南北、「陸海空の全ての敵対行為を中止」に合意か

まだ公式発表が行われたわけではありませんが、南北首脳会談で「~な内容が発表されるのではないか」という報道はいくつか出ています。

その中で気になったものが、京郷新聞のこの記事です。

「陸・海・空のすべての空間で一切の敵対行為中断に合意する可能性」、「軍関係者によると、南北軍事分野合意書には、『地上と海上、空中をはじめとするすべての領域で一体敵対行為を中断する』と明示的な宣言が盛り込まれるものと思われる・・」

https://news.v.daum.net/v/20180918221534806

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

今回の敵対行為中断についても、真っ先に気になったのは「文氏、同盟国(米国)と事前に相談したのだろうか」でした。

なぜなら、今回の措置も「年内終戦宣言」のための一環にすぎないでしょうから。

記事に「軍当局は、首脳会談で導出された『南北軍事分野合意書』を、今後『終戦宣言』に準ずる次元にまで発展させる方針だ」という一行がありますが、今の流れだと確かにそうなるでしょう。

終戦宣言というのは、結局、いつかは「米軍撤収」とつながることになります。韓国の安保はもちろん、韓米関係の核心でもある軍事同盟とかかわる話ですから・・・

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

 

104+

47 Replies to “南北、「陸海空の全ての敵対行為を中止」に合意か”

  1. あぁ、はははは・・・自分から褌脱ぎ捨てた。(笑
    相手のミサイル・核は温存。(笑

  2. 米朝首脳会談  「朝鮮半島の非核化に合意」
    会談後トランプ大統領 米韓軍事演習の停止を突然発表。

    (たぶん、金委員長が、このトランプ大統領に頼んだのでしょう。
    トランプ大統領は、その位で「北朝鮮に恩をうれる」ならと受諾)
       
        時間がたって、米朝に隙間風がふくと
       米韓軍事演習の再開が囁かれるようになりました。

    南北首脳会談  「陸海空すべての敵対行動の中止に合意」
       つまり、米韓軍事演習の停止の継続に合意。

    米韓軍事演習をされることを、
    北朝鮮は、本当に嫌がっているように思います。
    トランプ大統領が、軍事演習を停止したのは、あくまでも取引で、
    軍事演習カードをこれからも使うつもりでいたと思います。

    米韓軍事演習の長期間の中止に米国は同意しているのでしょうか
    韓国がかってに、敵対行動の中止を発表して、果たして米韓関係は大丈夫なのでしようか。

  3. ん~
    合同軍事演習はどうなんのかね?
    以前から北朝鮮が止めろ止めろと騒いでたけど、これってそういう軍事演習も絶対に対象に入ってますね
    北朝鮮自身には金がなくて軍事演習なんて物理的に無理
    そんなものだから、相互的なはずが実態は韓国への一方的な約束になってるわけですね

  4. 無邪気すぎるのは日本人の方でしょう。アメリカがみんな解決してくれると思ってんだから。

  5. 北朝鮮がこのまま放置されて核保有国化したら困るのは日本なのに、馬鹿は煽って終わり。本当にまじめに考えているのかねぇ。

    1. で、すべてを予想している七誌さんはどうせよと?

      断交?それがすべての解、だとでも?
      核問題はまったく解決しません。

      1. >困るのは日本

        さて、困った日本はどうするのか?
        憲法の改憲の世論が高まるのか、自衛隊が軍となるのか、核を配備するのか、それとも何もしないのか?何もかわらないのか?

