韓国の総理が出した「立場文」全文

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

韓国のイ・ナクヨン総理が、総理名義で日本の対応に関して立場文(当面の状況について論じた文)を出しました。

こちらもまた、二つ前のエントリーと同じく、「最高裁判決について」ではなく、「日本の反応について」となります。全文を載せてみます。

日本語としてはの不自然な単語・文章があるかもしれませんが、それは出来る限り直訳したせいです。機械翻訳などは使っていません。

 

<「韓国司法部の強制徴用判決に関した日本政府の態度について」

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

日帝強占期、韓国人強制徴用被害者たちに対する大韓民国大法院の判決をおいて、日本政府指導者たちが過激な発言を続けていることに深い憂い示す。

日本政府指導者たちの発言は妥当でもなければ、賢明でもない。

司法部の判断は、政府間の外交の事案ではない。司法部は法的判断だけをする機関であり、司法部の判断には政府が介入しないことが、民主主義の根幹である。日本政府指導者たちも、それを知らないはずはないだろうと思う。

大韓民国大法院の判決は1965年の日韓基本条約を否定するものではなく、その条約を認めながら、その土台の上で条約の適用範囲がどこまでなのかを判断したものである。判決文はそれを明らかにしている。

私はこの問題についての言及を最大限自制し、政府関連省庁と民間専門家たちの知恵を集めて対応方案を用意するために努力している。

日本政府の指導者たちが大韓民国司法部の判断について不満を言うことはできる。しかし、日本政府の指導者たちがこの問題を外交的紛争にしていこうとしたことで、私もそれについての意見を言わないわけにはいかなくなったことを、遺憾に思う。

日本政府の指導者たちの賢明な対処を要望する。韓国政府は強制徴用被害者たちの傷を癒すために最善を尽くすだろう。韓国政府は、韓日関係が未来志向的に発展することを望んでいる点を、繰り返して明らかにする。>

https://news.v.daum.net/v/20181107184714494

 

約束でもしたかのように、各政府機関から日本に抗議する内容の発表が続いています。

この文は、特に「感情的だな」と思いました。まるで、大人が子に「仕方ない。一言叱ってやるか」な感じの内容です。わざわざこんな文を発表する理由があるのでしょうか・・

しかし、去年12月の慰安婦合意検証結果発表の時からずっとそうことですが、文大統領、本当に人の後ろに隠れて、出てきませんね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

178+

“韓国の総理が出した「立場文」全文” への97件の返信

  1. 日本からもらって、ポッケナイナイした金を、利子付けて国民に返すだけの簡単な仕事なのに、そんな簡単な事すら出来んのか韓国政府は。
    無能な大統領ですね。(笑)

  2. いいかげん立場にふさわしいものの言い方を学んだ方が
    いいと思うんですけどねえ。この「叱りつけ」ごっこを
    やめないとどんな言葉も逆効果ですよ。

  3. こんばんは。
    本件とは多少ずれますが、G20やAPEC会合に合わせての日韓首脳会談は事前アサインされず、接触があるとしても「偶発」な程度のようですね。
    偶発接触で話が劇的に動くのはあり得ませんから、日本側の待ち姿勢は一種の圧力になるんでしょうか。
    韓国政府の発表がどういった視点にあれ、この事態で日本と首脳疎通が無い事態は、韓国政府は余所からの見られ方で痛く響くのではないでしょうか。
    河野外相がブルームバーグのインタビューで強硬度の発信をしていますから、カンギョンファ外相も直接コメントを出さねばならない状況ですが‥‥
    ムン大統領が問題に正対しないから、外相はかなりキツい立ち位置になっていますね。

    しかしムン大統領、外相を生贄にでもする気なんですかね。

    1. さすがに
      韓国側もすべて織り込み済みでしょ。
      今のところ、ほんの少しだけ日本側の対応がいつもよりキツイくらいにしか感じていないはず。

      多くの日本メディアが勘違いしてるのは、韓国側も日韓関係を改善したがってるだろうと希望的観測を垂れ流してること。

      ブン政権は「北>>>韓国>アメリカ>中国>日本」くらいにしか考えていないでしょ。
      「反日」を最大限に利用するはず。
      韓国には朝鮮戦争時に身内が犠牲になった根強い「反北」も多いんでしょ。
      反北は無くして、その分を反日を増やすなり強めるのは、統一へ向かっての第一歩くらいにしか考えていないはず。

