゃない。

        人種や肌の色で「区別」される事例を知らないのだが。

        つまり
        「人種区別」という語句を聞いたことがないw
        (「人種差別」は悪いこととしてよく目にするけどね)

      4. >人個人個人をみて判断すべきだと思います。なんてできないんですよ。韓国人は「乙の立場では」その牙を隠すので。

        これはシンシアリーさんにとても失礼な発言だと思います。

        シンシアリーさんも牙を隠しているという認識なら、その牙をむき出す前に、一刻も早くこのブログを閉鎖に追い込む工作をするのが、真の差別主義者でしょ。(そうしろという意味じゃありません)

        でも七誌さんはこのブログがある意味生きがいになっているようにみえます。
        韓国をしらなかった日本人が韓国の正体を知ることができました。
        シンシアリーさんも韓国で実現できなかった作家という職業を日本で実現できました。
        ウインウインの関係じゃないですか。
        なぜ現実を見ないで、物事を判断するのでしょうか。
        何度も言いますが上の引用は危険な考えです。

        1. >七誌
          >2018年9月13日 13:27

          への返信です。

          言いたいことは言ったので、これが本当の終わり。

        2. 楽しんでないとは言わないが、わたしの生きがいは他にありますよ。明言している通り、韓国との断交が成れば、わたしはここを去るだけ、これはわたしの趣味の一つに過ぎない。

        3. あと、ご質問の件、シンシアリーさんが、韓国人は牙を隠して日本に帰化するという発言について怒るとは到底思えない。

          シンシアリーさんは、それをまさに知ってると思うからね。
          だから韓国人が日本で就職することに反対してる。

          わたしは寧ろ同意されるだろうという確信があるが、これは買いかぶり過ぎかな?

  7. 黄色人種だし、G7も 事実だけどね。
    何か? 問題でもある?

  8. 同じことが別のサイトにも出ている。https://news.v.daum.net/v/20180912093217815?d=y
    「アジアで、韓国は白色人種に相当し、中国と日本は黄色人種に相当し、東南アジアは黒人種に該当するというのが事実だ!」
    昔は中華序列の筆頭子分、中国が没落すると我こそ正統儒教継承の小中華、今や脱アジアの優等民族。
    全ては数千年属国への劣等感の裏返しの選民思想。
    イスラエルと同様に嫌われるが、ユダヤ人程優秀ではない。

  9. 別に普通に普通のことでしょう?

    日本人は、黄色い猿!

    韓国の皆さんは、よく、ご存知でしょう?

    今日、駅のホームにベンチに腰掛けて、少し休んでいたら、

    隣に座っていた、妙齢な超美人におねいさんが

    ペットボトルを投げて、私の目の前に飛んできました。

    追いかけて 落し物ですよ!とやったろか、と思いましたがやめました。所謂、韓国語をそのおねいさんが発していたからです。
    黄色い猿の私は、ペットボトルを拾い、ホームのゴミ箱に捨てました。

    いいですね!国中のどこにゴミを捨ててもいい社会!さすが、先進国!日本も見習わなければ、と思いました。

  10. ⁇⁇「韓国人様より優れたチョッパリなど存在しねえニダ!」

    (笑)

コメントは受け付けていません。