        実はそれはそれで日本にとって何から何までマイナスに働かないのかもしれません。ピンチはピンチのままなのか、です。
        国を変えていくのは、常に外圧からだったりもします。

        1. >困った日本のアクション

          なんとなく、現在の米国の期待に沿った形?でもあったりするのです。
          「日本はもっと戦わなければならない」というトランプ氏の言葉は米の行動に出ていたりするかもしれません。

    2. 七誌殿は相変わらず近視眼だね。
      米が若干かつての勢いが衰えてきているだけに同じ自由主義の価値観を共有する米、日の2大国が共同しなければならない。
      自分だけが「いつでも、どこでも正しい」と妄信している七誌殿はおちょくりが最良の回答。

    3. 七誌殿、相手を罵倒する以外に何をしたというの?
      証拠を見せてもらいたいものだ。

  6. BBAをトランプに抱きつかせたり北朝鮮と同じテーブルに日米を座らせようとしたりのあのアホさ加減と同レベルに、もう宣言しちゃったんだからみんなもそれに合わせてくれるよね的な発想で事を進めているとしか・・・。
    んなもん他国からは爪先どころか鼻息で一蹴されて当たり前なのに。
    また親睦ムードだけ演出して中身スッカスカなのはわかってはいますが、せめてお笑い要素ぐらいは用意してください、キモ漫才コンビの御二方様。

  7. >真っ先に気になったのは「文氏、同盟国(米国)と事前に相談したのだろうか」でした。

    してないと思われ。既成事実を作ろうとやっきになってるので、常に見切り発車状態になっています。米国との同盟ないがしろにしすぎ。

    ただトランプ氏、本丸の中国の頭を抑えようと経済戦争で長期戦に突入した模様。本腰を据えて、じっくり相手が根をあげるまで実施した場合、半年や年間の単位の戦いになるのではないかな?
    北と韓国、後回しになっている観あり。

    北の核拡散、ミサイル技術の移転がなぜされないのか、中国から何らかの密約でもあり、米国に時間を与えているのかは未だに謎。
    これが解決しているなら当分放置も可能。期限付きならそこまで放置ing。期限がきたら、そこで「オーウ、モウ許しまセーン」と武力行使。
    それまでに中国に白旗を振らせていれば、リスクは最小限になります。あるいは武力で解決する必要性もなくなるかもしれません。

    文たんのお尻を叩くのは誰か!
    将軍様か(打ち出の小槌として)米国か(普通にお尻ぺんぺん)
    韓国国民か!はたまた運命の女神に愛されやさしく撫でられるのか!(統合成功)
    乞うご期待!

  8. 日本は中国やロシア(ソ連)と終戦していますが、中国やロシアを仮想敵としてアメリカと同盟し戦力を整備し演習などを行っています。

    韓国が北朝鮮と終戦した後、北朝鮮を仮想敵として同様の行動をとることは何の問題もありません。

    終戦しても敵対行為の中止にはならないのに、終戦に先行して敵対行為の中止というのは、朝鮮戦争の終戦を新たな戦争(アメリカによる核開発を問題とした新たな戦争)の否定に繋げるためのすり替えなんですよね。

    韓国は騙されているわけではありません。アメリカによる新たな戦争の否定は南北共通の目標ですから。
    これは、1993年に金泳三がアメリカの爆撃を止めて以来、一貫しています。

  9. 最初からわたしはこうなることを予測していてね。

    韓国は北朝鮮の核保有を擁護するんです。
    日本にその核を向けるためにね。それでこそ韓国が日本の上になることができる。

    愚かしいのは、それに危機感を持たず、アメリカがアンとかしてくれると小躍りしてた馬鹿な日本人だけ。

    1. でも、北の核を南も一緒になって持ったとしても、現実として日本の上に立つなんてことできないんじゃない?そもそも核を持ったところで上に立てると言う事自体妄想でしかないでしょう。あまりに半島人は軍事に無知すぎでしょう。

      自由主義圏から離脱した半島が経済的にこれ以上浮上することはないでしょうから軍事力が日本の上になる事もないでしょう。核の問題はアメリカとの交渉次第ですが。核を日本が独自に持つよりも、アメリカとシェアしたほうが自分は安全保障上いいと思います。

      あとは、半島など経済的に締め上げればいい。

  10. 一連の報道を見ていると「韓国は無邪気過ぎる」という印象を持ちます。はた目から見ていると一切警戒心を持たず北に近づいているように映るし、実際そうなのでしょう。

コメントは受け付けていません。