韓国紙が紹介した「ノーベル賞を受賞するには」

このシーズンになると、かならず「なぜ韓国はノーベル科学賞がもらえないのか」という内容の記事が出てきます。ノーベル「科学」賞と書くのは、平和賞はもらったことがあるからです。

「日本が受賞しているのに何で韓国が受賞できないんだ」がもっとも本音に近いのかもしれませんが・・とにかく、かならずそういう趣旨の記事がいくつか目につきます。

今年はヘラルド経済が同じ記事を載せ、そこに「こうすれば受賞できる」という専門家(?)のアドバイスが書いてありましたが・・どんなものなのか、ちょこっと引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・キム・ヘド韓国研究財団政策チーム長は、「国内がノーベル賞をもらうためには、長期的な次元で、将来を担う学生に思考の多様性を呼び覚まし、開放的かつ融合的な関心と意欲を鼓吹させる教育戦略が必要だ」、「未来のノーベル賞受賞者候補である若手研究者が可能な限りの能力を発揮できる研究環境の整備のため、人材システムの改革や研究費の着実な措置、科学技術イノベーション・システムの構築など、政府レベルで必要な努力を体系的かつ総合的にしていくことが重要である」と述べた>。

https://news.v.daum.net/v/20181002113301863

 

間違ったことは何も書いていません。思考の覚醒とか研究費増やすとか、いろいろ必要なことです、はい。

でも、なんというか、「熱心に勉強すればいい大学に入れる」と同じ内容にしか見えないのは、気のせいでしょうか。

 

記事のアドバイスの部分を大まかに分けてみると、「多様性(開放的とか融合的とか)」、「長期的」、「体系的(総合的)」の3つに分けることができるでしょう。

韓国では、とりあえず急いで何か実績を出さないといけないので、「基本」となる部分を育てるよりは、他人がやったことを模倣するか、または他人のやったことを奪います。極端に言うと、創造性がありません。創造性が無いから多様性もありません。こんな中で「長期的」を言いますか。それは無理です。

 

そういうシステムが社会を支配するようになったのは、政府の支援が少なかったからではありません。社会そのものがそういうやり方を「賢いこと」と認識してきたからです。「小学生から教授まで」剽窃が異常なほど多いのも、政府の研究費支出が少ないからでしょうか?とてもそうは思えません。その社会の「生き方」の副作用なのです。

いつだったか、「嘘もうまくつけば叔父より役に立つ」という韓国の諺を紹介したことがありますが・・ここでいう「嘘」というのも、同じ心理から来たものではないでしょうか。「ズルをしたほうが賢い」という。

こんな状況下で、人材育成の「体系的」を語るのは無理でしょう。なぜなら、「ズルしたほうが賢い」がすでに「体系」になってしまったからです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

157+

154 Replies to “韓国紙が紹介した「ノーベル賞を受賞するには」”

  1. 「韓国は上、日本は下」の七誌には不都合n事実だが「ソウル大学の理系学部生の10人に6人が実験実習報告書のデータを改ざん、捏造した経験があり、またその中の多くが「データの改ざん、捏造は深刻な問題でない」と考えていることがわかった。 」

    韓国ネット「何か問題?」「正直に生きれば損する」
    https://www.recordchina.co.jp/b96644-s0-c30-d0058.html
    これでノーベル賞がほしい?精神錯乱状態ではないの?
    韓国という国(国ではないかもしれないが)ここまで内部腐朽が進んでいるんだね。

  2. ウソをついて、他人を陥れるのが賢人の証。そんな社会に、マトモに学問に向き合いたいという未来のノーベル賞科学者がいても、中学校までにイビり殺されるんじゃないですかねぇ。

  3. 民族性を変えなければノーベル賞は無理でしょ。

  4. 金や名誉より、自分のやりたい事を通す「変人」がどれだけいるかであり、研究環境はあまり関係ないように思いますね。
    やりたいことのためならどこにでも行くでしょうし。

  5. 韓国が優先すべきは「ノーベル症」の発症を抑えるところから始めるべきでしょう!!
    日本の研究者の多くは「どうやったらノーベル賞が受賞できるか」なんて不純なことは考えていません!(もしかしたら、稀には居るかも–)
    真面目・愚直に研究を重ねても多くは失敗に終わるでしょう。しかし、その中からヒントを掴んでさらに上をめざします。
    日本には「職人を重宝する文化」があります。
    韓国は自堕落な「両班」がデカイつらをした歴史があります。
    問題はソコかも—ね!!

  6. 韓国の民間企業の研究員からノーベル賞が出ることがあれば、中村教授のように企業に金払え!と訴訟騒ぎが起きそう。

    全世界の有名大学に韓国人は日本人の何倍も留学していますし、そのうち月日が経てば受賞する人が現れるでしょうね。ただ、国籍は韓国ではなくなっているかもしれませんが・・・。

  7. どなたか、韓国語ができる方にお願いします。

    日本は、70年以上前から、基礎研究に力をいれてきた。
    それでも、ノーベル賞を取れるようになったのは、ここ20年ほどの事。
    つまり、ノーベル賞は、研究を始めても30年から50年は、取れない。
    だから、世界的な発明をしているとか、基礎研究に力を入れているとかいう韓国からのニュースが正しければ もう10年から20年すれば、自然にノーベル賞が取れるようになる。

    今も 10年後も 20年後も 
    「もう10年か20年で韓国はノーベル賞大国になる。」とホルホルしていれば、みんなでご機嫌になれるのではないかと思います。

    1. 上記 韓国語ができる方は、
      韓国の人に 知らせてあげてくださいというお願いです。

    2. ノーベル賞は研究者ネットワークからの推薦式だから、日本語や日本人がは欧米の科学会に認知されるのは難しい。情報化が進む前の世界ならね。

  8. 朝鮮日報のコラム『【萬物相】「自ら納得するまで」やり続けることの重要さ』
    ttp://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/04/2018100401136.html

    まともなことを書いている。
    それなのに隠して書いていることがある。いや本人は隠している意識はないのかもしれない。隠されて教えられているのかもしれない。

    日本人のノーベル生理学・医学賞に関するコラムで、ビタミンの話と発がんの話の両方から戦前の日本の2件の幻のノーベル賞のことが抜け落ちるなんて、意図的に隠してないとありえない。

  9. 韓国の大学院でフランス人のご主人と一緒に研究室で働いている方のブログを時々読むのですが…。
    化学系のラボなのに建物にクーラーが入ってない。(自腹で設置したそうです)
    研究室所属の院生にお給料を払う。(大学が予算を取ってくれる訳ではないのでこれも自腹)払わないと、良いお給料を出してくれる他の研究室に移ってしまうそうです。
    研究費が年十数万円とかしか出ないのに、成果ばかり求められる。
    約束が守られない、提出書類など直前にならないと連絡が来ないなどは日常茶飯事。
    有名大学ではない地方の大学なので予算の問題などもあるのでしょうが、素人目にも研究以前の部分で足を引っ張られてる感じでした。
    ノーベル賞への道のりは、時間は掛かるでしょうがまずはその辺の環境整備からではないかと思いました。

    1. >>院生にお給料
      >>(払わないと)他の教室に移ってしまう

      オヨヨ、こりゃまたビックリな事情。

コメントは受け付けていません。