ソンプル(善コメント)平和賞

韓国では、悪性コメントを「悪プル(アクプル)」といいます。悪とリプライ(返事)を合わせた造語です。それからしばらくして、その反対概念として「善プル(ソンプル)」という言葉も出てきました。韓国ではアクプルで有名人が自殺する事件なども多く、ソンプルの必要性が注目されたきっかけのも、某芸能人の自殺だったと記憶しています。

悪とか善とか、韓国らしいネーミングだな、と思っています。でも、ちょっとわからないのが、「ソンプル」ってなんだろう、な点です。

悪性コメント」ならわかります。人身攻撃、デマの流布、などなど、ほどの差はあれどいろんな国で問題になっている事案でありましょう。でも、ソンプルってなんでしょう。

ちょっと調べてみたら、何かの美談みたいなものをソンプルだとする人もいるし、激励のコメントなどをそう言う場合もあるようです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

そんな中、こんな記事がありました。短い記事ですので全訳します。

<インターネットで日本の右翼の嫌韓発言に対抗して戦ってきた日本の市民団体が、韓国の市民団体が授賞する善プル賞を受けました。

採用トータルサービス企業スカウトが後援し、ソンプル財団ソンプル運動本部が制定・受賞する「ソンプルインターネット平和賞」は、今年最初の受賞者を選定したと明らかにしました。

受賞の栄誉は、日本の人権市民団体「ヘイトスピーチを許さない川崎市民ネットワーク」と日本サイバー倫理伝道師オギソ・ゲンンさんのものとなりました。

受賞者には賞状とメダル、賞金が授与されます。授賞式は来月11日、漢陽大学で開かれる予定です>

https://news.v.daum.net/v/20180921085718727

 

個人的に、「正義」は、「人の数だけある(正義にもいろいろある、正義には正義の悩みがある)」。「善悪」は、「(一部の唯一新宗教の教義のように)絶対的なもので、別の形が認められないもの」だと思っています。

例えば、聖書に書いてあるサタン(悪魔の総称)の設定の一つに「悔い改めない」というのがあります。絶対善である神様とは絶対に交じることがない絶対悪だというのです。この教えが『悪魔は殺してもいい(殺しても罪にならない)』という考えになり、中世のキリスト教の暗黒時代に行われた大勢の虐殺を支えたりしました。

もちろんどのような場面でどのような言葉を使うのかが一番大事なポイントでしょうけど、少なくとも本ブログで韓国社会を論じながら使ってきた「善悪」はそれと似ています。

 

で、本題に戻りますと、「韓国にとって、反日ほどのソンプルがあるのだろうか」な気がします。

「朝鮮半島統一を支持します」とのコメントがあるとすると、それはソンプルになるのでしょうか。でも、それだと特定政党や政治思想への支援という見方もできてしまいます。ただでさえ「コメント部隊」でうるさくなっている昨今、そんな解釈は余計な議論を巻き起こすかもしれません。

でも、少なくとも韓国で、この「善プルインターネット平和賞」に文句を言う人はいないでしょう。もし反対する人がいるなら、その人は「悪」とされるでしょう。

 

余談ですが、韓国人は、正義(自分の正義)と善(万人が従うべき絶対善)の区別ができないでいます。自分の正義に自分が酔いしれ、「こんなにいいものだから善に違いない」とします。

そして、それを確実にするために、悪を設定します。言い換えれば、韓国人は、「悪と対立するのを善だ」と思っています。だから自分を善にするための努力ではなく、自分の敵を悪にする努力をします。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

114+

63 Replies to “ソンプル(善コメント)平和賞”

  1. ああ、なんか受賞のニュースタイトルだけは見ましたが、韓国の賞でしたか。
    なるほど、なんかすっごく納得できました。

  2. 「賞」と名の付くラベルに本気で憧れ、いや、執着している国ということだけは分かりました。

  3. 何か…疲れるよ・・・韓国人・・・

    それだけ、一生懸命なのは分かるけど・・・「そこまで、やって委員会?」。

    その先には、どんなにバラ色の世界が待っているの??

