韓国の嫌らしい「話法」

韓国は、「外国で韓国が評価されている」ことに必要以上の執着を見せます。逆に、韓国は「外国で日本が評価されている」ということをものすごく嫌がります。

今日、聯合ニュースが、「日本すごいブームは間違っている!」としながら、ある日本人が書いた本を紹介しました。外国で日本が評価されているのは嘘だとする内容だそうで、「過ぎた愛国心を持つ日本人の幻想に直撃弾を飛ばす」と書いています。

https://news.v.daum.net/v/20180914144129824

本題とは違うので、著者さんや本のタイトルなどは本エントリーでは紹介しません。気になる方はURLのソース記事に表紙がありますのでそちらを御覧ください。

本題は何なのかと言うと、「日本人が書いた」の部分です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国人がよく使う「根拠」の出し方に、こういう話法があります。「有名な教授から聞いた」「信頼できる先輩から聞いた」。

何かの投資の話ですか?と言われそうですが、そうではありません。韓国では、日常会話でもこのような話を無数に耳にします。

この話法の特徴は、「それは違う」と反論された時、「お前より有名な教授がそう言ったんだぞ?」とか「私は聞いただけだから知らないよ」というふうに、「私が言いたいことを言いながらも、責任から完全に逃げる」ことができます。

 

これは日本の悪口を言うときにもよくある現象で、特に「日本人が言った」というのは、その中でも最高の「根拠」として利用されます。

これは、「韓国人が韓国の悪口を言うことは絶対に無い」という、韓国の過ぎた愛国心から出た心理が投影されているだけなのですが、韓国人はそのことに誰も気づいていません。

 

韓国人が「日本人が日本を悪く言う」においてもっとも評価している部分は、その悪く言う「内容」ではありません。韓国にとって、そんなの、どうでもいいことです。「私は言ってないよ?日本人すらそう言ってるんだよ?」と言えること、すなわち利用しやすさ。それこそが評価点となります。

 

たまに、「日本の悪いところ」や「韓国の良いところ」を書いてほしいというコメントを見かけます。

そのコメントには何の問題もありません。でも、どこかネットの隅っこでも、「親日ブロガーすら日本の悪口を言う」とか、「親日ブロガーすら認めざるを得ない韓国の良さ」とか、私の書いた文章がそのための「根拠」とされることだけは、絶対に嫌です。

それに、日本の悪いところと言われましても、これといって書く内容もありません。違和感がある部分はあるかもしれませんが、日本が私に合わせるべきことではありません。私が日本に合わせるべきことはいっぱいありますが。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

132+

86 Replies to “韓国の嫌らしい「話法」”

  1. どの題材を選び書籍化するのは、出版社と本人の自由です。
    その書籍を購入するのは、読者の自由だしねー

    好きにすればよろしい!

  2. 李舜臣や安重根の偉人論も、慰安婦問題や各種の起源説も、調べてみたら言い出しっぺは日本人だったりする。極論すれば、韓国の言説は日本の(韓国にとって都合の良い)焼き直しで、その意味で、韓国との問題はすべて、日本の国内問題だと言える(・ω・)

    1. >匿名さん
      李舜臣は違います。在日韓国人が、坂の上の雲の小説で、無名の兵士が
      出陣の前にその地方の神様に祈るシーンを、かってに(李舜臣)に祈ったといいはったのと、東郷平八郎が李舜臣を尊敬していると本人から聞いた。と、言い張っているだけで
      (その在日韓国人と東郷平八郎との接点がないので、捏造の可能性大)
      日本の国内問題だといわれても、在日韓国人の暗躍がその背景にあったりしています。

  3.  「韓国の嫌らしい話法」の一つとして、つい先日のこの記事も該当するでしょう。

    「その後、日本のソメイヨシノの起源は済州の王桜という主張が強まったが、今回の研究結果で論争自体が無意味になった。」
    https://japanese.joins.com/article/129/245129.html?servcode=400&sectcode=400

    ソメイヨシノの原産地は済州島だとバカなことを言い張ってきたのが、両者は別物、つまり済州島が原産地ではないことがはっきりしたという記事ですが、「我々が主張して来たことが間違いであることが明らかになった」とは決して認めないで、「論争自体が無意味になった」と話をそらすのです。まあ、韓国らしいですけどね。

    1. >詠人不知さん

      韓国人は「街路樹のソメイヨシノを王桜に植え替えなければ!」と、さっそくいってるようです。

      >特に今回のゲノム分析の結果、済州の王桜は済州に自生するシダレザクラを母系、ヤマザクラを父系として誕生した第1世代(F1)自然雑種と確認された。 ry
      >日本のソメイヨシノはシダレダクラを母系、オオシマザクラを父系とし、数百年前に人為的な交配を通じて作られた雑種という。済州の王桜と日本のソメイヨシノはともに雑種だが、別の種だ。

