韓国最高裁判所、例の徴用被害賠償判決を今月30日に宣告

ツイッター経由でいらした方々、スマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

例の「強制徴用被害の損害賠償」裁判(新日鉄住金の徴用工訴訟)。ついに宣告日が明らかになりました。

2012年までは、韓国でも「そういう問題は基本条約で終わっている」という趣旨の判決になっていました。

徴用工たちが新日鉄住金を相手に賠償請求をした本件でも、1審と2審(高等裁判所)までは却下でしたが、2012年に最高裁判所が「違法行為に対する個人賠償は終わっていない」としながら、高等裁判所にこの件を戻しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

その後、高等裁判所で「被害者1人に1億ウォンずつ賠償せよ」という判決になり、再び最高裁判所に。

「個人賠償など戦後処理問題が基本条約で終わったのか、まだ損害賠償を請求できるのか」の意味を持つため、前から大いに注目されていた判決ですが、最高裁判所の判決は、それから5年以上もありませんでした。

最近になってから「朴槿恵のせいだ」という流れになり、早くも「今月30日に宣告する」という流れになったわけです。

https://news.v.daum.net/v/20181019143659797

 

両国の関係の、まさに「基本」となっていた日韓の基本条約。いまでもボロボロな状態ではありますが・・そのまさに致命的な亀裂になるであろうこの判決。

さて・・どうなるのか、大いに注目したいと思います。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

130+

“韓国最高裁判所、例の徴用被害賠償判決を今月30日に宣告” への94件の返信

  1. 個人賠償をしないと民衆に吊るされる。日本に対しての賠償請求はまともなら選べない。韓国政府による賠償もしたくない

    それを解決できる斜め上の方法!

    朴正煕を始めとした『親日派』とその子孫、関係者に賠償責任を押し付ける!これで保守派や反対派を根こそぎできて一挙両得!

  2. 徴用ってのは国の政策。新日鉄であれ、住金であれ、企業は労働者と同じく徴用される側。八幡製鉄所由来の日本製鉄は半官半民だったけど、徴用に決めた側ではない。まあ韓国では徴用も官斡旋も出稼ぎもぜんぶごっちゃだから、そもそも筋論なんて存在しないわけだが。

  3. 終わりの始まり……というより、終わりの終わりですね
    まさに不可逆的な一撃
    シンシアリーさんも急がないと帰化手続きに支障が出るかもしれません
    (というかそれまでの滞在資格が大丈夫なのかという問題が発生する?)
    まあその時はその時で政治亡命扱いに出来るかもしれませんが、それはそれで里帰りが出来なくなりそう

  4. 火曜日なんだ。 以外!
    韓国って重要事項の判決って木曜日では?
    金曜日だったかな?
    いずれにしても火曜日とは意外

  5. 普通に考えればそんなもの無理で終わる話ですが
    今の韓国世論とそれに流されやすい韓国司法では
    賠償を認めることになるでしょうね
    そして日韓関係はとうとう修復不可能になることになりそうです
    これは言うまでもなくアメリカとの関係にも
    ほぼ修復不可能な割れ目を作ることでしょう
    ある意味、文大統領でよかったなー

  6. 個人が自分の損害への賠償を請求するのを止める(個人賠償権を一方的に破棄する)権限は国にはないので、個人賠償は終わっていないという判決でも即座に条約違反にはなりません。条約は韓国政府を縛るものですから。

    パターン1
    個人賠償は終わっていない -> 正しい
    日本政府に請求できる -> 可能
    日本側司法が請求を却下 -> 確実
    韓国政府が外交保護権を行使 -> すれば日韓関係破綻、しなければ蝋燭デモ

    パターン2
    個人賠償は終わっていない -> 正しい
    在韓日本企業に請求できる -> 可能
    韓国側司法が請求を認める -> おそらく(本来はここで止めるべきだが)
    在韓日本企業が支払い拒否 -> 確実
    韓国政府が強制執行 -> すれば日韓関係破綻、しなければ蝋燭デモ

    パターン3
    個人賠償は終わっていない -> 正しい
    韓国政府に請求できる -> 可能
    韓国政府が支払い拒否 -> おそらく(本来は支払うべだが)

    一応、書いておくと、この件で日本側がヘタれることは100%ありません。
    国内や他国への波及効果が大きすぎるので譲歩の余地が全くありません。
    (良く知らなかったからごめんね、みたいな建前の余地があった慰安婦問題とは違います。)

    1. 個人賠償は終わっていないと言う判決が出ると、日本政府は国際司法裁判所(International Court of Justice, ICJ)に提訴すると宣言しているので、韓国が提訴されるでしょう。
      又、日本が個人賠償を提案し、韓国政府が拒否し、個人賠償は韓国政府が実施するとなっているので、ICJにおける結論は日本政府支持、韓国敗訴で決着すると考えられます。ICJの結果に対して韓国が何をしても韓国の自由ですが、日本は公に反撃ができます。

    2. パターン1~3というよりは、ここで韓国の最高裁が個人賠償を認めれば全部やっちゃうだろ。日本政府が負っていた個人賠償債務を日韓基本条約で韓国政府が引き受けたことを認めるかどうかが最大の山場。
      たぶん認めないので日韓関係破綻は確定。

    3. ろうそくデモは北朝鮮の仕込みだから、
      北にとって文が使い物になる傀儡である限りはないな

      支持率が2割を切ろうが文が大統領であることが
      北にとって都合がよければデモなど起きないし、
      支持率8割でも北が文を辞めさせたいならデモは起きる
      (その前にクネのように捏造スキャンダルでハメられる
      ところから始まることになるが)

      まぁ日本に有利な判決が出れば支持率は下がるだろうが

  7. 裁判官、資産を海外に移し、家族を海外に旅行させ、本人も海外逃亡の準備を始める。

  8. 政治は慰安婦像で終わり、
    軍事は戦犯旗呼ばわりで終わり、
    そして経済がこれで終わるのか…?

    就任以来期待を裏切ってのらりくらりと決定的な反日行為から
    逃げてきた文には今度こそ日韓関係のカタストロフを
    見せて欲しい

  9. たのみます、賠償判決にして下さい。
    この為も有るんでしょ、文ちゃんの日本行き取り止め。
    韓国とは関わり合いたくないです。

コメントは受け付けていません。