<固定表示です>新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること」のご紹介

おかげさまで、「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が無事、発売日を迎えることができました(アマゾンの発売日が9月2日ですから、地域によっては1日から搬入されるところもありましょう)。

以下、前に書いた紹介エントリーを整理して、しばらくは固定表示致します(毎日の更新としては、一つ下のエントリーが最新のものとなります)。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

北朝鮮は社会主義の仮面をかぶった民族主義国家にすぎず、韓国は民主主義の仮面をかぶった民族主義国家にすぎない・・簡単に言えば、そういう内容です。前にも触れたことがありますが、韓国特有の(他の国とは違う)民族主義、民衆史観(民衆運動家たちの歴史観)。その歪みは、反日思想という宗教じみた考え方から始まり、そして帰結しています。「日本を破壊したい」。それが、韓国の民族主義の全てです。

ある意味では、本書は、「韓国人による恥韓論」の頃に書いた「韓国が日本を武力攻撃しない唯一の理由は、力が足りないからだ」という文章の続きとも言える内容です。

朝鮮半島特有の民族主義、いや「民族主義と呼ばれている何か」。

それがどこから生まれ、どうなっていて、どこへ向かうのか。それはまさに、国境を超えて日本に向かう「疫病」以外の何物でもない。

そういう私の気持ちを、率直に書きました。

自信を持って、ご一読を勧めたいと思います。

 

※本ブログの仕様により、本エントリーではもうコメントできなくなっていますので、コメントを残したい方は「インフォメーション」などに書いてください※

 

 著書関連のお知らせ ♨

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が9月2日発売予定です。

Kindle版はこちらです。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

※全ての書籍リンクはAMAZONページとなります。アフィではございません※

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

550+

116 Replies to “<固定表示です>新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること」のご紹介”

  1. 9月ですね!
    了解です!本屋さん巡りだ_φ( ̄ー ̄ )

  2. 13冊目ですか。
    昨夜BSで朝鮮半島の討論会?を見ましたがもやもやでしたね!
    日本人が朝鮮半島を其れなりに解説しても心根の部分でいま一つ説得力に欠けますね。(当然でしょうが・・・・)
    年代にも由るのでしょうが。
    13冊目気合を入れて読破します。

  3. シンシアリーさんの文章は抑制されてて煽るような表現もないので 、お花畑にいる我が肉親に読ませるために2冊買おうかな~と思案中です。

  4. 御本に答えが書かれているのかもしれませんが「民族主義国家」って何でしょうか。

    韓国人は、本当に民族のために行動していますか?
    日本を破壊した時の民族のメリットデメリットを考えて日本の破壊を選択しているのではなくて、自分の感情として「日本を破壊したい」だけではありませんか。
    その結果、民族がどうなろうといいのではありませんか。

    中国やロシアは、独裁者が自分のメリットデメリットを考えて選択しています。だから日本が対抗する十分な意志と能力を見せていれば安全です。

    北朝鮮も同じです。「民族主義国家」ではありません。「金正恩主義国家」です。民族主義は国内統治や韓国侵略のための方便にすぎません。民族のために金正恩は自分を犠牲にはしません。日本と刺し違えて満足するような反日原理主義でもありません。

    韓国は、単なる個人主義の人間の集合体であって「国家」では無くなりつつあります。
    朝鮮半島の国家が、民族を最優先にする「国家」であれば、どんなに良かったことか。
    (民族を守るために無責任な外交をしないから。)

    1. 例えていうならば、慰安婦(北主導の統一後は金一族になるのかな?)という御神体を戴いたオウム真理教信者の集まりみたいな集団でしょうね>韓国若しくは統一後の半島国家。
      日本人としては、そのヤバさから目を背けてはならず、彼らを軍事的、経済的、外交的に無力化して半島に封じ込めるよう立ち回る必要がありますね。

  5. 実際、韓国軍の装備を見てみると、対北朝鮮ではなく、対日本用の兵器ばかりですもんね。

  6. 語句の用法について
    「民族主義」というと、良いものも含まれる幅広い概念ですので、否定的に使用するときに、意味を限定しないのは、違和感が有りました。

    「朝鮮半島で民族主義と呼ばれている何か」とは、巧い表現です。
    せっかく編み出したのですから、これからは、この適切な表現に統一されるのがよい、と思います。

    新著、楽しみにしています。

  7. 現在は攻撃対象が日本に向けられているだけで、現状解説で「反日」は欠かせませんが、地政学的に半島の歴史の底流はずっと変わっていないと思う。身を守る為にどこかに事大し対象を攻撃する。歴史の大きな枠で現在は日本に向けられており、基本的には全方位に対して変わらない態度だと思います。妄想ですが。色々読んで勉強していきたいと思います。

    あと、時系列や中身は未読なので指摘は出来ませんが、福岡に上陸し占領旨の小説、村上龍の「半島を出よ」という作品を彷彿とさせるのですが、まさかパク…

  8. 買います。予約しました。

    >北朝鮮は社会主義の仮面をかぶった民族主義国家にすぎず
    この部分に興味があります。

    それにしても、ミサイル撃たれるのも戦争になるのも嫌ですが、この国に巣食う寄生虫を一掃する機会になるかもしれないと思うと、次世代に憂いを残さないためにも痛みを伴いますが仕方ないのかな、という気もします。

  9. 帯が結構過激ですねw
    9月2日を楽しみにしております!

    1. 実際、そういう文章があります(笑)。ただ、扇動や刺激のための文章ではありません。その点もまた自信があります。

コメントは受け付けていません。