      1. 北しか考えてないにしても、判決に対する対応をウヤムヤにしていると原告からの突き上げが激しくなって支持率が低下する。
        同様の訴訟が続くから、政権の命取りになりかねない。

  4. 最終的に解決してるんだから適用範囲も何もあるかよ。
    漏れてるのがあるなら韓国政府が払え。
    慰謝料が発生しようがそれを払う義務は韓国側にある。
    それがお互いに合意した条約の内容だろうが!

  5. 日韓基本条約を否定すれば、明らかに自分たちが不利である事は流石に理解できているので、不法な植民地支配の下での違法な行為に対する慰謝料を請求するという詭弁を弄しているわけですね
    これによって南朝鮮は条約を否定などしていない民主国家であり、徴用者というかわいそうな被害者の人権問題を訴えるという戦略でしょう
    同時に南朝鮮の国内での争いである建国問題と、日本の併合自体を違法としたい願望への布石でもあると思います
    朝鮮人の大半は単に条約締結時より南朝鮮は力をつけたので、もっと良い条件で締結し直せるという、単なる侮日と朝鮮特有の力の理論しか考えていないでしょうが、政権は上記の事を虎視眈々と狙っていると思います
    ただそれがSF条約が絡んだり、植民地を持っていた現在の先進諸国へも飛び火する内容である事には全く気が付いていないのではないでしょうか?
    日本はまずこの点を使って国際社会を味方につけるべきでしょう
    また同時に早期に対策を打つことで、状況が停滞している間に勝手に折れかねない訴訟対象企業を保護し締め付けるべきです
    今回のこのコメントも如何にも朝鮮人らしい詭弁と論理のすり替え・一部事実を隠したねつ造に溢れています
    この2~3日で出揃った南朝鮮の反応から見るに、あちらは日本への自制を求めつつ=制裁は回避しつつ、被害者理論を押し立てて日本を追い込む何時もの作戦で来るように見えます
    問題は弱者アピールが今でも非常に有効なことで、今回政府はそれをわかっているのか、迅速に各国や外国メディアへ手を打っているようです
    この後もビザ復活などの制裁を矢継ぎ早に打ち出すべきで、どうせ朝鮮人の言い分など詭弁と嘘捏造しかないので聞く必要はありません
    出来るだけ先手先手の対応をするべきです

    1. 日韓基本条約を守る場合、

      二国間協議
       →第三者協議(国際司法裁判所など)
        →仲裁や応訴を拒否(韓国が)
         →制裁等のハードネゴシエーション

      という順番になります。
      韓国が2国間協議を無視したと主張できる状況は近いので、
      一刻も早く国際司法裁判所に提訴することが必要です。

  6. 判決が賠償金じゃなくて精神的な被害の慰謝料だから基本条約に違反していない
    という論法らしいですね
    それなら被害の証拠は?時効は?と言いたいですが

      1. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説:
        精神的被害に対する損害賠償をいう。民法は,不法行為について精神的損害の賠償請求を認め (710条) ,生命侵害の場合には,被害者の父,母,配偶者,子からの賠償請求を認める (711条) 。
        その賠償額は,厳密にいえば,財産的な損害ではないから算定不可能であるが,両当事者の地位,加害行為の悪性などを総合的に考慮して,裁判官が決定する。

    1. —————————————–
      日韓請求権並びに経済協力協定(略称)
      第二条・第三項
       (前略)同日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする。
      —————————————–

  7. シンシアリーさん こんばんは。
    一週間経ってこのコメントですかい、しかもムンたんはダンマリでww
    ま、もうじき三菱の判決が出るんですよね?そんときにもう一度、ウチらの太郎(河野か麻生のどちらかもしくは両方)が吠えるニダww

  8. >私はこの問題についての言及を最大限自制し、政府関連省庁と民間専門家たちの知恵を集めて対応方案を用意するために努力している。
    ダラダラしてないでこれを日本政府に伝えればよかったのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。