「悔しい」の日韓比較

朝鮮日報に面白い記事があったので、紹介します。

記事は、「日本人は人の前ではあまり泣くことが無い」という話で始まります。

自然災害で妹さんを亡くしたお兄さんが、なぜ記者たちの前で泣かないのか。韓国ならジタバタしながら泣き叫んだはずなのに。

そういう話が進み、こういう内容が出てきます。

 

(ここから続きを読むの後になります)

・日本では見られない種類の涙が韓国にある。オグレソ(억울해서)出てくる涙

・韓国語「オグラダ(억울하다)」は、日本語で合致する単語がない

・日本語の「悔しい」と翻訳されるが、日本との悔しいはその対象が他人ではなく自分。私が最善を尽くしなかったのが悔やまれるという意味。一方、韓国語のオグラダは悔しい原因が外部にある。お前のせいで、あの人のせいで、などなど

・韓国では「悔しい」は自分のせいではなく、他人の過ちのせいでもたらされた状況で生じる感情である

 

ここまではかなり「私としても同意できる」内容を書いたものだな・・と思いました。

ですが、その後にこういう話になります。

 

・日本の人々は、韓国語で言う「悔しい」(オグラダ)より、諦めてしまう。人間の力では到底仕方ない自然災害があまりに多いから​今順応するのが身についている。韓国には人災が多い、日帝強占期、戦争など。明確な敵が外にある。だから悔しさと怒りが自然と外の敵に表出される

https://news.v.daum.net/v/20180914030136866

 

ここまで書いておいて、結局「韓国人はアクティブ、日本人は順応型」で終わるとは、まさに「悔しい」完成度です。いやこの場合は「残念な」のほうがいいでしょうか。

前にも書きましたが、韓国人は「日本人は順応」としています。「安倍総理が長期執権できる理由」として韓国側のマスコミが作り出した主張ですが、またもや自分たちが作った嘘に自分が溺れる格好となりました。余談ですが、一時韓国のネットでは「日本人の女と結婚できれば天国、日本人の女は夫の言うことをなんでもしてくれる」という話が広がったこともあります。

本ブログでよく使う表現を使うなら、韓国は、日本を上下関係の「下」にできれば、日本は韓国に順応すると見ています。そこから派生した考え方でもあります。

 

一つ言えるのは、「韓国に人災が多い」、「韓国人は外に明確な敵がある」というこの現状を作ったのは、他でもない韓国人そのものだという点です。

自分に「悔しいは人のせいだ」とする言い訳があるなら、他人にも「あいつのせいだ」とする言い訳があります。その結果が、人災の多い韓国の現状なのです。歴史問題だってそうです。ちゃんとした独立国で存在できたら併合されることもなかったでしょうし、南北が憎み合って殺し合わなかったら、朝鮮戦争も無かったでしょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

150+

“「悔しい」の日韓比較” への82件の返信

  1. この記事を読んで思ったんですが、
    韓国人は「自分に責任や原因を求めて自己反省する人間」のことを
    「諦めている」「順応している」という風に見ている、ということです。

    それはつまり、彼らにとって「自己反省=負け」のイメージなんだ、と。
    だから、「オグラダ」が「良い、アクティブ」と言うわけです。

    ジタバタしながら泣き叫んでこそ、「自分の負けを認めないこと」。
    それが「強さ」だと思っている。
    子供のように駄々をこねて我を張ることが「強さ」だと思っている。

    「外部の敵」に打ち勝つこと、ただそれが彼らのポジティブ。
    たとえ自然災害に見舞われようと、スポーツの試合で負けようと、
    決して、自分には「責任」も「原因」も認めない。自分の「弱さ」を認めない。

    自然災害を憎み、試合相手を妬み、自分の責任を否定し、
    ジタバタと泣き叫び「オグラダ」に沈み込む。
    それこそが彼らにとって「負けない」こと。

    この事実が指し示す帰結として導かれるもの。
    それは、永遠に大人に成長することの出来ない
    「絶対負けないマン」の醜く腐った幼児的精神世界の場景。

    韓国人というものは、本当に絶対に日本人から「学ぶ」ことが出来ない、
    ということの証明になる記事だな、と。(笑)

  2. 日本人の小椋さんが「おれもオグラダが、なんか用?」と怒ってます(嘘)。

  3. 朝鮮民族に生まれた恨を後世に伝える為に『エラ塚』『顎塚』『頬骨塚』を一民間の整形クリニック内に安置しておくべきではなく、
    除去した『エラ・顎・頬骨』を無駄にせず有効活用してウリナラ様式建築技術の粋を結集したケンチャナヨ工法を駆使して
    『オグラダ・ファミリア』を建築して朝鮮民族が大好きな世界政府・United Nationの文化教育機関・UNESCOの世界遺産に登録すべきだと思いますね。

    1. あんまり、エラ、エラって言わないで〜。

      私も顔の骨格が、やや発達気味なので、その言葉をみると傷つきます〜。

      まあ、私の顔が朝鮮人の平均顔に近い部分があるっていう事の方が、もっとイヤなんだけどね。ご先祖様達は、少なくとも奈良時代ごろには純粋なる日本人だったし、朝鮮人との婚姻はなかったはずなのに〜。

