大きな流れ

1993年10月12日東亜日報には、当時の東亜日報の東京特派員が書いた記事が載っています。

「日本人にとってのお金とは何なのか」な内容ですが・・

・日本人は、お金の話をする人は「浅薄な人」とする。高そうな着物を着ている貴婦人に「高そうですね」「いくらですか」そんな話をする人はそういない

・日本人は貧しさを恥とする。侍時代から続くプライドの問題もあるが、ちゃんと働かなかったという意味にもなるからだ

・お金そのものは大事にしつつも、節約を美徳とする

・日本人の家は貧しい。木造住宅3つのうちの1つは雨が漏れるという

・大金持ちの息子から宝石をもらって、それを質屋で売る女の子が多かった。女の子にプレゼントするために質屋から宝石を安く買う男も多かった。でも最近は大変化が起きて、そんな女の子たちもフランス料理のかわりにモツ鍋しか食えない

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

最初は、「お金を大事にはするけど、お金の話をするのを好まない」の部分に説得力があると思って読んでみましたが、結局は「日本人は貧しくなった」という結論しか書いてない、あまり役に立たない記事でした。

 

この記事を書いた記者は、他にも日本人は「世界一を誇っていたのに大恥をかいてしまった」な趣旨の記事と、「日本が軍事大国を目指している」という記事を多く書いた人です。侍の話まで持ち出して、「貧しい」と「恥ずかしい」をつなげようとしたのでしょうか。

この記事を書いた人、イ・ナクヨン記者は、後に「知日派」の代表格の一人になり、いまは韓国の国務総理になっています(イラスト描いたのは別の人です)。

今日、彼は『経済指標の1つ1つに一喜一憂しない。大きな流れを見ていく』としながら、韓国経済は問題ないという認識を示しました。しかし、どうでしょう。彼が書いた記事をいくつか読み返してみると、「大きな流れ」を見ているものだとは、とても思えません。

https://news.v.daum.net/v/20181008090137919

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

147+

96 Replies to “大きな流れ”

  1. これちょうどバブルが弾けて瓦解が目に見えてきた頃ですね。
    貧しくなったもあながち間違いじゃないかも。少なくともそう期待する人には見事に貧しくなったように見えたんじゃないでしょうか。
    清貧て言葉はご存じなかったようで。

  2. 一読して取材していないとわかる。
    雨漏りのする日本人宅に招待された体験があり、見かけた男を金持ちの息子と断定できる。質屋の客層の変化も年ごとに観察。買いに来た男が質流れの宝石を女の子にプレゼントすると見抜き、フランス料理店の常連が最近、もつ鍋を食べているのを窓の外から見た。
    どんな立場の人間がこれほどプライベートなことを観察できるのか。
    テレビばかり見ていたのでしょうね。
    ドリフの雨漏りギャグに大笑いし、ニュース、トレンディドラマも見る。ドラマで見たアッシー、メッシー、みつぐ君を韓国の感覚で財閥の息子に変換。
    宝石のプレゼントをリサイクルショップで売り飛ばす女性がいて、それを買う他の男性もいる。男性がフランス料理店に女性を連れていくシーンがあった。
    ドラマの途中で財津一郎さんの「こてっちゃん」のCMが流れ、記者も好物だった。
    韓国人の発想は概して幼稚ですので、大人(親)の感覚でとらえれば上記のようになります。

  3. 食べたいものを食べて、着たいものを着て、住みたい所に住んで、私はしあわせです。

    昨年11年間乗っていた車にさよならして、真っ赤なアルトを買って一年が過ぎました。
    また長い付き合いになりそう。

  4. そもそも日本人は生活の貧しさを恥としますかね?

