菅官房長官「最高裁判決が確定した時点で韓国は国際法を違反したことになる」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

イ・ナクヨン韓国総理の「立場文」に対し、菅義偉官房長官が「協定とは司法部も含めた国家全体を拘束するものだ」と反論し、韓国政府に早く対策を用意しろと促しました。

聯合ニュースから部分引用してみます。

<菅義偉・日本官房長官は、李洛淵(イ・ナクヨン)総理が最高裁判所の強制徴用判決に対する日本政府の指導者の過激発言に懸念を示したことについて、「直ちに適切な措置を取ることだ」と重ねて要求した・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・日本政府のスポークスマンである彼は、8日の定例ブリーフィングで、「日本政府の指導者の発言は妥当でもなく、賢明でもない」としたイ総理の前日の発表に対する日本政府の立場は何なのかという質問に、このように答えた。

菅長官は「韓国最高裁の判決は、日韓請求権協定に明らかに反するもので、非常に残念」とし「協定は、司法部を含めて国全体を拘束するもので、判決確定の時点で韓国による国際法違反の状態が生じた」と重ねて主張した。

続いて「韓国政府に対し、国際法違反状態の是正を含め、すぐに適切な措置をするように要求している」とし「韓国政府が具体的にどのような対応を講究するのか、注視していく」と付け加えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20181108114833773?rcmd=rn

 

「韓国政府が対策を講じるべきだ」というのは、言い換えれば「韓国政府が賠償しろ」という意味になります。安倍総理、河野外相、菅官房長官の言葉が、共通的にそれを表しており、「それ(韓国政府が賠償すること=日本の戦後処理はすでに済んでいるから、韓国の司法部がどう判断しようと責任は韓国政府にある)以外は国際法違反として扱う」というスタンスがわかります。

だから「国家そのもの(国全体)」という話も出てくるわけです。

韓国側の反応は、基本的に大統領が隠れて「私は知らない」を繰り返します。朴槿恵政権からの「民間がやったことだから知らない」、文在寅政権になって「司法部がやったことだから知らない」などです。

ただ一つ差があるなら、朴たんは「この件(いわゆる強制徴用判決)が確定した場合、韓国という国家そのものが対象となり、『知らない』が効かなくなる」と予想していたのかもしれません。でも、文たんは、それでも「私は知らない」を続けています。

 

とはいえ、大統領には公式演説のスケジュールもありますから、いつまでも外交部長官や国務総理を盾にして、何も言わないでいることはできないでしょう。さすがに演説の場で「何も言わない」と、袋叩きにされるでしょうから。

公式演説というと、もっとも早いのが・・確か、1月2日~4日の間に、大統領の新年演説があったはずです。その場で、文たんが何をどう言うのか。気になるところです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

197+

“菅官房長官「最高裁判決が確定した時点で韓国は国際法を違反したことになる」” への142件の返信

  1. 朝鮮の内政では、内部の抗争相手を倒す為に外部の国なり勢力を利用する&引き込むなんかは常道ですから
    日本政府としてもムン従北政権の保守派(軍事政権支持者)潰しになんか利用されたくもないでしょう
    今の韓国がグダグダの旧韓末ぐらいだと仮定すれば、「関われば巻き添えを食うぞ」みたいな考え方も日本の政権内ではあるでしょうから、緩やかに制裁をするぐらいでも間違いではないですね

  2. 極わずかな可能性として、「原告は徴用工とは必ずしも断定できない。判決を徴用工判決とするには不十分であり、国際裁判所での案件としては事前に検討する必要がある」と先に延ばす。
    最高裁判決だけど、ちょっぴり痂疲があるかもしれないから国際司法裁判所で争うなんて早すぎると逃げる。
    「おばあちゃんたちは年をとっていて、記憶があいまいになっているから証言が間違うこともある」という慰安婦と同じ。
    ただし、もう次の徴用工たちがスタンバイしているようなので無いでしょうけどね。

    1. 原告が存在するかどうかは問題じゃなく、条約の内容を否定したことが問題ね。

      スガさんのコメントは、被害者の認否の逃げ道を塞いでいます。

      韓国は意に介さず、そこに突っ込んでくるかもしれないけど、国際的な舞台で展開するなら「お前何言ってんだ?」レベルの言い訳にしかなりませんね。

  3. じれったいよね
    改憲し武力行使可能にしなければ 舐められっぱなしだよ
    まあ 半島のデタラメさを世界中に知ってもらい それから制裁→断交 ってのが一番かな
    関わりを 減らして行こう

    1. う~ん
      ムンたんとしてはこれでいいのじゃないかな…
      ムンたんの目的は日米に、日米の側から切り捨て通告をくけたいんじゃないかな。
      韓国から、国交断絶逝ったんじゃない、日米が悪いってさ…
      まして最高裁判決で、行政としての自分は手は汚さないで済むと…

      韓国人自身がそれを十分認識してるのかは怪しいけどさw

  4. ムン・ジェイン政権が 朴クネ時の最高裁付属機関の元次長を審理遅延の犯人として職権乱用で,何と判決3日前に緊急逮捕させ, 最高裁判事らを反日派に代えて, 大法院(最高裁)が前政権下で5年間審議凍結だった訴訟を強引に最高裁に差し戻しさせたのが真相. 賠償判決も国民情緒法で文政権の反日意向を受けたものだった.
    ムン・ジェインは徴用工という 頭打ちの慰安婦問題に代わる新たな反日政策を始めたが, 目論みは外れ, 10億円の慰安婦合意の裏切りで勉強した(らしい)日本政府は強硬な態度.
    国民情緒法が最優先される韓国では,今後国民の不満と怒りが爆発すれば 収拾が付かなくなるのがあの国. 司法が国民感情に合わせて判決を出す国民情緒法があり, マトモな判決を出したら社会から袋たたきで抹殺されて終わりで法治国家ではない. メディアが世論と国民感情を煽り, 全て“その時の世論と雰囲気” が決める.
    1992年の民主初選挙を経て翌1993年,初の民主的文民政権が発足. 民主政治まだ25年で三権分立など未熟な政治. 結局,根底には併合を植民地支配だったとする, 日帝統治への”1000年の恨”がある.