      1. 栗山千明のように「エラがあったほうが魅力的」な人もいますよ
        日本人は硬いものを食べなくなったんで、顎まわりの骨も退化してる気がします

        1. 通りすがりじゃなくなってる 様

          ありがと〜う

  4. 天災は防げないけど人災は防げ…
    韓国では無理っぽいですね。

  5. 妬ましい、恨めしい、憎たらしい…辺りですかね。日本語に無い、日本人には無い感情ではないと思われますが、余り外部にハッキリと示しはしないですね。

  6. シンシアリーさんは、「魔少年ビーティー」をご存知でしょうか?
    韓国人は日本人を下におきたがっているという話が出てくる度に、「ビーティー」の当たり屋一家のエピソードを思い出します。

  7. 「ざんねんな○きも○辞典」に韓国人を・・・
    いや、動物たちに失礼だな。

  8. 韓国で人災が多いのは誰もが好き勝手やるだけで、問題に対して何もしないからです。
    例え本人はやってるつもりでも「的確な対処」が出来ないから、何もしないのと同じになる。
    これが錯覚の一つ。
    それから朝鮮民族の認識力の限界のせいで、主観的な体感が独特なせい。
    これも錯覚をもたらす一つ。
    そして物理法則さえも我が物に出来ると錯覚させる要因。
    正直客観的な認識を一致させるのは難しい。

  9. 韓国は、日本を「下にする」ことができれば、日本は順応すると考えてる。
    これはとても重要なことなんですよ。

    日本人は天皇に順応し、アメリカに順応し、自民党に順応してきた。
    だから従順な日本人は、韓国にも順応すると韓国人は考えている。

    韓国が上に立ち、日本を殴り付ければ、日本は平伏して受け入れると考えているんです。
    だから、「ムクゲノ花が咲きました」になるわけでね。

    実際に日本人が従うのは「上」ではなく「道理」であるわけで、しかし韓国人は「日本人は強いものに従う」だから韓国が核で日本を脅せば、日本は従うと考えている。

    そういう国に核を持たせたら、どういう行動を取るか。日本に核を向けて脅迫し、それで日本が言うことを聞かなければ、なめられているからだ、韓国が弱い奴と侮辱された、韓国がまた下にされた、とイキリ立つだろう。

    その結果がどうなるかは明らかですよね、アメリカは原爆たった2発で日本を従えた、日本を従えるにはどうすればいいか、と考えるのですから。

  10. そうですね。今の日本の嫌韓は、韓国の反日にたいするリアクションなのです。「冬ソナブーム」のとき、韓国はあいも変わらず反日全開でした。もちろん韓国の反日は日本でも知られていたのですが、それほど日本人は気にしていなかったのです。ですから、ヨン様やジウ姫にキャーとなった日本の小母さんたちが大挙して韓国を訪れ、ドラマの世界に耽溺していました。
    そんな日本人が嫌韓に変わったのは、李明博大統領の竹島上陸と天皇侮辱発言でした。しかも彼は野田首相の親書の受け取りまで拒否したのです。これには日本人は心底怒りました。あの民主党政権が通貨スワップを延長しないという報復措置を取ったのですから。そして朴槿恵大統領が千年恨む発言をし、告げ口外交をやりまくったのが決定的でした。さらに河野談話の作成過程の精査をして、河野談話作成には韓国政府が加わっていたことが明らかになり、そこでの約束を韓国が守らなかったことも明らかになりました。
    朝日新聞がそれまでの朝鮮人慰安婦20万人強制連行の記事を誤りと認め、記事の撤回を明らかにしたことで日本人のモーメントは大きく変化したのですね。
    でも、長い歴史の中で形成された韓国人の行動様式は変化しないでしょうね。残念ながら日韓関係はかつての特別な関係には戻らないでしょうね。

    1. 同意します。
      いまだに日本の嫌韓、嫌中は日本の経済が上手く行っていないからだとか、GDPが中国に抜かされただとか言ってる連中を見ます。
      左派系論壇に多いようです。
      どうしても日本内の責任にしたいようですが。
      確かに韓国、中国が経済的に豊かになり発言が大きく取り上げられる様になって圧迫を感じますが、竹島上陸、陛下の侮蔑発言で一機に世論が動いたのですよね。
      中国に対しても反日姿勢がもともとあった上に、尖閣問題で日本企業の闇討ちと漁船の体当たりで加速したと思いますし。
      しかし、いまだに隣国と仲良くとか中国を妄信している経済界とか。
      何で、目が覚めないのかと不思議でなりません。

    2. >匿名さん

      >そうですね。今の日本の嫌韓は、韓国の反日にたいするリアクションなのです。

      それだけもないと思う。韓国が反日じゃなかったとしても
      「知れば知る程、嫌いになる国民性」ゆえに嫌いになった人は少なくないかと。

      弱いものにやさしくない。
      平等と公平の概念がなく、上下のみの人間関係。
      うそを恥と思わない。
      じぶんのせいであっても、他人のせいと考える。
      捏造してでも、自分の国を粉飾する。
      善悪と、道理の基準が日本と異なる。
      自分が絶対に正しいといいはって、異なる考え方を認めない。
      立場が下であっても、自分が年上というだけで、目上として敬えと強要する。

      あげたらきりがないけど、反日、親日関係なく、私は仲良くなれそうにありません

    3. 今はその孫世代よりちょっと上の女子高生が韓流()とやらにハマってるとか
      まあ女性に限らずミーハーな国民性ですから冷めるのも早いんでしょうけど
      当時のおばちゃん達と同じこと言ってますからね
      「反日がどうとか文化に関係ない!」ってね

      1. 在日が殆どでしょ。
        金塊の密輸で捕まったアルバイトの主婦ってのも殆どが在日だったもんね。

コメントは受け付けていません。