韓国、観艦式で「デニー太極旗」掲揚

日本と中国が不参加したまま開催された韓国の済州国際観艦式で、韓国が「デニー太極旗」を、「独島」艦に掲揚しました。

記事によると、<デニー太極旗は、1886年から1890年まで旧韓末の外交顧問だったアメリカ人、オーウェン・デニーが高宗皇帝から下賜されたもの>となっており、現存するもっとも古い太極旗とされます。

大統領府も報道資料を出したのことで、<「海軍は今回の観艦式で独島艦の名にふさわしく、大韓帝国時代から完全な独立を成し遂げるまでの長い時間、街で、戦場で、国民の胸の中でなびいていたであろう歴史の旗を、太極旗と並べ掲揚した」と明らかにした>、とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20181011160601689

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国は「日本への嫌がらせ」のつもりでこんなイベントを用意したでしょうけど、実はこれ、困るのは中国かもしれません。

このデニーという人・・実は、「朝鮮は清の属国ではなく、独立国だ」と主張した人として知られています。そのせいで、清からの圧力で、外交顧問から解任されたとか。

そう考えると・・この件・・そうですね・・根拠はありませんが、もしこのイベントが事前に参加国へ告知されていたのなら、中国が急に不参加を決めた背景の1つではないだろうか、な気もします。考えすぎでしょうか?

 

そして、もう1つ。「旧韓末」という言葉は一般的には「朝鮮末期」のことですから、別にSBSのソース記事の表現が間違っているとは言えません。

しかし、SBSが1890年時点で「皇帝」と書いたのはどうでしょうか。また、一部の記事、しかもKBSが、デニーを『大韓帝国の外交顧問だった』としているのは、なぜでしょうか。

https://news.v.daum.net/v/20181011120144560

 

デニーさんがこの旗をもらったのは1890年で、朝鮮が「大韓帝国」と名乗ったのは1897年からとなりますので、彼を大韓帝国の顧問だと言うのは無理があります。

そういえば、大統領府も「大韓帝国時代から~」としています。なぜでしょうね。

ひょっとして、すでに1890年には朝鮮が「皇帝」を名乗っていたと信じたいのでしょうか?しかし、・現・実・で・朝鮮が大韓帝国、すなわち「皇帝」を名乗ることができた(1897年)のは、日本が日清戦争で勝利(1895年)し、日本が清に、朝鮮を独立国だと認めさせた後のことでした。

 

※今日の更新はこれで終わりとなります。明日また!※

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

155+

108 Replies to “韓国、観艦式で「デニー太極旗」掲揚”

  1. 『南北鉄道・軍事合意・対北制裁解除…ことごとくぶつかる韓米』
    _http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/11/2018101104093.html
    トランプ大統領は10日(現地時間)「彼ら(韓国)はわれわれ(米国)の承認なしに(対北制裁を)解除しないだろう」

    <アメリカ人、オーウェン・デニーが高宗皇帝から下賜されたもの>
    「下賜」ねぇ

    『「海洋強国が韓国の未来」 国際観艦式演説で文大統領』
    _http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/11/2018101102455.html
    中国の南沙にはだんまりの国が(笑)済州島を中国軍の基地にでも

    1. 『韓国 観艦式 秀吉と戦った将軍象徴の旗掲揚 当初説明と矛盾も』
      _https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181011/k10011667871000.html
      「ムン・ジェイン大統領は、韓国軍の駆逐艦の甲板で、豊臣秀吉の朝鮮侵略の際に水軍を率いて戦ったイ・スンシン将軍に言及した演説をしましたが、駆逐艦には当時、イ・スンシン(李舜臣)将軍が使ったものと同じデザインだという旗が掲げられました。
      この旗について韓国大統領府は「未来の海洋強国への意志を表明したもの」と説明しています。」

      反日全開ですね。これを掲げて「日本を撃滅した!」とのイメージ拡散でしょう

      1. 「イ・スンシン旗」、私もテレビ映像で確認しました。何というか、黄色地に黒色で、「ワケワカラン」マークが描いてある、センスの悪いデザインですね。

        エスカレートし続ける反日、次々登場し続ける反日アイテムの数々には呆れるほかはありませんが、400年も前の旗を現代の観艦式で見せつけられた他国は、これをどのように捉えたのでしょうかね?

        1. イスンシンとやらの業績(停戦合意に基づいて撤退する島津軍を騙し討ちしようとして怒った島津軍に返り討ち喰らった韓国の英雄)とやらを自衛隊から参加各国に教えてあげてはどうかな?と思いますねw

  2. >街で、戦場で、国民の胸の中でなびいていたであろう歴史の旗を

    …テラテラナイロンのチマチョゴリ着た映画やドラマの中の
    国民の胸中ですらなびいてないと思うなあ
    相変わらず脳内妄想大暴走やね

    つか現代の国民ですら、えっ何その旗初めて見るニダじゃないのか

  3. 「もえるあじあ」さんのところで、数か国かがメインマストに軍艦旗揚げてて戦闘旗になってたとか、シンガポール(だったか?)は太極旗を半旗にしてたという情報がありました。
    自分は映像見てないので真偽のほどは確認してませんが。

