阿部信行の予言

1つ前のエントリーに書いた阿部信行総督の話を検索してみました。

なんと、それは『アベノブユキの予言』として、無数のブログやネットメディアでヒットしたのはもちろん、朝鮮日報の記事にも当たり前のように載っていました。プレーンテキストとしてのURLだけ紹介します。

https://news.v.daum.net/v/20150720030925997

そんな中、2015年6月22日の東亜日報が、「それは違う。デマだ」とする記事を載せました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「予言」の内容は前に紹介したのと同じく、「日本は敗北していない。朝鮮はこれから100年間、絶対に立ち上げれないほど、私たちが植民地教育を植えつけておいた。(朝鮮は)輝かしかった栄光を100年以上は見つけることができないだろう」という内容です。

東亜日報はこう紹介しています。

<・・この発言は、オンライン上でだけでなく、教養歴史書(2010年)にも登場し、韓国史専攻の某教授が確認もせずに「安倍総理の祖父だ」と新聞のコラムで紹介(2013年)した。続いて、様々な新聞のコラムや寄稿文など頻繁に引用されている。このようにして「アベ総督の不気味な予言」で既成事実化されたこの発言は、前副総理も、元大学総長も、野党常任顧問など指導層の人たちも、メディアのインタビュー、寄稿などで紛れもない事実として言及するに至った。

※ほかは知らないけど、野党常任顧問というのは多分、鄭東泳(チョン・ドンヨン)氏のことです※

 

当初、ハングルで書かれたアベ予言は、2013年ごろから親切にも日本語原文(?)添付でインターネットに出回っている。しかし、この日本語文章は明らかに日本人が書いたものではない。なぜなら「(韓国語)大言壮語するが」の日本語文が、「大言壯語ハゴンデ」となっている。「ハゴンデ」は、「~するが」を意味する韓国語を発音そのままカタカナで表記したものだ。インターネットの日本の自動翻訳機に入れてみると、そう出てくる・・>

https://news.v.daum.net/v/20150922030412374

 

記事は「何年か前から話題になっているが、まったく出典がわからない」とし、なにより、「当時の朝鮮総督府は『植民地』という用語を使わなかった」としています。当然ですね。併合でしたから。

 

なぜこんな話が「受けて」いるのでしょうか。

単に「日本が朝鮮半島を狙っている」とする韓国の「妄想根拠」として使えるから、というのもあります。

でも、他でもない朝鮮総督府の総督が「朝鮮には輝かしい過去があった」「日本がそれを消した」と話したということが、韓国には最高に幸せな部分なのかもしれません。

 

でも、現実では、阿部信行氏が何を言ったのかというと・・こうです。1945年12月に、マッカーサー司令部が彼を審問したときの記録だそうです。記事原文では「韓国」ですが、朝鮮と訳しました。1945年ですので。

<・・阿部はこの尋問で「35年間の日本の占領期間中、朝鮮はかなり発展した」、「日本がとった政策は、朝鮮に非常に良い政策だった」と主張している。

彼は「朝鮮民の傾向は、互いに戦うことを好むだけでなく・・・朝鮮人には、まだ彼ら自身を治める能力がないと思う・・・結局、朝鮮政府内の党派戦いで崩壊するだろう」と述べている・・>。

これは、朝鮮半島が南北に分断する3年前の記録です。この発言は「予言」とみていいのではないでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

133+

“阿部信行の予言” への70件の返信

  1. 日本も敗戦でアメリカの世話になるしかなかったし、朝鮮の面倒どころじゃなかった。
    日本は朝鮮を独立させる予定は無かったから、そういう教育自体して無かったし 基本的に技術者は日本人で朝鮮人は単純労働者だった。(朝鮮人の技術者や経営者は一部)。
    日本人と朝鮮人の立場が逆転すると身が危ないと感じてた日本人経営者が多く、基本的には朝鮮人に経営ノウハウや技術ノウハウなどは教えなかったんです。

    独立後に日本人の経営者や技術者がみんな帰国してしまったので、工場の動かしかたや経営ノウハウもわからない韓国人は多くて苦労したみたいですよ。

  2. 南北に分断された後、北は北で、南は南でそれぞれ政治闘争がありました。
    北は甲山派(咸鏡北道甲山を中心に抗日運動していた)がまず粛清され、朝鮮戦争後は中国派(八路軍の朝鮮人部隊出身)、さらにはソ連派(ソ連軍朝鮮人部隊出身)が粛清され、金日成の独裁体制が完成します。
    南はアメリカが送り込んだ李承晩、中国から戻った金九、朝鮮にとどまっていた呂運享らのグループに分かれ、金九や呂運享は暗殺されます。
    確かに阿部大将の予言どおりでした。

  3. さも口惜し気に朝鮮に向けて悪意溢れた言葉を吐き捨てて行きつつ何故か無理矢理気味に朝鮮を栄光の歴史とか賛美の言葉を挟む
    とても日本人の感覚で無くまるきり朝鮮人の感覚で作った呪いの言葉ですな

  4. まぁ
    植民地と言う言葉が出てきた時点で

    (・∀・)完全なるデマだと思いますけどね
    朝鮮人や韓国人には理解出来ないでしょうけど
    (大嘲笑)

    >これは、朝鮮半島が南北に分断する3年前の記録です

    マッカーサーは三年後
    何を思ったのでしょうかね

    的確な予想は出来ますけどね
    彼の嘆きと絶望もね

  5. 「韓国の悲劇」小室直樹1985は結構なベストセラーでした。
    1945年間に朝鮮半島には自治能力が無かった。それを象徴する事件として、国際連合軍がソウルに入って来て、朝鮮総督府の建物に翻っていた太極旗を降ろさせ、日章旗を上げさせ、引き続き総督府の管理下に置かせた。
    この阿部信行の話は、その過程が分かってないと理解出来ない話ですね。
    小室直樹氏は朝鮮人に自治権を与える研究が存在していたこと。現実には地域や党派の争いにより絶望するしか無かったこと。
    継いだ連合軍もそれを実感するしか無かったこと。
    それ以降の研究では、碌でもない民族指導者たちの間から、米国にコントロールしやすい李承晩と、在地で実力の有った金性洙に政権を任すのですが、権力を握った李承晩はナンバー2を排斥するという過程が明らかになりました。

  6. 朝鮮に統治能力が欠如していることは連合国側も承知していて、しばらく信託統治にするつもりでした。

    朝鮮半島は地政学的に重要ですし、それなりの生産力もあるので、普通なら列強は日本の併合には反対します。ところが、朝鮮の統治能力があまりにも欠如していたため、列強は併合を承認したわけです。(今の日本人が韓国なんか中国にくれてやれというのと同じ。勝手に行動されるとウザい。)
    なので、日本が去れば誰かが面倒をみないといけないのは必然だったのです。

    問題はアメリカが共産主義勢力を過小評価したいたことで、北半分をソ連が単独で支配してしまいました。
    南は党派争いを始めてしまい、そのままにすると共産勢力による統一になりそうだったため、アメリカが次善の策として南半分だけで独立させたのが韓国です。

    だから、予言というより朝鮮人以外は(もしかすると朝鮮人自身も)「知ってた」なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。