      と、韓国の王桜でも、原種の桜でないことを認めたようです。
      そして日本の桜には自然の桜(山桜)と、園芸種(里ザクラ)の2種類に大別され
      数百年もの昔から園芸種の桜作りが盛んで、江戸時代ですでに約300種類の桜が存在していて、染井吉野は、雑種ではなく(園芸種)と呼ばれるに過ぎないというのに。

      江戸彼岸桜と大島桜のDNAを持っていて、どちらも原種の桜で枝垂れじゃないし!
      学術雑誌に発表している割には、いまだに間違いがいっぱいです。

      園芸種の桜は寿命が短いものが多く、染井吉野は特に伝染病に弱いため、
      日本では2005年に苗木の配布を中止、2009年からは販売も中止し、代替桜として
      街路樹を(神代曙桜/母、染井吉野と父、アメリカ桜の自雑種、ワシントンに送った
      染井吉野にできたサクランボを育てたもので、父親桜が特定できない雑種)に
      随時移し替えていて、韓国の街路樹桜も、遅れて寿命に到達するだろうから、
      その前に、別の桜に植え替えないとまずくなったので、権威ある雑誌に発表したのだと思われます。

      大島桜は日本固有の白い山桜で、花と葉が同時にでるため、花見用には人気がない
      桜餅などの葉の食用には70%を占めますが。江戸彼岸は、中国や韓国にもある桜なので、江戸彼岸にしておけばいいのにねぇ。

      北京の玉淵潭公園では、江戸彼岸桜を栽培種(接ぎ木)して1999年に植えているそうな

      江戸彼岸桜は韓国の済州島と、台湾にも自生しているそうです。
      江戸彼岸桜の巨木がなかったんだろうなぁ

  4. >そのコメントには何の問題もありません。でも、どこかネットの隅っこでも、「親日ブロガーすら日本の悪口を言う」とか、「親日ブロガーすら認めざるを得ない韓国の良さ」とか、私の書いた文章がそのための「根拠」とされることだけは、絶対に嫌です。

    これはこれでいいと思いますが、

    私は、
    「人に書いてほしいと言われたことを書くよりも、自分が書きたいと思ったことを書く」
    という物書きの矜持から来るものだと思っていた。
    (そうじゃなかったのか!ってことでなく、今もそういうのあるでしょ?)

    もちろん、商売として、「出版社から提案されたり、読者が求めるものを書く」、というのは大事でしょうし、無視できないはず。
    今までも、阿って書いたことがない、とは言えないと思う(非難じゃありませんw)。
    「売れる」は正義だからね。

    だから、
    「アレを書いてほしい」というような、リクエストをしても無意味というか、逆にわざと避けるんだろうな、と思うのでリクエストはしないw

    こっち(私)も、「読みたいと思わない限り本は買わない」という、「読み手の矜持」があるのでw

    1. >受験生さん

      受験生さんが仰る部分は当然あると思います。
      なぜなら、そうでなければ、そもそも執筆活動を志さないわけで…w

      ニュアンスの違い程度の話ですが、たぶん、一種の「防衛策」なのだと思います。

      図らずも、「書いた文章が悪用され、自分がその一翼を担った形にされてしまうなら、あえて書かない」。なぜなら、「韓国人とはそれを必ず悪用する人達だから」

      そういうことなのでしょうね。
       

      この辺りは筆者の判断に委ねるしかない部分かもしれません。書かないことが嘘や誇張(これらは往々にして誤解ではあるけど)と取られることより、書いたことで、トリミングされた文章を利用されることのほうが重大な問題であり容認できない。それほど、韓国の悪意に加担したくないのでしょうね。

  5. 某漫画に「日本より上か下かの物差し」が登場します。韓国人からすれば物差しからお墨付きをもらえれば、それは最高の根拠(韓国の優位性の証明)になるのでしょう。
    いまでは信じられませんが、軍事政権時代は「北朝鮮が悪い集団だと日本人も言っている」という話が教科書などにも載っていたのだそうです。
    また李明博の天皇訪韓発言の内容こそ彼らが欲して止まない「最上級の根拠」なのでしょう。社交辞令の一環だとしてもこんなことは言ってはいけません。

    1. >>匿名様

      「従軍慰安婦問題」など元を質せば日本人が提供した問題だったりします…。

  6. 私も書店でその本を見かけたことがありますが、立ち読みで済ませました。もともと私は、海外からの日本への評判を「外国人を利用した「日本礼賛」」と一方的に決めつける論評が大嫌いですので。「「日本礼賛」は間違っている」という主張自体、認識の錯誤を感じてしまいます。

  7. 拷問→고문(gomun)
    顧問→고문(gomun)
    韓国では顧問になることは拷問と一緒なのか…

    1. 成程、漢字を使ってると全てが日帝由来になるので、
      国を挙げて必死で漢字の使用をやめたのか。

      若い人は、日本に来て日本はハングルの文化を真似ていると騒ぐんだろな。
      これも、いずれハングルが先で日本語がまねたのだとか、文化遺産の時には後出しじゃんけんするんだろな。

コメントは受け付けていません。