韓国人は、不安なのだろうか

ある記事に、こんな内容が書いてありました。

<・・英国ケント大学の研究チームは、男女246人(平均年齢34歳)を対象に、陰謀論をどれだけ信じるのかと、「不安愛着」のほどを調べました。 「地球を支配する秘密結社の組織がある」、「911テロの背後は米国政府だ」など15個の質問にどのように同意するのか(5点満点)を調べたものです。続いて「配偶者の愛を失うことが怖い」などの質問(7点満点)を投げ、不安愛着度を調べました。不安愛着は、愛されるという自信が低く、拒絶される恐れが大きい症状を言います。

その結果、不安愛着が大きい人ほど陰謀論をよく信じることがわかった。不安愛着が子供の頃、親との不安関係によって作られるだけあって、子供の頃に両親としっかりとした愛着関係を形成していない人ほど、陰謀論に簡単に陥るというのです。今回の研究結果は、今年2月に心理学の学術誌である「性格と個人差(Personality and Individual Differences)」に紹介されました・・>

https://news.v.daum.net/v/20180922090428910?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

大して深く考えてみたわけではありませんが、2つのエントリーを思い出しました。

以下、「せまるショッカー?」というエントリーに書いた内容です。

<韓国は、こういう「裏の勢力が暗躍している」設定が大好きです。言い換えれば、世の中が陰謀論みたいななにかで出来ている、「実態のわからない悪」に支配されているという設定が大好きです>。

 

もう一つは、アリス・ウィートン氏の言葉を引用した「勇気」エントリーからです。

<・・「自分が嫌われる(※韓国語版の氏の本では「拒絶される」)ことに耐えられない」とする韓国人の心理とも、通じているのではないでしょうか。「嫌われないために、全員が誰か1人を嫌うべきだとする」、恐ろしい洞窟です・・>

 

ソース記事の内容は、まるでこの2つのエントリーを繋げたもののようです。

「恨(ハン)」は、陰謀論と相性がいいと言えます。ハンの精神世界では、結局、世の中が「悪い」ものでなければならないからです。

しかし、なぜ気づかないのでしょうか。そうすればするほど、自分自身がその「悪」とされないために、「私が嫌われる前に、誰かを嫌う」や「嫌われないために皆で1人を嫌う」生き方をすることになってしまうこと。

その結果は、果てしない「不安」でしかないということ。不安は、「疲れる」とも言えるのではないでしょうか。

もし誰かが私に「韓国を『~の国』というふうに表すなら?」と聞くなら、私は迷わず「疲れる国」と答えます。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

128+

“韓国人は、不安なのだろうか” への105件の返信

  1. 個人的に陰謀論は大好きです。
    物事が予想外の推移を見せたとき、水面下で何があったのか
    いろいろと妄想するのは頭の体操になると思います。
    そういう面でパク様は非常にミステリアスな方でありました。

    韓国人というかリベラル系の人に多く見られることですが、
    複数の仮説を並行することができなくて単一の説に固執して
    しまっているような印象を受けます。願望優先だからかな。

    日本人視点だと韓国人ってとにかく楽観主義に見えるので
    不安と縁がないんじゃないかって印象なんですけどね。
    韓国人の抱える不安っておそらく願望優先の楽観主義が
    原因なんじゃないでしょうか。夢が壊れるのが怖いだけ。
    変な白昼夢を捨てれば簡単に解決できるような気がします。

  2. 韓国人の陰謀妄想に関しては単純に「自分に力があればそうするから他人もそうするだろう」っていう自己投影じゃないですかね。
    そしてそれは韓国内ではしばしば事実でしょう?

  3. 疲れる国と言うのがピンときません、シンシアリーさんは果たして国にいたんでしょうか、朝鮮半島に生息する人間の集団から日本と言う国に来たのではないでしょうか、疲れる国ではなく、疲れる人の集団を便宜上(ほかに表現する言葉がない)韓国と呼んでるだけでしょう

      1. かの国では常に白か黒かはっきりさせなければならないと聞きます。でも考えようによっては、ぼんやりしたグレーだって世の中にはあるわけです。まあまあ、ここんところは、と棚上げにしたりひとまず保留にしたりしてるうちに収まる所に収まることもあります。そのうち状況が変わったり、事によっては時間が解決してくれることもあります。
        それと勝ち負けもはっきりさせなければならない社会だとも聞きます。どっちが上かどっちが下か、わからないと対処の仕方がわからないと。で、上の方が、勝ったほうがオールで持って行く。負けて下になろうものならずっと精神的な奴隷状態。そのため、人々は勝敗をつけることに心を砕き翻弄されるわけです。

