国民の借金が多い韓国・・連帯保証はどうなっている?

「慰安食(?)」エントリーが朝の予定だったので、ちょっと方向性の違うエントリーにします。

韓国で、中学生の子が裁判所から「破産」宣告をされたとのニュースが話題になっています。朝鮮日報にその内容がとてもわかりやすく整理されているので紹介します。中学生の名前はAとします。

整理はわかりやすく出来ているのに、なぜか読んでみても頭の中では抵抗感があります。不思議なことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・事業をしていたAの父さんは、2007年、建設業をしていた知人が貯蓄銀行(※普通の銀行よりお金が借りやすく、金利は高い金融機関のこと)から50億ウォンを借りるとき、連帯保証をしてくれた。事業不振で返済できなかったため、銀行はAの父に借金の督促をした。そんな中、2011年お父さんがAの口座に5000万ウォンを送金した。

同じ時期、その銀行も経営不良で破産した。銀行破産手続は、預金保険公社(預保)が務めた。預保は、Aの父がAに送金した5000万ウォンは銀行が受け取るべきだと判断した。預保は、2013年Aがお金を返すべきだと訴訟を起こした。

5000万ウォンはAの父さんが銀行に返済すべきお金の一部なのに、息子の口座に隠したと見たのだ。入金された口座の名義がAになっており、訴訟の「被告」はヒAになるしかなかった。

Aの父さんは数年も連絡途絶状態だ。母は「夫が実家から借りたお金をAの口座に入れたものであり、お金は養育費に使った」と述べている・・>

https://news.v.daum.net/v/20181005030653791?d=y

 

韓国の場合、普通の銀行を「第一金融圏」または「都市銀行」と言います。お金を借りるにはいろいろ制限があるけど、金利は他の金融機関より安いほうです。ここは2008年に連帯保証が廃止されました。

データ上では、2013年、第二金融圏(貯蓄銀行)の連帯保証となっている人は約200万人で、第二金融圏の貸出額(約390兆ウォン)の約14%が連帯保証付きだ、ということになっています。当時、朴槿恵大統領がこの件で激怒して、廃止することにしたとのことです(2013年に話があったから、廃止は早くても2014年からだったでしょう)。

第二金融圏よりさらに借りやすく金利は高い、日本でいう「サラ金」の劣化版みたいなものを韓国では貸付業者と言いますが、その場合は、来年から連帯保証がなくなる予定だとか。こちらは連帯保証付きが9000億ウォン規模だと言われています。

ちなみにさらにその上に私債業者というものがあり、そこまでは違法ではありません。さらにその上に違法私債業者があります。こちらはどうなるのか詳しくはわかりません。

 

これらを廃止する政策が・・「放置して、どうしょうもなくなったら廃止する」の範囲を広げているだけに見える・・のは、気のせいでしょうか。

 

余談ですが、「韓国は借金した人が信用保険に加入するのが難しいため、日本、フランスなど先進国に比べると本人や家族を保護するのが難しい」とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20180730160104154

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

122+

36 Replies to “国民の借金が多い韓国・・連帯保証はどうなっている?”

  1. 子供の進学で金が要る、マンション買うので金が要る、だから金貸せ。貸さないと断ると、貴方は上司で金持ちなのに情がないと切れ、挙げ句は戦犯呼ばわりで発狂する。在韓日本企業の日本人が嘆いています。借金に対する抵抗が無さすぎ。

  2. 日本には遥かその斜め上を行く根保証という制度がありますよ。

    連帯保証制度がいくら厳しいといっても、多寡だか特定された債務に対する保証ですよね。
    それに対して、根保証は将来発生する債務を限度額ナシで保証しろ、というトンデモない制度ですので、話してもギャグだと思って誰も本気にしませんけど、実際に活用されている制度です。
    さすがに個人保証による根保証は禁止されていますが、それだって10年ぐらい前まではやっていました。