    1. 太極旗が半旗に

      シンガポールは韓国に「お悔やみ申し上げます」と言ってるんですか、それは何か予言のようですね。素敵です。

  4. 朝鮮日報によれば、マレーシアとフィリピンの艦艇も何らかの事情で観艦式に参加していません。したがって、当事国(韓国)を除き、観艦式参加国は9か国でした。(笑)

    1. >akiyonさん

      参加は十カ国だそうです。
      11日当日にマレーシアは不参加表明。
      フィリピンは入港が遅れたので、12日のみの参加。

      参加した国も、韓国の要望を断って軍艦旗をかかげての参加。

      韓国政府も自分たちがどれだけ失礼で非常識な要求を招待国に行ったのか?
      ちょっとは自覚するといいんだけど。まぁ韓国だからわからないだろうな。
      で、世界は韓国をばかにした目でみるんでしょうね。

      常識と礼儀にかけている国だと。

      ホスト国だからといって、国際社会にすきかってに注文を
      つけられると思っていたようですが、
      別に他国は、参加しなくとも困らないのです。

  5. 李舜臣が掲げた旗(と同じもの)と称する旗を掲げたそうで。
    旭日旗を拒否しそんな旗を持ち出してきたということは、日本に対して海軍力でもナメられる存在ではなくなったと主張しているのでしょう。

    対北とは融和を進め、軍事力の比重を陸軍をから海空軍に移し、もっと日本を敵視して直接的脅威も及ぼしてくることになるでしょう。
    対北用と言って開発装備したSRBMやSLBMも対日戦用ですね

    1. 独島海老を出し自称慰安婦を抱きつかせるセンスの延長ですね

  6. 歴史修正主義者だとか、帝国主義者だとか、フェイクニュースだとかの言葉で批判してほしいとしか思えませんねえ。

  7. 朝鮮国は清国の柵封体制下の属国だった。越南国、琉球国もそうでした。

    政治権限はすべて朝鮮が握っていた。
    でも朝鮮国王は清皇帝の許可がないと即位出来なかったし、清国に塩製造の制限をされた事もあった。
    政治権限は朝鮮国にあったので見方を変えれば独立国とも言えたけど、属国とも言えた。
    日本は朝鮮国を独立国と言った。清は朝鮮国を属国と言った。どちらも間違いではなかったと思われます。

    1. >湯さん
      >政治権限は朝鮮国にあったので見方を変えれば独立国とも言えたけど、属国とも言えた。

      独立国とはとても呼べる状況じゃありませんでしたよ。
      スペインやイギリスは、貿易のために形式的に属国の礼をとりましたが
      あくまでも形式だけ。支配は受けていません。
      そもそも自国の領土を、明、清の軍隊に踏ませたことなど一度もありません。
      が、朝鮮は違います。

      戦争に負けて属国の礼をとらされました。先に朝鮮から清に攻め込んで
      敗北して、降伏したときに「明との属国を解消して、清の属国になる」ようにいわれ、
      これを受けるも、約束を破って、清皇帝を本気で怒らせて、
      清皇帝ホンタイジ自ら朝鮮に攻め込んで、朝鮮王の仁祖の親族約200人を
      人質にとられて、三田渡の地で、土下座降伏宣言させられて、属国になったわけです。
      王太子とその弟君は、その時人質として清に連れていかれました。
      (7年後、明の滅亡とともに帰国を赦された)そして、
      日清戦争で日本のおかげで清から独立するまで200年間以上も、毎年戦争賠償金を支払い続けていました。
      貢ぎ物と違ってお返しはなしで、清が要求してきた物資を支払い続けるわけです。

      色々と支配下におかれていたので、自国で要塞も作れなかったし、自国の独自の貨幣も作れなかった。
      自由な外交も他国からの融資も受けられませんでした。
      朝鮮通信使も、本来は外交官だったのですが、独自外交を禁止されていたので
      通信使(メッセンジャー)と名乗ることしかできなかったのです。
      朝鮮通信使の名称そのものが、属国であった証なのです。

      清の属国の中でも、もっとも干渉を受けていた国なんですよ。
      清と直接戦争して、敗北したからなんですけどね。

  8. 清国の蕃属であった李氏朝鮮。シンシアリーさんが言うように日清戦争が日本勝利に終わり、朝鮮独立を下関条約により認めさせて清国と朝鮮の宗蕃関係が正式に終わった。
    これを喜んだ朝鮮人が朝鮮人同士お金を出し合って清国使節を土下座で迎える迎恩門を毀し独立門を建てた。
    同じく朝鮮独立を喜んだ李朝王族も国号を大韓帝国と改め、自らの名乗りも大韓帝国皇帝と名乗った。
    独立には飛びついて全面的に喜んで受け入れたはずの李朝王家だが、次から次へとおかしな事をする。ロシアに頼ったりやっぱり清国に頼ったり。そして散々日本を困らせた結果日本に朝鮮半島全体を高く売りつけた。朝鮮王家は地上げに上手に乗った。

  9. ウリナラファンタジーに不可能はないニダ
    矛盾があるなら直せばいいだけニダ

コメントは受け付けていません。