韓国の嫌らしい「話法」

韓国は、「外国で韓国が評価されている」ことに必要以上の執着を見せます。逆に、韓国は「外国で日本が評価されている」ということをものすごく嫌がります。

今日、聯合ニュースが、「日本すごいブームは間違っている!」としながら、ある日本人が書いた本を紹介しました。外国で日本が評価されているのは嘘だとする内容だそうで、「過ぎた愛国心を持つ日本人の幻想に直撃弾を飛ばす」と書いています。

https://news.v.daum.net/v/20180914144129824

本題とは違うので、著者さんや本のタイトルなどは本エントリーでは紹介しません。気になる方はURLのソース記事に表紙がありますのでそちらを御覧ください。

本題は何なのかと言うと、「日本人が書いた」の部分です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国人がよく使う「根拠」の出し方に、こういう話法があります。「有名な教授から聞いた」「信頼できる先輩から聞いた」。

何かの投資の話ですか?と言われそうですが、そうではありません。韓国では、日常会話でもこのような話を無数に耳にします。

この話法の特徴は、「それは違う」と反論された時、「お前より有名な教授がそう言ったんだぞ?」とか「私は聞いただけだから知らないよ」というふうに、「私が言いたいことを言いながらも、責任から完全に逃げる」ことができます。

 

これは日本の悪口を言うときにもよくある現象で、特に「日本人が言った」というのは、その中でも最高の「根拠」として利用されます。

これは、「韓国人が韓国の悪口を言うことは絶対に無い」という、韓国の過ぎた愛国心から出た心理が投影されているだけなのですが、韓国人はそのことに誰も気づいていません。

 

韓国人が「日本人が日本を悪く言う」においてもっとも評価している部分は、その悪く言う「内容」ではありません。韓国にとって、そんなの、どうでもいいことです。「私は言ってないよ?日本人すらそう言ってるんだよ?」と言えること、すなわち利用しやすさ。それこそが評価点となります。

 

たまに、「日本の悪いところ」や「韓国の良いところ」を書いてほしいというコメントを見かけます。

そのコメントには何の問題もありません。でも、どこかネットの隅っこでも、「親日ブロガーすら日本の悪口を言う」とか、「親日ブロガーすら認めざるを得ない韓国の良さ」とか、私の書いた文章がそのための「根拠」とされることだけは、絶対に嫌です。

それに、日本の悪いところと言われましても、これといって書く内容もありません。違和感がある部分はあるかもしれませんが、日本が私に合わせるべきことではありません。私が日本に合わせるべきことはいっぱいありますが。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

131+

“韓国の嫌らしい「話法」” への86件の返信

  1. 小学生のころの会話がそうだった記憶があります。

    A○○って知ってる?あれ本当はxxなんだよ。

    Bえーっ!嘘だあ。絶対嘘。

    Aだって先生がそう言ってたんだもん。

    B…..えっそうなの。

    子供はそのことを先生に確認することはしない。
    先生と聞いただけで信用するものです。

  2. 有名税と言うか本人にその気がなくとも
    曲解されたり都合の良い部分だけ切り取られて
    違う意図で利用されたりしますからね。
    影響力を持つ人達は一言一句影響が出るのは大変そうだ。

  3. 読み進めていくうちに、まさか某ローソク大統領様も「北の御方が言ったから」と転嫁しながら発言してるんでは・・と変な方向に穿って考えてしまいました。さすがにそんなわけはない(・・と思いますがw)。

    何はともあれ、これから長く日本に住めばいいことも悪いこともいろいろ見えてくることもあるかとはおもいますが、すべてをひっくるめて日本を楽しんで頂ければと思います。

  4. 慰安婦闘争を最近国連での活動に力を入れているのはそういうことかー
    「あの国連が日本に反省しろと言っているんだぞ!」ってやりたいわけね
    韓国の儒教的発想なら間違いなく効き目抜群のはずですものね
    韓国って相手は自分と違う物差しで思考をしているという文化人類学的な発想が全く無い気がします
    ちなみに日本の悪いところは韓国の悪いところの中にほとんど見つかりますよ
    外国に褒められたがる、同調圧力が強い、などなど
    認めない人も多いでしょうけどお隣なだけあってとても似てますから
    とても戦前の日本に似てるというのが僕の仮説です
    日帝残滓の言葉刈りなんて敵性言語排除そのものでほっこりします
    植民地時代の同化政策が思いの外上手く言ってたのですかね、ひょっとして