    そういう人もいるんだから・・・(地球上には)半分だけでも認めてあげようよ・・・

    けど、行っちゃうんだろうな・・・「かの国」の人は・・・

    つくづく、偉いと思う。(ある意味・・・)

  4. 川崎の市民団体が自分のお里をバラしてるようなもん。

    日本サイバー倫理伝道師の小木曽健って何者なのやら。
    一緒に賞を受ける市民団体と同じ穴の狢に思われるから
    辞退したほうが今後のためのような気がする。
    なんかグリーってところに勤めてるらしいけど一時期は
    任天堂を倒すとか景気のいいこと言ってたとこですね。
    なんか法則発動しそうなフラグが立ったようにも……。

    1. 日本サイバー倫理伝道師
      Gree SNSでゲームなどを展開してます
      肩書が伝道師ww  インターネットセキュリティやインターネット・エチケットの講師みたいですね
      サイバーアタック等は詳しいでしょう。防御には攻撃を知らないと
      GreeはYahoo JAPANと包括提携しています
      あの禿正義の配下のYahoo JAPANと

      1. 覚えてる方もいらっしゃりるでしょうが

        漫画家はすみとしこが描いた難民を批判するイラストに対してFacebook上で評価した人物400人分の氏名、居住地、勤務先、出身校などの個人情報のリストがネット上に無断で公開される事件が発生した。
        無断公開を行った人物はコンピューターセキュリティのF-Secureの幹部社員でSEALDsのシンパであり、千葉麗子氏に「ぱよぱよちーん」という特異なツイートを繰り返し集中的に発信していた。

        セキュリティ会社の幹部社員ですよ
        この伝道師はこんな事しないと思うけど

        1. おぼえていますよ。
          久保田直己(くぼたなおみ)とは、C.R.A.C.(旧称レイシストをしばき隊)の構成員。マザコン。
セキュリティ会社のフィンランド・F-Secureの、日本法人エフセキュア株式会社に勤務していた(依願退職済み)の社員でありながら、収集した個人情報を個人を害する目的で晒し上げるという事件を起こした。
その際にぱよぱよちーんという迷言が有名になった。

          で、その結果、ご自分の名前、勤務先、自宅先と父親、母親の塾や娘の情報までネットに晒され「震えて待て」がブーメランで帰って来た人ですね。

          わざわざ個人情報をツィートしまくっていて、娘の卒業の時に
          流したコメントやら、父母共に共産党員だとか
          いっぱい特定された人です。自分が標的にされた時を想定しなさ過ぎで、そちらの面でも、
セキュリティ会社の幹部として
          そに無様な敗北ぶりって、どうなのよ!と、話題になりましたね。

          あんなのが平和賞ってどうなのよ

  5. >韓国人は、「悪と対立するのを善だ」と思っています。だから自分を善にするための努力ではなく、自分の敵を悪にする努力をします。

    これはちがうと思いますよ。

    韓国人は、「自分や自分達にとって有益なものを善だ」と思っていると思われます。
    だから自分を善にするための努力なんかするわけはないです。
    最初から、自分は善なので努力の必要がないわけです。
    したがって、自分に仇をなす不都合な存在を「悪」にする努力しかやりようがないんですよ。

  6. 絶対的な善悪というものは本当に存在するのだろうかと思います。

    例えば、人を殺すことは現代社会では普遍的な絶対悪になりつつありますが、文明と隔離されたどこかの部族は望まない赤ちゃんをすぐに殺して野生動物の餌にしたりするそうです。これは絶対的な悪なのか。

    善悪の感覚も結局文化によって違いがあるので、絶対的なものにはならないような気がします。

    今回のシンシアリーさんの話で、何故欧米が他国に価値観を「押し付ける」ようなことをしてきたのか、少し背景が見えた気がして勉強になりました。絶対的なものがあると宗教的価値観で確信してしまってる人がいるのかなと。たぶん、日本にはそういう価値観はほぼ存在しないと思います、ほぼですが。

  7. ちなみに……

    (・∀・)その市民団体とは(以下省略)

  8. >自分の敵を悪にする努力をします

    日本のマンガ(アニメ)の悪役……そのものw

    (・∀・)見事なテンプレですな

  9. 日本人と韓国人のもっとも大きな違いですね。

    自然崇拝の原始宗教である「日本神道」には、
    善と悪の区別はありません。
    地震も台風も津波も海も太陽も月も星も
    ただ存在するだけであり、そこに善と悪の区別はない。

    そもそも人間に害するものを「悪魔」とする発想がありません。
    人も他の動植物を食べ、その命を奪う存在なので、
    食われる動植物にしてみれば「悪魔」なので、それはお互い様。
    神が「善と悪の区別」するのではなく、人が「善と悪の区別」する。
    人が決める事だから、間違いもある。ことが前提で、
    絶対の善も、絶対の悪もない。神様は人を審判しないので、
    死後には死者の国はあるけど、天国も地獄も存在せず、
    死んだら、最善の罪も得もすべて消滅して、リセットし、
    人はみんな神(霊)となる。

    つか、キリスト教、イスラム教、仏教とも異なる宗教観ですが、
    儒教も天国と地獄は存在しないのです。
    死後には死者の国があり、生前のときと似たような暮らしをしている。
    李氏朝鮮は仏教を禁止していたはずですが、閻魔様は信仰していたのでしょうか?

コメントは受け付けていません。