  3. >韓国で、中学生の子が裁判所から「破産」宣告をされたとのニュースが話題になっています。

    「破産」という言葉の使い方がおかしいのです。

    破産というのは、借金などを期日までに返済できなかった場合において
    「全ての借金をゼロにする手続きを行った状態」をさします。
    中学生の子が自ら借金をしたわけではないですし、父親の借金の返済義務はありません。
    子が親の連帯保証人だったとしても、未成年のため、連帯保証人になることも認められません。
    隠し口座として、こども名義の口座を強制さし抑えた。
    というだけのことであり、それを「破産」したなどとはいいません。
    ちなみに日本では、
    家族名義の口座を差し押さえすることはできません。あくまでも本人の口座のみです。
    このため、破産前に家族の口座に資産を移す手口はよく使われます。

    資産隠しの目的で家族名義に資産を移動させた場合は、通帳に痕跡が残りますので、
    ばれたら、詐欺罪となります。刑法上の罪です。
    が、しかし、それでも家族名義の口座を差し押さえることは、日本ではできないのだそうです。

    なので、もしも奥さんの口座に入っていたなら、強制差し押さえは防げたかも知れませんが、
    未成年者である我が子の口座であり、入金も出金も債務者が自在に行えていたものであれば、
    強制差し押さえの対象となるかと思われます。

  4. 韓国の知り合いの一人が連帯保証人になってえらい目にあったことがあるのです。保証した相手は海外にトンズラし、彼が泣く泣く弁済したのです。まあ、医者なのでお金はあったのです。おまけに奥さんがしっかり者で、ソウル近辺の不動産に投資していたのです。ソウル首都圏は今も不動産バブルですから。でも、大変な額だったみたいです。
    弁済を完了してしばらくしてトンズラした人が戻って来て、必ず金は返すからと言って、その担保に山林の権利証を置いていったそうです。山奥の山林など資産価値などなかったらしいです。
    その後10年ほどして金は返してもらったそうです。しかし、もう連帯保証人にはならないと言ってました。

  5. 連帯保証制度がないってのはある意味進んでるともいえるな…
    ただ、貸し倒れリスクが上がるから、審査厳しくなるだろうな~

    日本もサラ金とかカードローンとかだと連帯保証なしですが…
    むしろ韓国と反対だね、金融機関の位置関係。

  6. A父は事業をしていた。
    知人の建設業者の50億ウォンの連帯保証人になった。
    建設業者は破綻した。
    A父は音信不通。
    5000万ウォンをA母実家から融通してもらいA名義の口座に入れてた。

    A父はA母実家から融通して貰うほど自分の事業は順調ではなかった?
    建設業者がバックレて逃げてるならA父も計画倒産に加担した?
    良くわからん

  7. これは日本でもこうなった事例はある。

    ttps://saimu4.com/jikohasan/43914/

    破産者が、子供や妻の口座に現金を隠すのは、もちろんよくあるケースであって、一般的には、妻や子供の口座は破産手続きの対象とはならない。

    但し、定期預金の場合、預金名義ではなくお金を出した人が預金者と判断されるという確定判決があって、原資がすべて夫の財産であった場合には、そのお金が差し押さえの対象となることはありえます。

    破産手続きというのは、一般的にはそれ自体債務者側には救いであるわけですよ。債務債権関係が解消され、貸した側が一方的に損をする、もはや債権者側はそれ以上の請求はできないわけですから。

    ただ、この場合は破産宣告ではなく、当該預金財産のみを差し押さえの対象とすべき事例ですね。

  8. 日本の場合で言うと、
    親が他人の借金の連帯保証人の場合、死後、子供に返済義務は生じますか?
    ttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1422016669

    で見ますと、Aは父親の相続放棄をすればよいけど、Aは5000万ウォンの相続をした事になるから、父親の借金も相続しないと成らないのではないのか?

    TVドラマでは人の良い父親が連帯保証人に頼まれて自殺し、その子がその借金で苦労するストーリーが語られるが、

    親に莫大な財産と借金の両方が在った場合、子が財産のみを相続すると言うのは賢いが社会的には許される事では無いとも思いますね。

コメントは受け付けていません。