        これじゃこころ休まらないでしょう。疲れると思いますよ。

      2. 疲れる民族。
        それは客観視するという事だと思っています。
        なので韓国で生まれて、育ち「韓国は善、日本は悪」という恨の魂「日本は悪なので恨まなけれならない」という精神を基盤の上にいれば、何の疲れも気づかずに生きているのではないでしょうか?
        が、若い世代の人ほど「生まれ変わったたら韓国人は嫌だ」という人が多い。
        日本人とは正反対です。
        これは、どちらも世界を見て、客観視してからの意見の結果でしょ?
        韓国人は、日本は勿論ですが「恨まなけれならない」理由はただ己れが正義だから。
        同調しなければ干される社会。
        己れが正義論、それは客観視すれば、ただの感情論だけの社会。
        知らず知らずに疲弊していってるのでしょう。
        それに気づかない人がほとんど、気づかないまま疲弊。
        逆にそれが韓国人の力にもなって、できた国ですからね。「反日」というキーワードは頭に火が噴き出すほどのパワーを持っているから、すごいですよね。
        日本人は「復興」
        韓国人は「反日」
        何を力に国を作り上げていった糧の差ではないかと思います。

    1. 疲れるコミュニティと表現してもいいのでしょうが
      それはそれで読者にはわかりにくい表現です。

      国は国でいいと思います。地方で地域差があったとしても
      疲れる部分は普遍的に変わらないだろうと思われるので。

      ついでにいえば国の枠組み自体が疲れる人の集団の形成を
      促進している側面があり、その順当な結果の社会かと。

  4. 「疲れる国」。私の知っているニューカマーの人たちがみんなそう言っていますね。社会システムも社会環境も。
    韓国語の先生ももう韓国に戻る気はないらしく、この前、近くでマンションを買ったのだとか。
    韓国の友人の先輩は日本暮らしが長く、娘さん二人は小学校から日本の学校に通わせ、大学も日本の大学を卒業した。今では二人とも日本人と結婚し日本に住んでいる。先輩ご夫婦はリタイア後、韓国に戻ったが、年に何度か孫の顔を見に日本に来るのだとか。
    日本での生活が長くなると日本社会になじみ、それが普通になってくる。代を重ねるとみんな日本人になってしまう。古代の日本人もそうやって形成されていったと思います。

    1. >代を重ねるとみんな日本人になってしまう。
      川崎、尼、鶴橋もそうなの?日本に住む朝鮮人臭がバリバリ出てるけど

      1. 中世以前の渡来人たちにおいては、間違いなく「代を重ねると日本人になっていった」のでしょうが、現代ではどうもそうはなっていない。

        それってどこが違うのか。

        ひとつは集団のサイズが小さくて地域社会のごく一部に(比較的)ちいさな集団で移住してきたということ。溶け込まないと日常に不自由したでしょう。

        もう一つは、その集団にニューカマーがほとんど来ないこと。せっかくなじみ始めた集団に外来の新顔が追加されるとそのメンバーの習慣や考え方に影響されることでしょう。

        この説を実証するには、ニューカマーがこないまま2世代50年ぐらい経過した集落を観察できればよいのですが、逆にそういう集落だと爺さんが朝鮮出身だったと(外部には)言わないだろうし。

    2. そういう嘘で、川崎は占領され、日本人が韓国人を非難するのは違法な都市と化した。

      そして東京都議会にも、ヘイトスピーチ禁止法が。あなたの言っていることは嘘八百。

    3. 嘘だね。在日はまったく同化していない。
      魔界の住人の韓国人が増えたら、その場所は魔界になるでしょ。
      日本が暮らしやすいからってこられても困るよ。
      自分の国は自分で変えて欲しい。
      環境が悪いのでは無く、人が悪いんだよ。
      日本は日本人がいるから日本なのであって、韓国人が増えたら韓国と同じ病巣になる。

