全斗煥政府「あの、独立有功者の4割が偽物ですが・・」

韓国の独立運動家に少なくとも100人以上の偽物が存在する、という記事がありました(10月2日)。最近になって、中国に住んでいた人が、自分の父親の偽物(お墓)の件でずいぶん苦労した・・認められるまで20年かかった・・そんな内容の記事です。

https://news.v.daum.net/v/20181002094202525

確認がちゃんとできていない、偽物が多い(独立運動家またはその子孫だと主張する人が多い)、もし後で本物が現れても、証明するのが難しい、などの理由があって、独立運動家には偽物が多い、と。

ですが、私は「また別の問題がある」ち考えています。今回は本物が現れて偽物を指摘した(いままで何で黙っていたのでしょうね)から、「独立有功者」の数が減ることは無いでしょう。でも、いちいち功績を評価してみると・・だから、そもそも独立において有功者と呼べるようなことをやったのかどうかを調べて、資格未達のものたちも「ニセモノ」として分類するなら・・果たして、独立有功者は何人位残るのでしょうか?ちなみに、いまは約14500人だと聞いています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国政府はちゃんと調べようとしないのは、「数が減る」のを恐れているのでは?私はそう思っています。「一握りの親日派以外は、民族が1つになって日帝に抵抗した」という設定を維持するには、相応の数が必要になります。韓国の設定としては、14500人でも少ないほうでしょう。

記事では「独立運動家の、少なくとも100人は偽物」としていますが、実は独立有功者の4割は偽物ではないのか?という指摘もあります。旧ブログの時にエントリーしたこともある、ちょっと古い記事ですが、2005年6月24日のハンギョレ新聞の記事から、部分引用してみます。

<ハンギョレ21>が、どうしても疑わしい光復軍(臨時政府の正規軍のことです)55人の内部文書や会議議事録などを調べた結果、その中の44人には功績と呼べるものが何も無く、日本が敗戦してから六日後に入隊した人もいたとのことでして。

しかも、<・・1960年代には「白紙(書き放題)が出回った」という話もある。チョン・ウンヒョン前<オーマイニュース>編集局長がキム・サムウング独立記念館長と一緒に1992年に出版した<親日派2>という本によると、『全斗煥政権当時、政府は独立有功者の中に偽物が多いという陳情書の件で、100人を調べたところ、 40人が偽物だった』という。独立有功者賞初期の1960年代に「白紙が出回ったことがある」ということは、独立有功者たちの間では公然の秘密だと、光復会の幹部を務めた人が話している・・>、と。

https://news.v.daum.net/v/20050624061704777

 

サンプル調査とはいえ、40%が偽物であった、と・・

「書き放題」で増やしたのです。数を。そうしないと、ノルマを達成できなかったから。いまになって「彼らは偽物だ」と言っても、韓国としては、困るだけです。「設定」が合わなくなりますから。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

127+

“全斗煥政府「あの、独立有功者の4割が偽物ですが・・」” への44件の返信

  1. 彼らにとって曖昧にしておくことこそが重要なんです、歴史を丹念に明らかにしようとすれば不都合な真実に必ず直面するからです、それは第二次世界大戦への朝鮮人の参戦という問題です、軍人と軍属あわせて24万人が志願して参戦しました、独立運動家がいるのと反対に日本支持者もいて当然ですよ、なぜ志願兵なのかと言えば今だってソ教授もいればシンシアリーさんもいますからね、戦争で後ろから撃たれるわけにはいきませんから志願兵以外はお断りですよ、それに日本軍で中将にまでなった人もいます、名前も日本名に変えてる人朝鮮名のままの人といろいろです、無事帰還された方は22万人ですからその親戚縁者や子孫が相当数いるという事です、調べればシンシアリーさんにも一人くらいは関係者がいるかもしれません、という事で韓国では歴史をねつ造するかあいまいにしておくことが最重要なんです、独立運動家を丹念に調べるのは参戦した人を明らかにするのに通じますからまずいんですよ、韓国ではすべて曖昧模糊としてるのが国民の利益ですよ。

  2. 徴用で朝鮮半島から来日していた数多の朝鮮半島出身者の内、日本の敗戦によって日本在留か朝鮮半島への帰国の二者択一を余儀なくされて日本在留を希望した朝鮮人は凡そ200名程度しかいなかった。

    しかしながら在日朝鮮人は戦後70年余の短期間に人類の繁殖能力を遥かに上回る驚異の爆発的繁殖力を発揮して今や50万をも上回る異常増殖を成し遂げている。

    このことを踏まえれば200名ないし300名とも言われた抗日戦を繰り広げるには心許無い僅かな独立有功者の子孫が朝鮮民族的驚異の繁殖力により爆発的増殖を成し遂げて1万4千5百名に激増しようと何ら不思議な話ではない筈だ。

  3. 南朝鮮人がいう「日帝支配による被害」の話も嘘だらけ。そして「それに対抗する独立運動」の話も嘘だらけ。
    そういうことですね。

    そもそも19世紀末〜20世紀初頭にかけて、朝鮮半島が独立心旺盛な民衆であふれているようなら、次のようになったはず。

    「日本は、ロシア帝国が朝鮮半島まで南下してくるであろうことを、あそこまで憂慮する必要はなくなった」→「その場合、そもそも日露戦争が勃発したかどうかさえ疑わしい」→「朝鮮半島の民衆がしっかりした国家作りをしていたなら、日本は朝鮮半島を併合する必要すらなかったはず」

    こうしてみると日韓併合とは、「しょうもない未開部族が住む世界最貧地域が、日本に押し付けられただけ」であることが、益々明確に見えてきますね。

  4. あらゆるものが嘘と言っても可笑しくない国。ろうそくデモのとき「これが国か」というフレーズがあふれたけれど、これが韓国という国の今の姿だと思います。まさに「これが国か」と問われているのが韓国なのです。
    今回も旭日旗問題で韓国は最悪のタイミングで最悪の選択をしました。しかもサッカー選手のついた嘘を土台にして。結果、韓国の国益(通貨スワップ、漁業交渉、TPP参加)を限りなくゼロに近づけてしまった。もうアホとしか言いようがありません。しかし韓国のネットでは外交大統領文在寅マンセーなのですよね。
    シンシアリーさんのため息が聞こえてきそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。