不信を信じるしかない?

2~3ヶ月前から、ブログにエントリーしようかどうか悩んでいたネタです。

ソウルのある有名女子高等学校。親たちが、ある双子とその父親に「あの双子の父親が、事前にテスト問題を娘に教えた」と一斉に示威(デモ)を始めました。

理由は、その双子がそれぞれ文科(文系)と理科(理系)で成績1位を取ったからです。二人の父親は、その学校の校務部長です。学校の業務の責任者のことです。

二人は、成績が全然ダメだったわけではありませんが、それでも1位が取れるほど良かったわけではありません。そんな二人が、一気に1位を取ったのです。だから、他の学生の親たちが「あの二人の父親が不正行為(テスト問題を事前に見せた、など)をしたに違いない」とデモを始めたのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

学校側と二人の父親は「二人は熱心に頑張った」と話しましたが、親たちは聞こうとしませんでした。

騒ぎが大きくなると、教育庁はこの件を調べました。すると、怪しい点(正答に間違いがあって後で修正された問題に、二人が修正される前の正答をそのまま書いた、など)がありました。

この件は警察が捜査するようになりました。

そして2ヶ月以上捜査が続き、今日は取り調べを受けていた二人のうち一人が呼吸困難で病院に運ばれた、とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20181006160457880?d=y

 

・テストで1位になったとして、それでデモをする

・なんで根拠もなしに『不正行為をした』ってことになる

・頑張ったから1位になれたという話をなぜ誰も信じない

・調べたら本当に怪しい点があった(・・・って、本当に不正があったっぽい)

・警察が調べて一人が呼吸困難で病院行き

・ネットでは二人を「大罪人」とする流れが圧倒的

 

「なぜそんなことで人を疑うのか」と言うことができません。「そんなこと」が事実の可能性が高いからです。この件の警察調査で何かの結果が出たとしても、それでこの「不信に文句が言えない」「不信が当たっている」「不信を信じるのが勝つ」社会の歪みが、解消できるのでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

150+

88 Replies to “不信を信じるしかない?”

  1. 奴隷道徳の典型的な例ですね。しかもランクとしては最低ランクの賤民道徳と言って良いでしょう。弱きものは弱き故に善とであるとする為に強きもの気高きものはそれ故に悪であるとする価値逆転を千年単位で積み重ねて来た闇の精神が生んだ道徳。
    生命を支配者の気紛れに委ねて生き延びざるを得なかった奴隷には仲間すら己の糧を奪う邪鬼であり裏切り密告の対象である。仲間の英出は己の死を意味し羨望と嫉妬は黒い炎となって身を焦がす。
    いいねえ、朝鮮人の奴隷道徳で社会が卑賤化して行く様を見る事が出来るのは。日本が教えた武士道徳に根差した共栄社会の思想がどんどん希薄化して行く事が原因で社会が変化して行く事に気付くチャンスなんだが気付けないだろうね朝鮮人は。
    見て行きましょうね、手出ししないで。

  2. 女性限定
    狸は見え見えで(本人もばれていること前提)結構面白い。

    狐・天狗→正真正銘の悪

    性別関係無し
    劣等感から来る妬み僻みからの攻撃性や意味不明なマウンテング…

    韓国人
    狐と劣等感の合わせ技。

  3. 韓国人は、常時、疑心暗鬼のような精神状態で日常生活を送っているのだろうか、気に入らないことがあると、まず疑うことから始める。そして、そこには、実際に何かの不正があることが多いから、始末に負えない。更に、常に欲求不満の状態なのだろう。それは、特定のものではなく、社会も含め、全てが対象なのだろう。逆に言えば、立身出世して、金も名誉も手に入れても、何処までも貪欲で、決して満足することができないのではないか。どうなれば満足できるのか、さっぱり分からない。まるで、七つの大罪を実践しているかのようだ。だから、ローマ法王が、韓国人は、霊的・精神的に生まれ変われと言われたのだろうが、自らの力で変えることは、未来永劫無理だろう。

  4. 一発校内試験の成績が良くても「山が当たったんだな」くらいですね
    全国学力テストも有るでしょうから、そこでアップしたのをみないと

    ちょっと思う
    アフリカから優秀な黒人女性がソウル大学の難関学部にトップ合格し博士を取得したときの韓国の反応はどうだろうか?
    米国Samsungのトップにライス元国務長官のような人は受け入れられるんだろうか?
    韓国のグローバル化、多文化は表面的な偽善だと思う

コメントは受け付けていません。