大きな流れ

1993年10月12日東亜日報には、当時の東亜日報の東京特派員が書いた記事が載っています。

「日本人にとってのお金とは何なのか」な内容ですが・・

・日本人は、お金の話をする人は「浅薄な人」とする。高そうな着物を着ている貴婦人に「高そうですね」「いくらですか」そんな話をする人はそういない

・日本人は貧しさを恥とする。侍時代から続くプライドの問題もあるが、ちゃんと働かなかったという意味にもなるからだ

・お金そのものは大事にしつつも、節約を美徳とする

・日本人の家は貧しい。木造住宅3つのうちの1つは雨が漏れるという

・大金持ちの息子から宝石をもらって、それを質屋で売る女の子が多かった。女の子にプレゼントするために質屋から宝石を安く買う男も多かった。でも最近は大変化が起きて、そんな女の子たちもフランス料理のかわりにモツ鍋しか食えない

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

最初は、「お金を大事にはするけど、お金の話をするのを好まない」の部分に説得力があると思って読んでみましたが、結局は「日本人は貧しくなった」という結論しか書いてない、あまり役に立たない記事でした。

 

この記事を書いた記者は、他にも日本人は「世界一を誇っていたのに大恥をかいてしまった」な趣旨の記事と、「日本が軍事大国を目指している」という記事を多く書いた人です。侍の話まで持ち出して、「貧しい」と「恥ずかしい」をつなげようとしたのでしょうか。

この記事を書いた人、イ・ナクヨン記者は、後に「知日派」の代表格の一人になり、いまは韓国の国務総理になっています(イラスト描いたのは別の人です)。

今日、彼は『経済指標の1つ1つに一喜一憂しない。大きな流れを見ていく』としながら、韓国経済は問題ないという認識を示しました。しかし、どうでしょう。彼が書いた記事をいくつか読み返してみると、「大きな流れ」を見ているものだとは、とても思えません。

https://news.v.daum.net/v/20181008090137919

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

146+

“大きな流れ” への96件の返信

  1. 江戸時代に於る武家社会への造詣の浅さだけでなく、現代日本社会(駐在当時)への見識の浅さが際立っていますね。

    この程度の不見識な輩ですら国家最高指導者に準ずる地位に与れる国家が世界の片隅に存在する事に驚きを禁じ得ないです。

  2. 記事が書かれたのは絶賛バブル崩壊中で、猫も杓子も株やら土地やらのマネーゲームに踊ったのが、憑き物が落ちたみたいになってたので、当時の日本国内の雰囲気をそれなりに反映していると思いますよ。韓国人としては日本のバブル崩壊を目の当たりにして、それまでは超えられない壁だった日本を超えられると感じたのではないでしょうか。
    このフレームワークはよほど韓国人のお気に召したのか、今でも日本は落ち目、韓国は伸びるという固定観念で見る人が多いですね。しかし時は巡り、今度は韓国が経済の停滞期に入っている。
    文政権は南北統一の一発逆転で、経済を御破算にして、この局面を乗り切ろうとしているのでしょうか? 社会主義の統制経済にしてしまえば不況とか関係ないし?

  3. 客観性を欠いた記者が大臣ですかw
    なんか韓国が失敗国家な理由が解った気がします。

    その韓国人のいう流れって統一でしょう?w
    「日本人は貧しさに耐えているニダ。だから飢えようが我慢して統一するニダ。」ってことかな。
    よくムンなんか選んだものだなw

  4. 日本をsageても韓国ageにはならないと思うんですがね
    トレンドは細かい数字の積み上げです
    論理的では無く自分の感性?で判断するの
    国会答弁は耐えられないだろうな
    強弁するしかない
    赤子の泣き声や地主の喚きだろうね

  5. 韓国人がノーベル賞を受賞できない理由は、韓国では研究環境が悪いからとされている。
    しかし、韓国人の素質が、もっと大きな問題である。
    この記事のように、韓国人は常に先入観を持って物事を見る。
    このように、韓国人は研究結果に、謙虚に向き合うことができないからだ。

    1. 研究環境なら米国に留学した学生は沢山居るのにね
      先入観では無く仮説は良いんですが、変更しないんですよ
      仮説検証はあわないんでしょうね

      1. >米国に留学した学生は沢山

        沢山が慰安婦のデモしたり、日本人に議論吹っかけたりしてる連中だから留学と言っても・・・
        生まれつき頭の固いオカシイのばかりなんでしょ。

  6. 「腹が減っては戦は成らぬ」と「武士は食わねど高楊枝」の矛盾が日本人の価値観を表すのですが
    まあ「日本人は裏表がある!」と騒いで終わりなんでしょうね

    1. >匿名さん
      >「腹が減っては戦は成らぬ」と「武士は食わねど高楊枝」の矛盾が日本人の価値観を表すのですが
>まあ「日本人は裏表がある!」と騒いで終わりなんでしょうね

      それは矛盾してないと思う。日常と戦闘時は別。
      ナポレオンも「兵士は食べた分しか歩かない」といっているそうで
      古来から優れた将軍は、みな軍糧の大切さを理解していますよ。

