韓国政府「日本が強く応じるなら、韓国も相応の対応をする」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなどスマホでの表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

韓国の政府機関(外交部や大統領府安保室など)が、いわゆる強制徴用最高裁判決のことで、日本側の対応を強く批判しました。ソース記事でも書いていますが、これは韓国政府が日本の反応に対して示した、初の公式立場となります。

日本側は、韓国政府に「急いで対策を示せ」と言っていましたが・・韓国側は最高裁判決の対策ではなく、「日本の反応への対策」を発表した格好となりました。

JTBCの記事から部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・外交部が6日、記者団に送ったメールで「日本の責任ある指導者が、問題の根源を度外視したまま、私たちの国民感情を刺激する発言をすることについて非常に懸念している」「特に私たちの司法判断に、節度のない言辞で評価を下げるなど過剰対応することが、実に残念である」としました

・チョン・ウィヨン国家安全保障室長も昨日の国政監査で「日本政府が強硬に対応してくるなら、私たちもそれに相当する対応をしないといけない」と言いました

・今回の対応は、最高裁判決が出てきた後、日本政府の反発に関して韓国政府が出した最初の反論となります。いままで政府は、韓日関係に及ぼす影響などを考慮して慎重に対応してきました。しかし、日本政府当局者の発言の水位がますます高くなり、これ以上放置できないと判断したものと思われます

https://news.v.daum.net/v/20181107073459056

 

※追記

この内容が「外交部が形態メッセージで送った内容だ」という部分が話題になっているようで、ちょっとだけ追記します。

ソース記事本文では、「文字」となっています。これは、韓国で言う携帯メッセージのことです。多分、外交部担当の各社の記者たちに送ったメッセージでしょう。

ちゃんと外交部が送ったものなら、ソース記事本文にあるとおり「正式な反論」になるのは事実です。送った人が「某関係者です」とか「やっほーカン◯ョンファでーす」とかなら違うでしょうけど。

笑いどころは、『記者会見とかで外交部がちゃんと発表して、発表した内容をメールやメッセージで記者団に送る』のが普通である点です。

だから今回は、「記者会見など、対外的に見せるイベントが無かった」ということになります。「強い対応する」という部分と矛盾している気もします。

ちなみに記事のチョン・ウィヨン室長、文大統領が北朝鮮に送った特使団の事実上のリーダーだった人です。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

169+

“韓国政府「日本が強く応じるなら、韓国も相応の対応をする」” への80件の返信

  1. 「日本政府が強硬に対応してくるなら、私たちもそれに相当する対応をしないといけない」どこかで聞いたような・・・
    漁業交渉でしたっけ?
    「交渉決裂にともなう被害は日本のほうが大きい」、海洋水産相は4月上旬、「今月内に妥結しなければ“非常な決断”をする」と大見えを切った。
    もう11月なのですが・・・
    対応を今考えて中っていうのはこういう判決が出るように仕組んでいたけれど、判決後を何も考えていなかったという事なのでしょうかねぇ。

  2. 日本は少なくとも文在寅を
    叩き潰す方向に動いてますね。
    無能の癖に敵対行為するから。

    米国的にも使えない奴と言う
    認識だろうし「死んで貰う。」
    しかないでしょうね。

    韓国政府は国際社会の
    厳しさ身をもって思い知れと。

  3. motton さん,判決文邦訳のご紹介ありがとうございます.
    で,個人的にまとめてみました.

    【判決の要旨】

    A.今回の訴訟は植民支配という不法行為に対する慰謝料の請求である.

    B.日韓請求権協定は日本の不法行為を認めていない,したがって,協定では不法行為に対する慰謝料が含まれていない.

    C.協定により個人請求権が解決したと韓国内で認識され,これまで請求権を行使できない状態だったため消滅時効は完成しない.

    【namu的な解釈】

    ① 日本統治は不法であったのか.韓国内では不法としても,国外の企業に韓国の国内的法解釈は適用されない.
    (この判決は韓国人が国外で韓国法的に違法な被害にあった場合,韓国裁判所の管轄権を拡大し国内法で裁くことをも意味する)

    ② 日本の企業である被告は日本国内法では合法であり,仮に日本統治を不法とした場合でも それを構成した責任は日本政府に継承されている.したがって,当事者の一方は日本政府であったとは言える.

    ③ 日本政府は韓国政府と請求権協定を締結し解決した.仮に韓国政府が日本統治を不法,日本政府が合法と認識し両者に理解に齟齬があったとしても,それを含めて合意を形成した結果 協定が成立した.
    この協定で韓国政府は不法であったとの認識のうえ日本政府の請求に対する責を継承したので,請求は韓国政府に行うべきである.

    なお 判決を強制的に執行するのは行政行為だ.国民の権利保護のため国外へ向けて行政上の活動を行うのは外交的保護権の行使となる.本件について韓国行政庁の条約遵守以外の行動は,情報の発信を含め条約違反となりうる.

    どんなものかなぁ・・
    法曹人ではないので色々不備があるかも知れないが,現時点での一般人レベルの解釈としてこんなものでは如何だろうか.

  4. >>「強い対応する」という部分と矛盾している気もします。
    つまり北朝鮮がよく使う「無慈悲な対応」と同じですね(笑)。
    どこかで「韓国人は相手を煽る割にその耐性が無い(攻められると弱い)」といった書き込みを見ましたが、たしかにこちらがじっとしていると2歩踏み込むが、こちらが1歩踏み込むと3歩下がるところがあるのかもしれません。

  5. ・オイラが7日、シンシアリー のブログに送ったコメントで
    「南朝鮮の無責任な指導者が、日南基本条約及び日南経済・請求権協定の根源を度外視したまま、日本国民の国民情緒を刺激する暴挙を奮うことについて非常に懸念している」
    「特に私たちの二国間条約に、節度のない不当判決で評価を貶め蔑ろにし、更なる金の無心をするなど卑しくも浅ましい物乞いをすることが、実に悪辣卑劣である」とコメントしました

    ・オイラは再びこのコメント欄で
    「南朝鮮政府が強硬に対応してくるなら、私たちもそれに相当する対応をしないといけない」とコメントしました

    これと何が違うのか?、程度で言えば一国の政府高官の主張が余りにも陳腐過ぎてシンシアリーのブログ閲覧者が書き込むコメントとそう大差無いのではないかと思えてならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。