日本とインド

ツイッター経由でいらした方々、スマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

韓国の時事ジャーナルが日本とインド関連の記事を載せました・・・が、凡人には理解できそうにない内容だったので、紹介してみます。

<・・解放70年が過ぎた今、インドでは「歴史を正す」論議が熱い。 2016年にインドのモディ首相は「英国が戦勝国であるにもかかわらず急いでインドを去ったのは、ガンジーではなく、インドの国民軍のおかげだった」との内容の英国機密文書を公開した。また、ネルーが独立の英雄チャンドラボースを「戦犯」と指摘した記録も発見され、インドがひっくりかえったりもした。これまで「聖域」に思われていたガンジーとネルーの非暴力運動を批判し、武力抗争を擁護する声が強まる局面である。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

懸念されるのは、このような雰囲気を看破した日本政府が、インドと「歴史連帯」を強調しつつある点である。インドを訪問した安倍総理がチャンドラボースの子孫と会って、「多くの日本人が正しく真っ直ぐな抗争を繰り広げたボースに深く感銘を受けた」とおだて、インドの国民軍が日本と一緒に戦ったことを掲げ、軍事協力まで強化している。 10月末モディ首相の訪日に合わせて、日本の自衛隊がインドの陸軍との共同訓練を行うことにした事実も尋常ではない。侵略戦争をまるでインドの解放のための戦争であるかのようにのさばる日本の行動は舌打ちものだが、このような「歴史歪曲」が国際社会で受けがいいのが、さらに重くのしかかる現実である。

来る10月26日、安重根の義挙(※伊藤博文暗殺のこと)109周年になる日だ。帝国主義侵略を審判した安重根を学ぶために熱を出していた植民地インドが、今、日本の軍国主義への回帰に便乗する姿は、私たちに不便で仕方がない。このように入れ替わった国際情勢の中で、私たちはどのような道を行くべきである。安義士の「東洋平和論」を再び読んでみたいところだ>

https://news.v.daum.net/v/20181022140005302

 

まず、真っ先に目に入ってきたのが「解放」です。金泳三大統領の頃までは韓国でも解放と書きましたが、いまは「解放(じてもらった)ではなく光復(自分でやった)と書くべきだ」ということになっています。なのに、なんでインドのことは「解放」なのでしょうか。わざわざ「植民地インド」と書いている部分も気になるし・・文章から「インドを見下している」感じがするのは、私だけでしょうか。

韓国は、31運動がガンジーをはじめ、世界中の非暴力独立運動に強い影響を与えたと教えています。昔から教科書に書いてありました。

しかし、ガンジーや他の独立運動勢力がそんな趣旨を述べたことはありません。31運動が非暴力だったという事自体、同意できないことでもありますが。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

155+

98 Replies to “日本とインド”

  1. 「ソウル平和賞」にインドのモディ首相 経済・外交政策を評価
    ttp://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/24/2018102401453.html

    いいのかあ?
    東京裁判のパール判事を称えた人やで~
    安倍首相と日印原子力協定を締結した人やで~
    対北経済制裁にも積極的やで~

    もちろんインドの戦略に沿った行動だけれども、日本と利害が一致することが多いということね。

  2. 日本の明治維新の原動力は、
    清朝がすでに欧米の諸国にレイプされ
    植民地化された事態を是が非でも避けねば
    という強い危機意識にあった

     そんな覚悟も時代認識も地政学的な己の立場も
     何もかも認識できなかった李朝朝鮮があたかも
     その当時に当事者意識があった如く
     物申すは笑止千万でござろう

    ええぃ、下座に控えおろう

  3. チャンドラ・ボースの従兄弟らしいね
    中村屋のインド人
    中村屋の娘と恋仲になって結婚、子は二人
    結婚を機にインド独立運動からは抜けたらしい
    流行り病で妻と子を失うが日本にとどまり続け
    日本のカレー文化振興に大いなる力となったわけさ

  4. 31運動がガンジーに影響を及ぼした、なんて図々しいことを英語でも発信しているのかな?と「Gandhi 3-1 Movement korea」でググってみました。
    検索結果に表示されたいくつかの英文を読む限り、
    「ガンジーの運動より先の31運動」をアピールしたいみたいですね。

    hyunjinmoon.comというところの記事を読んでみたら、
    国際非暴力デーがガンジーの誕生日だが、来年が31運動の100周年なので世界的な注目を集めたい、ということらしいです。
    (記事では「世界的に注目を集めている(キリッ」な感じでしたw)

  5. 永らく中国様の一番の子分と云うのが至高の地位と感じてきたんです。戦後はアメリカ様の一番の子分。本人達はそう思ってきたんです。
    しかし、その時々の親分に対する忠誠心などは当然持ち合わせていません。虎の威を借る事しか考えていないんですから。そういう価値観しか持っていないんです。そんな朝鮮人に、日印の関係は理解出来ないのが当然です。
    もうすぐ、南北で中国の一番の子分の地位を取り合う事になるでしょう。

コメントは受け付けていません。