    1. > 慰安婦闘争を最近国連での活動に力を入れているのはそういうことかー

      この活動自体、日弁連だから。

    2. 敵性言語排除って旗振ってたのは、朝日新聞で。
      陸海軍は、敵の情報もっと欲しい、戦場で通訳足りない、もっと英語教育せよ。ってやってた訳で。

      英語を禁止したって嘘に騙されてる人が多いんですよね。

  5. >どこかネットの隅っこでも、「親日ブロガーすら日本の悪口を言う」とか、「親日ブロガーすら認めざるを得ない韓国の良さ」とか、私の書いた文章がそのための「根拠」とされることだけは、絶対に嫌です。

     こういう発想を持ち得なかったので(日本人なら当たり前かもしれませんが)僕もシンシアリーさんは「韓国の良さと日本の悪さも書けばいいのに。日本人は相手に対して一定の理解がある記事に対しては悪意にはとらえないのに」と思っていました。まさか韓国人の引用を気にされているとは思わなかったので目から鱗です。

     韓国人のとっても嫌なところは間接話法で人を貶めたり、自分を持ち上げたりするところです。「~という意見もある」とか「~という見方もある」とか言うのを観るたびに、主語を自分にしろよと思います。日本で親韓メディアを見つけるのは簡単で、この手法を記事に取り入れて自分の気に入らない相手を貶めたりする傾向が強いです。韓国のメディアの日本語版と日本の左派紙はなぜか論法がうり二つです。

     だいたい韓国の記事で根拠の提示の明白な批判記事をみたことがありません。事実関係すら「本当にそうなの?」と疑う物が多いです。
     

    1. ボクもシンシアリさんに日本のことも書いてくれと投稿したことがあります。目からうろこです。

  6. なにが問題かって話だと、この谷本真由美という人が「イギリス在住でイギリス万歳と媚びているのでイギリスのコミュニテイに入れました」ってだけの話で、別にイギリスに住んでいるならイギリスを尊重するのは当たり前
    日本に難民移民としてやって来て、嫌がらせをする人は嫌われて当然だろうって事が正常だという事

    その辺の話に儒教的価値観を適用する韓国が人間の本質を無視しているというか、李朝から変わってないというか・・・

  7. 「日本の悪いところを書かない」「韓国の良いところも書いてという声に答えない」シンシアリーさんの洞察力にいつも感心する。
    それが意図しない方向で悪用されるかといえば、かならずそうなるだろうからね。

  8. 日本人が日本を”悪く”言う場合に2種類あって、
    1. 悪いところを改善したい場合
    2. 日本を貶めたい場合
    があるわけですね。

    シンシアリーさんに日本の悪いところを書いてほしいのは 1 だからですが、「慰安婦問題」など、いわゆる自虐史観でサヨクがやったのは 1 のふりをした 2 だったわけです。(GHQ の WGIP とか”自己批判”とか基本的に同じ。)

    1 のふりをしたので、良心的な日本人は騙されたわけです。
    見分ける基準は、事実に対して真摯かどうか誠意があるかどうかです。
    捏造した場合は確実に 2 なので、それがバレたら終わりです。

    ところが韓国の場合は、もちろん 2 だけです。
    サヨクに指導されて 1 のふりをしていただけなので、もはや韓国が何を言おうが日本人には響きません。(朝日の捏造に我々も騙されていました。ごめんなさいと言わない限り。)

  9. 日本は愛国心を育てる教育をまったくしていません。かつて自民党文教族を中心に愛国心を育てる教育の必要性を説く人たちがいましたが、結局立ち消えになりました。私は「愛国心」は卑怯者が最後に逃げ込むところだと思っています。中国や韓国を見ていると、とりわけそう思うのです。彼らは愛国心を育てる教育を受けてきたため、どのような人たちになったか。傲慢、不遜、偏狭、横着さゆえに世界中で嫌がられる存在になったのです。
    人為的に愛国心を育てる教育など必要ないのです。日本の歴史、文化を客観的に教えたら、自然と日本の国が好きになり愛するようになります。それは人為的に教えられたものでなく、自然と浸透していくものであり、その方がより強い愛国心が育つと思うのです。

  10. 著者は法政大学卒ねぇ…
    妙に納得しましまた。

    一時期本屋さんに平積みで売っていた記憶は、あります。

コメントは受け付けていません。