      矛盾しているように見えることわざだったら

      弘法も筆の誤り と、弘法筆を選ばず がありますが。

      今昔物語によると、
      京都の応天門に、空海は、勅命を受けて門に掲げる額を書いた。
      ところが、応の字に点をつけ忘れていた。

      門の高い位置に打ち付け忘れているので、今更おろすわけにもいかない。
      で、空海は筆を投げつけて、見事に点をうった。

      このエピソードから「名人も時には書き損じる」との意味で、
      別に筆の選び方が不味かったという意味ではないため、矛盾の諺ではないそうですが。

      ちなみにこのエピソードは、実話だそうで、
      現在の平安神宮の応天門の扁額を書いたのは、福岡県大宰府の宮小路康文氏だそうですが、宮小路氏は、空海の書法を極めた名筆家で、扁額を書く前に高野山で1週間、沐浴潔斎をしてから京都に入ったということです。

  7. この記事の視点、流れ、好きです。

    国務大臣ってそんな記者上がりなんですねー。かなりビックリ。

  8. いくらですか?って聞きます?
    ぶしつけで下品です。
    イザベラバードが日本の女性はしとやかで慎ましく、朝鮮の女性は大勢で取り囲み服や装飾品を触ったり品がないって書いてた。

  9. 関西人は値段を聞くことが多いよ。ただしそれは、いかに安く買ったか、安く買った自慢をするためで、全く韓国人とは逆なんですよ。

    これええやろ、なんぼで買うてん。って。

      1. 自分でなんぼだと思う?って聞いといて、相手が答えたら、誰も聞いてないやんって返したらそら相手怒るやろ。ほんまわけ判らん人やなあんた。

          1. 七誌は隠れk国人だから、論法が一貫しないのは当然。

            韓国との間でトラブルが起きやすい理由
            「韓国の記事ではよくある事なのですが、次々と話が飛んでまとまりが無く読みにくいです。
            そしてこの事も含め重要なのですが、ロケットの件では「日本に技術力があったから」という話が出てきているのですから、本来ならばそれが結論のはずです。
            が、記事ではそこから朝鮮戦争の軍需品の話しに飛び、全く異なる2つの出来事をつなげてしまい、ロケットの話まで「アメリカが韓国を日本発展の犠牲にしているからだ」という話になってしまっています。
            要するに技術の蓄積があったという「客観的経緯」が軽視され、彼らの感情にとって都合の良い「アメリカが韓国を犠牲にした」という、アメリカや日本の「劣等性」の話に摩り替わっているのです。」
            自我が芽生える前の幼児か、(失礼ながら)女性に多い思考構造。
            技術の蓄積がなかったという「客観的経緯」の指摘は劣等性の承認に、つまり「韓国は上、日本は下」の七誌の信条に反するので斬首されてもいえない。

            韓国との間でトラブルが起きやすい理由
            http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar896430

    1. >七誌さん
      >関西人は値段を聞くことが多いよ。ただしそれは、いかに安く買ったか、安く買った自慢をするためで、全く韓国人とは逆なんですよ。
      >これええやろ、なんぼで買うてん。って。
      だから、大阪のおばはんは、下品だっていわれるんですよ。
      (芦屋のお嬢様は安さのじまんをしない)と、いわれています。
      お金の話をみだりにすること。そのものが、
      はしたない育ちの悪い家の人 なので、
      高い物を買って自慢することと、安い物を買って自慢することと
      は、同列の下品な行為なのです。
      相手が教えてくれといったら別ですよ。自分から(相手が聞いてもいないのに)「ねぇ?これ見て、いくらだと思う?」と、
      物の自慢したいがための話をすること自体が、周囲を不愉快にさせる恥ずかしい行為なんですよ。

      あと、男同士の「儲かりまっか?」「あきませんなぁ」「ぼちぼちですわ」は、タダの挨拶で、こちらは下品な行為ではありません。
      他人を不愉快にさせるための「自慢話ではない」からです。ですが、
      「がっぽがっぽですわ」と、答えるのはマナー違反だそうです。
      自慢話は礼儀知らず。なので、実際には儲かっていても関係なく、相手を不愉快にさせないために
      「あきませんなぁ」「ぼちぼちですわ」と、答えるのがマナーだそうです。

      でもまぁ、育ちの悪い人達が、上品ぶった人達への反感に
      「なにきどってるの!」と、あえて、下品な話を好み、
      貧乏をむしろ何とも思わない生活ぶりを「たくましく、生活感のある暮らしぶり」として、演出している感はあります。
      前に、会社で、総務が置き忘れのネクタイをみんなに見せて
      「どこそこに置いてあったネクタイはどなたのですか?」と、聞いて来た時、
      私の上司が「そのネクタイに見覚えは無い。が、そんな派手なネクタイをしめる人は、この会社では●●部長以外はいないだろう」
      と、答えたら、すごく遠くの隣のフロアーから
      「やかましいわ!●●(私の上司の名前)、大阪じゃそのくらい派手なネクタイで普通なんじゃ!」と●●部長が吠えてました。

      (東京もんはすましやがって)と、いう態度の●●部長は、
      いつも全身アルマーニーのスーツにフィラガモの靴に、アラミスの香水にと、コテコテのわかりやすいおしゃれをたしなむ方でしたが、普段は全く大阪弁を話さず、丁寧な敬語のみの会話の人なので、初めて大阪出身なのか!と、知った次第です。
      (一流ホテルに出入りしている業者なので、仕事上必要なファッションです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。