韓国新聞の「(いわゆる)嫌韓書籍」分析

もう定番ネタになってしまった感すらありますが、韓国は「嫌韓は日本の経済悪化のせいだ」という主張を続けています。同じ理屈のもと、「嫌韓書籍が売れるのは、出版不況のせいだ」という主張も続けています。

そういえば「安倍総理が日本で支持されるのは、日本を借金漬けにしてお金をばらまいたからだ」という趣旨の主張もたまに見かけますが・・なんでこうも全てを「お金」と連関付けるのかが、まず疑問です。

さて、また同じく、「日本の雑誌は嫌悪で売るしかないのか」という記事がありました。最初は別の話題で始まるけど、案の定、結論は嫌韓です。必要な部分だけ、引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・2012年ごろから嫌韓・嫌中書籍出版がブームがあり、出版社がお金になる嫌韓・嫌中本の出版に夢中になった。代表的な例は昨年ベストセラーに上がった<儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇>(講談社)である。アメリカ人の弁護士ケント・ギルバートが書いたこの本は、昨年新刊・ノンフィクション部門最多の発行部数(47万部)を記録した。今年初めに続編も出た。

タイトルだけ見ても分かるように、この本は、韓国と中国が日本より劣等だとの主張を繰り広げる。 <朝日新聞>は、今年初めに本の出版について、出版社の編集者が、東京新橋の酒場で人々が日本人は韓国人・中国人とは違うと話すのを聞いて企画した本だと伝えた。

編集者は、日本人は西洋人に弱いという点に着目し、日本在住のアメリカ人に本を書いてほしいと擁護した。この本がベストセラーになった後、西洋人の著者が日本を擁護する内容の本がたくさん出てきた・・>

https://news.v.daum.net/v/20180923121602152

 

反日映画に1000万人以上の人が集まり、そしてその映画を事実だと信じ込むのが韓国社会です。しかも、「嫌悪」は韓国社会でもっとも問題になっているテーマであり、本ブログでも何度か取り上げたことがあります。

 

いや、それを離れて・・韓国の歴史観そのものが、韓国人以外のものを劣等だとする前提で成り立っています。少なくとも韓国人が満足する「優越」というやつは、誰かが劣等でないと成立しないのです。

そんな韓国の「自民族優越主義」に反論する人たちもいますが、大勢の韓国人、歴史分野の専門家だという人たちが、平気な顔でこう再反論します。「いや、でもこれは(歴史的)事実だから仕方ない」。

そう考えると、記事本文の「劣等」という言葉が、全てを表している気がします。韓国人が優越になるために他の誰かに劣等さを押しつけるのは、嫌悪ではないのです。韓国人にとっては。逆は嫌悪に『違いありません』。

 

あ、そして、最後に・・某韓国人(笑)が書いた本もあるので「日本人は西洋人に弱いから~」は却下とします。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

144+

“韓国新聞の「(いわゆる)嫌韓書籍」分析” への71件の返信

  1. 人としてコイツないわ~と思う。だから嫌い。
    韓国ってどんな国?から→嫌韓→反韓。ココに行き着きました。(反朝鮮人かな)

    個人的な希望は、圧倒的多数で反韓の日本人が増えて欲しいです。
    自分も含め、大切だと思うモノを守りたいって思うからこその反韓です。
    ただ・・温度差をものすごく感じて脱力感にたびたび襲われますけれど。

  2. >代表的な例は昨年ベストセラーに上がった(講談社)である。<

    記者は読んだのかな?多分読んでいないよね。

  3. 外国人「日本人はエコノミックアニマル」
    日本人「まあ、そうかもね」
    外国人「日本の住居はウサギ小屋」
    日本人「まあ、そうかもね」
    日本マスコミ「日本凄いですね」
    日本人「止めろバカ!」

  4. >タイトルだけ見ても分かるように
    昔から韓国マスコミは、日本側の個々の主張に対して根拠に基づいて反論しません。「悪意があるから」間違っている、と断ずるだけです。韓国人にとっては主張に悪意があるとみなせば全否定してもかまわないのです。お手軽な手法です。
    (このほか「あまりにばかげていて個々に批判する価値もない」という逃げの常套句もあります)
    自分に異論を持つものを「自分への悪意=間違い」とすることで韓国人は「理性」という概念を無意味にしてしまっていると思います。互いに妥協の出来ぬ殺しあいだけになるでしょう。

  5. 韓国人の儒教的狂信とユダヤ人のエホバ的狂信には共通点がある。
    ①長年、周囲を大国に囲まれ抑圧されてきた。
    ②世界各地に分散しなければならなかった。満州、日本、
    北米、豪州など。

  6. 蟹は自分に似せて穴を掘るというが、韓国人にぴったり。
    韓国が不況に陥ると目を逸らすために反日のボルテージが上がる。それから類推して妄想しているだけ。自分(ウリ)は絶対に正しいと信じている、というより自他の区別が出来ない知的幼児だからこうなる。
    ノーベル賞を日本人が受賞できるのも、優秀な韓国人が出来ないのも、日本人のロビー活動のせいだ、恨むのも同じ。
    もっともこのブログにも悪癖を指摘されたらそのまま裏返して反論するア○がいるが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。