    4. 在日が住み着いて出来た市にうっかり家を購入してしまった私から一言…

      DQN率高し(特に中心部)
      放火多し
      変質者も多い
      役所職員の市民目線での行政及び市役所の対応無し!
      肝心の職員が職場は市役所内だと思っていて市を理解していない。
      裏サイト見つけてしまって、内容は市民を馬鹿にしていることばかり…
      市役所の職員になればリャンバン!市民はペクチョ(と読むのかな?)こんな体験したい人は是非◯◯市をお勧めします。観光の目玉にしている寺は来歴の部分を消した。
      半島人は何代にもわたって住んでも変わらんよ。

    5. 相手の目の前では心にもないようなことでもその人の気にいるような事を言うのが特亜のやり方です(特にその相手が強者・マジョリティの場合は)。特亜人に限りませんが損得対立が無い状態では理性的融和的に振る舞うのは難しいことではありません。それは自分の利益により適うからそう演じてるだけです。
      「マトモなザイニチ」が居るなら、ネットで「マトモでない朝鮮人を叩くマトモな朝鮮人」がもっと見られて然るべきです。
      そんな朝鮮人は殆ど見られないことこそ彼らの正体を表しています。勝手に太鼓持ちをしておいて、それを屈辱として恨み陰で悪口するのが彼らの常です
      試しに大使館前への慰安婦像設置、慰安婦合意無視や仏像返却拒否みたいなルール無視についてのご意見でも訊いてみては?
      まあそのレベルの事柄に関してすら目の前では心にも無いことを言う可能性も高いですが

      1. 「マトモなザイニチ」はいますよ。
        今や朝鮮人出身だということをとくに隠しはしてないものの通名のみ使用して本名はほんとうに必要な時しか明かさない
        旧正月や秋夕などの暦依存の習慣は日本ではやりにくいので1月1日と秋分の日に移動して家で料理を作って食べるだけ

        逆に
        墓参りは日本風だし、お盆もやるし、初詣やお宮参りなどもやる
        地域のお祭りなどには呼ばれたら参加する

        こんなのかなり親しくならないとわかりません。

        で、慰安婦像設置や合意無視、仏像返却拒否的なものにたいする意見を聞いたことはありますよ。
        実際のところ、半島情勢に対して興味がないからか「何考えてるんでしょうね、困ったものだねえ」といったあたりさわりのない意見しか言わないです。
        ノンポリの日本人に聞いても大半は似たような反応なので、「日本人化している」のか「心にもないことを言っている」のかは定かではありませんけど。

        まあ、「マトモでない朝鮮人を叩くマトモな朝鮮人」は、自分が朝鮮人であると明かしてまでそんなことしないでしょうね。
        あなたの言う「マトモな朝鮮人」がいわゆる「愛国日本人」のレベルをさしているのであれば、まちがいなく「愛国日本人」として活動しているはずです。

    6. 傾向として民族で固まる人たちほど順応が困難で、
      総連や民団のような相互扶助コミュニティから距離を
      とってる人ほど順応が早いというのは確実にありそう。

      朝鮮系でも在日のカテゴリから外れた人々だって決して
      少なくないだろうと思います。比率わかんないですけど。
      問題は、在日ではなくなった人々は在日の人々の素行を
      諌めるでなく関わりたがろうとしないってことかも。

      自分がその立場だと考えれば関わりたくないというのは
      容易に想像できるので偉そうに批判はできませんけど、
      戦わなければ一緒くたにされるのは仕方ないことだと
      そこは割り切るしかない部分でもあると思います。

  5. >「嫌われないために、全員が誰か1人を嫌うべきだとする」

    そんな考え方は常にスケープゴートを必要とする。「嫌われないために、自分も人を根拠なく嫌わないようにすべきだとする」が心地よいと思うけど。「私が嫌われる前に、誰かを嫌う」って嫌われる発想だ。

     韓国人の嫌われることを回避する考え方って、日本人が最も人を嫌う思考回路だと思う。

  6. そういえば、2015年頃、韓国で日本の図書「嫌われる勇気」がベストセラーになっていましたね。
    嫌われるのが怖い、という感情が強いということは自覚しているようで・・・だから、「チョッパリ」は韓国人にとって非常に有難いアイテムなのでしょう。
    でも、嫌うなら困ったときに「チョッパリ、助けるニダ!(aa略」と当然のごとく要求するのは止めてほしいものです。

  7. >地続き・・・ゾッとします。

    その頃には、人類がいないかも……。
    まして韓国人の今の考え方では国際社会から生き残れませんので、いなくなっているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。