    心の貧しさを恥とはしますけどね。

    (心の貧しさ)とは、
    お金を拾っても届け出ないで着服すること。
    うそをついて、自分自身をよく見せようとすること
    (学歴詐称、職歴詐称、家族のうその自慢、収入を多めにいう事等)
    他人にお金やものを見せびらかし、相手に不快感を与える行為をすること

    などで、前にアメリカ人が、洗濯物を家の外に干さない。
    貧乏臭くてみっともない。というのに対して、
    日本人はお金持ちも貧乏人も関係なく、洗濯物を外に干す。
    恥ずかしいのは、浪費家のほうであってそちらのほうが回りから軽蔑される。
    お金があっても質素倹約、質実剛健の生活態度のほうが、
    品性がよいとして、社会から尊敬される。

    日本はそういう国ですよ?

  5. 日本人の個人金融資産や、企業の内部留保や、対外純資産は、バブル崩壊後に増え続け、過去最高を更新中かと思いましたが?

    そもそもの事実誤認では?

  6. 現地のマスコミから記事のネタを拾ってくる特派員の典型ですね
    日本の特派員にもそういう人が多いそうですが

  7. 韓国人の頭の中には「韓国、日本、それ以外」の分類しかないのではないかと思う時があります。だから「日本が下がれば、韓国が上がる」と単純に考える。
    しかし現実には様々な国が様々な思惑をもって日本や韓国に接している。だから単純なトレードオフにはならない。
    そういった現実を無視して「大きな流れ」をつかめるのでしょうか。

    1. 日本のメディアにもそんな感じの所がありますよね
      慰安婦誤報の某新聞とか

  8. アメリカ人の銀行マンの話し。
    (共に在米の)韓国人は新車のBMWに乗って大威張りで金を借りに来る。一方日本人は中古のトヨタで儲けた金を預けに来る。
    だそうです。

    中国の労働者の話し。
    韓国人の経営者は、会社が苦しくなると賃金を払わずに夜逃げする。一方日本人は、日本人の給料を下げても、出来るだけ労働者の雇用を守ろうとする。

    いつまでも、地味でも愚直に誠実に働き、外国の社会でも貢献したいと思います。
    日本人である事を誇りに思います。

  9. だいたい韓国人は「流れを読む」事自体できない人達だと思います。

    どちらが優勢か?を見て、事大することを「流れを読む」とはいいません。その場その場の日和見主義といいます。

    「流れを読む」のに不可欠な要素は「時系列」です。

    なぜ、日本で不動産バブルが起きて、そして崩壊したのか?

    を、解くには「プラザ合意による超円高が発生」が起きたから
    が、外せない。
    「プラザ合意による超円高が発生」の理由は、
    日米貿易摩擦が発生していたから。

    1965年以後日米間の貿易収支が逆転してアメリカの対日貿易が恒常的に赤字となり、1970年代、1980年代と続き
    更に1985年にアメリカの対日貿易赤字が500億ドルに達したことをきっかけに、アメリカでジャパンバッシングが発生。

    いくつかの分野では米国がスーパー301条の適用をちらつかせ、あるいは実際に適用し、日本製品を排斥した。

    1985年、プラザ合意後も日本の貿易黒字・経常黒字は減るどころか1986-1988年にかけて1985年に比べ増えていった。

    日本企業は、アメリカの反日感情を抑えるために、アメリカに日本支社を建てて、現地人を大量に雇用し、日本企業を叩く政治家を
    アメリカ人労働者から非難させる状況におきました。

    プラザ合意のせいで、超円高になったものの、バブル崩壊後に
    相次いぐ企業の倒産と、就職氷河期がやってきて、経済が大規模に冷え込む。

    このような時代の流れを、なにがターニングポイントだったか?を、年代別に分析しないと、日本に暮らしているだけは
    何もわからないというダメダメの記者の見本というわけですね。

    1. 旭日旗騒動がいつ起きたか、とかIMFにお世話になってしまう前に日本企業がどう動いたか、とか歴史にもまだなってないような期間での出来事すら捻じ曲げて自分たちの都合のいいように改竄してしまうんだから無理でしょうね
      時系列も事実も理解出来ないんだとしか

  10. >日本人は貧しさを恥とする

    韓国では貧しさは罪ですからねえ。

コメントは受け付けていません。