開城商人の5戒命

韓国のネットには、「開城商人の5戒命(개성상인 5계명)」というものがあります。開城(ケソン)商人とは、高麗~朝鮮時代に交易で活躍した商人たちだと言われています。

いつから出回ったものかはわかりませんが、ネットでは「開城商人の精神こそがユダヤ人、中国人、日本人のビジネス精神の母体であり、原点である」となっていますが・・いつものこと、根拠はよくわかりません。

ただ、商人たちの規則なのか、それとも誰か1人が言い残した内容が「開城商人全員の規則」のように訛伝されたのかは不確かですが、そういう5戒命があるのは事実のようです。どんなものなのか、今日はそれを紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・人の金で(人の金を借りて)商売をするな

・一つの業種を貫け

・命の危機があろうと信用だけは守れ

・腕のない子に仕事を継がせるな

・豊かな国を作ることに協力せよ

 

読んでみて、「韓国(朝鮮)社会を徹底的に批判しているのではないか、これ」と思いました。ひょっとして、開城商人にネ◯ウヨでもいたのでしょうか(笑

 

・とりあえず借金して創業することが、今の韓国の自営業危機の大きな要因であるのは、有名な話です。

・日本に比べて、韓国は短期就業が多いことでも有名です。

ちょっと古い記事ですが、勤続期間1年未満の「超短期勤続者」が経済活動人口で占める割合は37.1%です(日本7.3%、米国19%)。

https://news.v.daum.net/v/20120927204709732

 

・信用・・といいますと・・そうですね。何を書けばいいのやら。

・韓国は、世襲が多いことも有名です。随分前ですが、韓国ではかなり大手となるDという大企業の息子たちが、会社の経営権を(息子に世襲せず)別の経営者に継がせるという父の遺言に猛反発、父の遺体が入った棺の上に居座ってしばらく葬式もできなかった、というニュースもありました。

・「集団利己主義」といって、自分は属している集団だけに忠誠を誓う人が多く、いわゆる「党派争い」が多いことでまた有名です。

 

なにより不思議なのは、「昔、こんな指摘があった。ちゃんと受け継ごう」ではなく、「昔、こんな指摘があった。ユダヤ中国人日本人のビジネス精神の母体だ」と主張できることです。

それが「自慢」になれると思っていたのでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

119+

“開城商人の5戒命” への69件の返信

  1. 投資と借入を勘違いしている人がいてびっくりした

    もしかして開城商人の五戒命って「商道」(崔仁浩)っていう本に書いてあるのでは?
    読んだことないからはっきりしたことは言えないけど

    1. >くさん
      >投資と借入を勘違いしている人がいてびっくりした

      投資の話しだけをしているんじゃありません。
      融資も金利を払う事も全部商いの世界です。
      そして金貸しも金融商品を扱う商品です。

      商売に人の金を借りるな。をいったのは、トヨタ。トヨタは銀行嫌いで有名。
      トヨタが1950年にトヨタがドッジ・ライン不況で倒産寸前になった際、住友銀行は緊急融資の要請を断り、それで心労がたたって創業者の豊田喜一郎氏は1952年3月に急逝した。
      それ以降、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行がだいっきらいになって、取引が再開するのに紆余曲折があった。

      だから、製造業でなら、人の金で商売するなとか、一つの業種を貫け、腕のない子を跡取りにしない。ならば少しはわかるんですよ。

      商人で自己資金でだけで商いをしろだなんて、大商いなんかできませんよ。

      商道(崔仁浩の韓国の小説)
      >19世紀の朝鮮王朝時代。清国国境近くの義州で貧しい境遇に生まれ、若くして父を失い、莫大な借金を背負った林尚沃(イム・サンオク)は天下第一之商となることを誓う。高麗人参貿易のため、燕京(北京)に出向き、北京商人の不買同盟を巧みに壊して莫大な財貨を稼いだが、妓楼に売られた美少女を救うために、その金を投じてしまう。

      別に思想家でもなんでもありませんけど。

  2. ・人の金で(人の金を借りて)商売をするな→有利子負債10兆円越え
    ・一つの業種を貫け→M&Aで投資先は色んな業種
    ・命の危機があろうと信用だけは守れ→あの会社宣伝だけ頑張る
    ・腕のない子に仕事を継がせるな→後継者を馘首、今不在
    ・豊かな国を作ることに協力せよ→民○党を動かして電力高価買入に

    言わずとしれたあの会社です

  3. どこかの何かが間違って伝わったとしか思えない、商売人の考え方としてどうなの?な話ですね。

    お金を借りて事業をはじめるのは普通だし、1つに拘らず常にアンテナをはって新規企画をして経営していくのが当たり前。
    商売で命はらないと守れない信用って用心棒とか?
    腕のない子って商売に関係ないと思うのですが何かの隠語なんでしょうか。豊かな国についてはもう意味不明。

    裏稼業ビジネスの話なのかな?起源主張の歴史がまた1ページ。

  4. 引き継げなかった。
    5戒より大事な物は、上下関係・・・てか。

  5. 開城商人の5戒命

    しかしどう考えても開城商人って、商人じゃないですよね?
    製造業でしょ?製造業でも突っ込みどころは多いけど、
    それが商人の道徳の基本だと勘違いしているのであれば、
    北朝鮮には商人も商業もなかったんでしょ?

