『日曜日だから牧師さんも休まないといけないじゃないですか』

ツイッター経由でいらした方々、スマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

文在寅大統領が、ヨーロッパ各国を回りながら北朝鮮のためにかなりの努力をしたみたいです。一言で、「制裁を緩和しましょう」勧誘です。ASEMでも同じ趣旨で結構ASE(汗)を流したようですが、これといって効果はありませんでした。

二つ前のエントリーでお伝えしたように、「皆んな、どうしちゃったの?」という趣旨の記事が載るぐらいですから・・もう呆れた笑いしか出ません。

その中、韓国では法王が北朝鮮を訪問する(詳しくは、「北朝鮮から正式に招待が来たら訪れることにする」)という内容に関して、韓国では「朝鮮半島の平和のための偉業」として文在寅氏の外交を褒め称えています。

この件について、1989年、当時の法王ヨハネ・パウロ二世が韓国を訪問したときの記事を、一つ紹介します。

当時、カトリック関連の大きなイベントがソウルで開かれ、各国でカトリック関係者たちが参加していました。1988年には法王が韓国を経て北朝鮮まで訪問すると記事が載ったりもしましたが、結局、法王の北朝鮮訪問もできず、韓国政府が事前に「参加を認める」としていたものの、北朝鮮のカトリック信徒たちがソウルのイベントに参加することもありませんでした。当時の記事です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ソース記事は1989年10月7日の東亜日報ですが、ル・モンド紙の記事を紹介している部分ですので、元ソースはフランスのル・モンド紙となります。

<・・1年前平壌を訪れていたル・モンド紙の記者が、『チルゴル教会』を訪問したいと北朝鮮に要請した際、北朝鮮側が「日曜日だから牧師さんも休まないといけないじゃないですか」と答えたことなどを取り上げながら、ル・モンド紙は「ただ教会の建物を見ただけだ」と報道した。

※日曜日はキリスト教では『主の日』とされ、礼拝・ミサが行われます。牧師または神父が日曜に休むなんてありえません。サンタが「クリスマスだから休む」と言ってるようなものです。特にカトリックのほうでは、神父が法王のメッセージを伝えることになっています※

ル・モンド紙は長らく抹殺されてきた北朝鮮のキリスト教の信仰の一部の活動は、平壌側の対外政策の一つにしか見えないとしながら、韓国のキリスト教団体の活動に関する参考用として、北朝鮮の刊行物も最近増えていると言う・・

・・ル・モンド紙は、これまで数十年間、北朝鮮ではキリスト教の存在を考えることすら認められなかったとしながら、1983年には、北朝鮮の「朝鮮キリスト教連盟」という組織が、イデオロギーの勝利のために新しい聖書を編集したこともあると報道した・・

・・ル・モンド紙は、北朝鮮に神父(※カトリック)などいないし、牧師(※プロテスタント)はいるものの、彼らは間違いなく聖職者ではなく、公式演説だと思われるものも、出来る限りその役割を縮小させているのが事実であると、北朝鮮の現実を紹介している。>

 

この記事でピンときたのは、「対外政策の一つ」という指摘です。

文在寅氏は、本当に法王による愛のメッセージが必要だったのでしょうか。「法王が朝鮮半島の平和を祈ってくれた。だからEUは従え」「制裁ばかりじゃ法王の意志に反することになる」というイメージを作りたかったのではないでしょうか。

だとしたら、1989年のル・モンド紙の指摘は、今の朝鮮半島にも見事に的中しています。外れたところがあるとすれば、政策をしかけているのが北朝鮮ではなく、韓国の大統領だという点です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

122+

“『日曜日だから牧師さんも休まないといけないじゃないですか』” への47件の返信

  1. こういった事例を見るにつけ、朝鮮人という民族は、「キリスト教徒であること」より、「人権派であること」より、「民主主義者であること」よりも、「朝鮮人であること」を優先することがよく分かります。
    「人間であること」よりも「朝鮮人であること」を優先している、と言うべきかも知れません。

    ※これは、例えば「日本人であること」よりも「大阪人であること」を優先する、みたいな言い方と似ていますが、違います。
    どこが違うかは、このブログの読者の皆さんは分かるでしょう。
    「優先」の意味が違うところがポイントです。
    前者は「排除」につながり、後者は「共存」につながります。
    しかし、特アの仲間であるマスコミは、これをわざと混用します。

    「朝鮮人であること」よりも「人間であること」を選んだブログ主は、稀有な例ですね。

  2. ムンちゃんも敬虔なカソリック教徒なら、キリスト教を弾圧してる金さんに苦言を呈するのが先ではないか。

    BBCのインタビューで「あなたは人権弁護士なのに金正恩と抱擁してよいのか」と尋ねられた人物らしい。

  3. ひょっとしてだけど

    ttps://news.joins.com/article/23051097
    >フレンチスコ教皇はプライベートの会話を含めてドア大統領は1時間以上会った。通話時間を増やすために昼食会まで省略した。
    >教皇との面会と教皇庁国務院長官の面会を終えた後、ドア大統領は、今回の歴訪を実行した青瓦台参謀陣と長官などに「遅いランチ」を一緒にすることを提案した。

    教皇との昼食の約束を無視されて、また身内だけで飯を食ったん?

  4. 韓国人は幼い子供のうちから洗脳して利用しますが、ローマ法王も同様に「平和」の名の下に呼びつけて一方的なストーリーを植え付けて利用する気なんでしょうね。
    まさか、そこまでしないだろう、って事をしてくる。
    今心配しているのは、先日ノーベル平和賞を受賞した二人だなぁ。
    韓国面に引き込んで、日本へのヘイトスピーチを言わせたくてたまらないはずですからね。

  5. アレかな〜現在進行形で中国国内のキリスト教施設の閉鎖、及び、破壊。信徒の逮捕が続いているのが、実は中国への制裁の大きな要因だったりしないか?
    という浅い感覚で考えてみる。
    北朝鮮にそもそも自由なんて有ってなきが如くだよwイスラム教の独裁国家でキリスト教を信仰した上でイスラム教を異端だと叫ばないだろ?

  6. 昔、中国が天安門64の印象を和らげるために、我が国の天皇陛下を利用しましたよね。
    ムンたんは、「同胞の北には、天皇は無理っぽいから法王でどうだ!」というノリですかねー

    北の教会なんて、信者に成り済ます工作員の教育機関に過ぎないんじゃないの?

  7. ムンの独り言。

    米も日もゆうこときかんわG7欧州から外堀埋めよう!仏 英独EU もダメか…。そうだ顔馴染みの法王様がいるでないか!寄付しますので北で世界平和と経済緩和をついでに終戦を叫ん貰おう権威あるお人だから一つ宜しく
    これがダメなら日王…いや天皇様にたっのもう

コメントは受け付けていません。