    日本も西洋も昔から「(人の金を借りて)商売をするな」なんて商人はいませんよ。
    ヨーロッパは大航海時代に、株で大人数から資金を借りて、巨大な船を買って人を雇い、航海が成功した際には儲けの配分を行う。沈没した時の損害保険を作り、国際金融市場で資金を集め管理しやすい環境を整えた。
    西ヨーロッパの投資術は富が富を産む装置として秀逸で、投資、株、保険といった金融で、西洋は大きく発展を遂げたのです。

    北朝鮮も韓国も、世界史から勉強し直したほうがいいと思う。
    商人道徳の基本が最初の一行から間違っていて
    もうね、あほか、ばかか、まぬけかと。

    1. 私も製造業だと思います。
      ただし、依頼を受けて一品一品作る前近代の職人ではなくて、作ったものを不特定に売る近代の製造業。(職人なら借金はしないし、一つの業しかできない。)

      「(人の金を借りて)商売をするな」は無借金経営で、「一つの業種を貫け」は多角経営の禁止。
      是非はともかく、そういう会社はありますよね。

      戦前の日本の教育を受けた韓国の財閥創始者が言いそうなんですよね。
      原文は全然違う開城商人の話があって、それを財閥創始者が都合良く解釈して「開城商人の5戒命」として広めたのじゃないかなあ。

  6. これが日本の昔からの有名な商道徳の名言集です。
    年代はだいたい江戸時代のものです。

    ・「先も立(たち)、我も立つ」石田梅岩(いしだ・ばいがん、1685年~1744年)と言われます。「石門心学」(せきもんしんがく)といわれる思想を説いた人物
    「真の商人とは、相手と自分の双方が納得できるような商売をするものだ」という意味
    ・「二重の利を取り、甘き毒を喰ひ(くい)、自死するやうなこと多かるべし」
    「暴利をむさぼり目先の利益に飛びつくあまり、自滅することも多い」という意味

    「三方良し」近江商人(江戸時代にすでに複式簿記の帳簿、大福帳をつけていた先進性の高いビジネスマン達)
    『売り手によし、買い手によし、世間によし』つまり“売る人は採算が合い”、“買う人は満足し”、“社会が豊かになる”という3つのことが正三角形になるようなバランスで利益が配合されている状態のことで、
    伊藤忠商事の創業者が、近江商人の商道徳の経営理念にされたそうです。

    これも近江商人の名言
    真剣ならば、「知恵」がでる。中途半端ならば、「愚痴」がでる。いい加減だと、「言い訳」がでる。

    二宮金次郎の名言
    全ての商売は、売りて喜び、書いて喜ぶようにすべし。
    売りて喜び、書いて喜ばずは道にあらず。
    貸し借りの道も、また貸して喜び、借りて喜ばずは道にあらず。

    道徳を忘れた経済は罪悪である。経済を忘れた道徳は寝言である。

    きゅうりを植えれば、きゅうりと別のものが収穫できると思うな。
    人は自分の植えたものを収穫するのである。

    貧富の違いは、憤怒を守るか失うかによる。

    どうです?北朝鮮の商人達とは全く違うでしょう?

    1. 自己レス訂正!
      二宮金次郎先生ごめんなさい!!

      ×貧富の違いは、憤怒を守るか失うかによる。

      ○貧富の違いは、分度を守るか失うかによる。
      この場合の分度とは
      自己の財力に応じて予算を立て,合理的な生活設計を行っていく という意味です

      1. 二宮金次郎の名言の訂正
        あー誤字が多くて、二宮先生重ね重ねごめんなさい!

        ×全ての商売は、売りて喜び、書いて喜ぶようにすべし。
        売りて喜び、書いて喜ばずは道にあらず。
        貸し借りの道も、また貸して喜び、借りて喜ばずは道にあらず。

        ×全ての商売は、売りて喜び、買いて喜ぶようにすべし。
        売りて喜び、買いて喜ばずは道にあらず。
        貸し借りの道も、また貸して喜び、借りて喜ばずは道にあらず。

        二宮金次郎先生より、石田梅岩先生や近江商人のほうが古いんですが、
        金融商品にも触れているので。

  7. 開城商人にネ◯ウヨなんかいませんよ。
    全く日本の商道徳とは異なるものですよ。

    ・人の金で(人の金を借りて)商売をするな
    えーと、金融ビジネス、全否定ですか?
    ユダヤ教、キリスト教も、金貸しを卑しい職業と見てますが
    日本では、金融ビジネスそのものを否定する発想はありませんが。

    ・一つの業種を貫け
    これもない。商人の言葉とは思えません。

    ・命の危機があろうと信用だけは守れ
    商人は信用第一ですが、命をかけよ。は、商人道より(武士道)かと

    ・腕のない子に仕事を継がせるな
    これもない。支えてくる手代や番頭さんがいればいいわけだし
    つか、商人じゃなくて、製造業では?

    ・豊かな国を作ることに協力せよ
    地域社会への貢献の意識はあって、実例も多いけど
    明治より昔は、国家のためという認識はなかったです。

    では、日本の昔からの有名な商道徳を次で述べます。

  8. 他の人もツッコミいれてるけど自分も捏造説に一票かな。

    ただ、もし捏造だとすれば気になるのは開城である必要性です。
    地図で見ると海に面しているわけではない。
    開城って開城工業団地の場所ですよね。

    一応、高麗の時代では開城が首都だったらしいけど
    北の土地の怪しいの伝承がなんでネットに流れるのか。
    捏造としても、なんかごくごく最近ものなんじゃないかなあ。

  9. >父の遺体が入った棺の上に居座ってしばらく葬式もできなかった

    ええぇ……。御遺体、腐っちゃいませんかね…。

    1. ええ、夏場とかデモやってる間に腐り始めて仕方なく埋葬とかあったらしいです

      1. うわぁ…… (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
        抗議のために遺体を物みたく『利用』するのはホントやめてほしいですね…。遺影で充分でしょうに。

コメントは受け付けていません。