  5. 韓国側が主張してきた「植民地統治は不法行為である」が初めて判例として確定したわけだが、北朝鮮と日韓の左翼は「これに応じろ」と言ってるわけだ。日韓断交、米韓同盟破棄、そして赤化統一と、実現すれば共産主義者にとっては歴史的な勝利となるだろう。

  6. シンシアリーさん こんばんは。
    いやいやムンたんが来年までノーコメントを貫けないでしょう、来月三菱の判決もあるし、ウチの太郎さんがまた吠えるでしょ。いやでもコメント出さないと、ムンたんが追い込まれるでしょうにww

    まぁ、悪辣なチョッパリwwである小生は、日韓関係が今後どうなろうと、あまり興味がありません。所謂「慰安婦問題」も、アサヒの誤報が合ったとはいえ、政府が言うべき時にナァナァで済ました結果なので、自業自得と思っております。

    しかしながら、今回の韓国大法院の判決には納得がいきません。母方の父である爺ちゃんが戦没者で、婆ちゃんと母ちゃんはそれぞれ、弔慰金や特別給付金をもらってました。
    でも妻である婆ちゃんは早く亡くなったし、子である母の給付金は雀の涙で(まだファンドがあるらしく現在は年額50,000円ww)、給付総額は1,000万円にも満たないでしょう。

    朝鮮人も当時は同じ日本人。戦没者遺族より、命に別状無かった本人や遺族が、請求権協定を反故にして慰謝料受けられるなんて合点が行きません。

    本件で、もし日本政府がブレたり、企業が判決に応じたら、今後どのツラさげて母と暮らし、また爺ちゃんの眠る靖国神社に参拝出来るのだろうか・・・
    長文スマソ

  7. まあ、国際法が上か、自国憲法が上かと言えば、自国憲法が上だと思いますけどね。
    そうでないと民主主義の大前提の国民主権と言うのに反してしまいますから…

    で、国際社会において、国際法を順守させる力というのは自力救済ですから…
    国際法に違反したかどうかの認定は、自国の主張とその制裁行動に対しての正当性を与えるものでしかないと思っています。
    国際信用というのも関わってきますがね…

    国際法が上だ、条約が上だとやってると、トランプ氏やイギリスのEU離脱、ソ連の対日参戦なんかね…w
    結局、力関係っていうような部分もありますわ…

      1. それも間違いだ。もちろん批准しても構わない。ただし、国際法のほうが当然上だ。国内法を盾に国際法破りは許されない。

        1. ば、ばかな!?
          今日は泥酔状態ではないというのか!?
          まともな日が輝いて見える…

          飲む5秒前?
          (′・∀・) っ【枝豆】 ㌧

          1. >七誌
            2018年11月8日 19:52
            それも間違いだ。もちろん批准しても構わない。ただし、国際法のほうが当然上だ。国内法を盾に国際法破りは許されない。

            >七誌
            2018年11月8日 21:23
            国が条約を破棄するのは、国際法で認められている権利です。韓国には日韓基本条約を破棄できる権利が認められていますよ。

            よくわからんw
            前者で
            「国内法を盾に国際法破りは許されない。」
            といいつつ、国際法に内包されるとする条約について、
            「国が条約を破棄するのは、国際法で認められている権利です。」
            というw

            「国際法」と「条約」は全くの別物、という理解なのだろうか?
            Wikiより「国際法」
            >条約、慣習国際法、法の一般原則が国際法の存在形式(形式的法源)とされる[2]。

            七誌氏の言い分をまとめてみようw
            「国内法を盾に国際法を破ることは許されないが、条約を破る権利はある」・・①

            誰か、私にわかるように解説を願いたいw
            ①をもっと簡単に言おう。
            「国際法を破ることは許されないが、条約を破る権利はある」
            ・・・理解できます??
            逆にいえば
            「国内法を盾にしなければ」、「条約を破る権利はある」
            ということ?

            条約は国際法の存在形式なのだが。

            国際法と国内法の、どちらが優越か、は議論のあるところである。
            前述のwiki「国際法」には、こういう記述もある。
            >(国際私法と国際公法は、)国内法制度における私法と公法の関係のように両者が対立的な関係にあるわけではない[1]。

            私は国際私法と国際公法のように両者(国際法と国内法)は対立関係にはない、と捉えるのが正しいのではないか、と思っている。

            国際法>国内法
            であれば、違憲な国際法(条約)を、(内閣が締結し、)国会の批准という手段で憲法改正より容易に達成できることになる。

            そもそも国際法は、
            対象は「(主権)国家」であって、国内法のように「人」(主として「人(自然人、法人)」、または「国内の人対国家」)ではないので、次元が違う、対立するものではない、という理解が必要だと思う。

            七誌さんは、国際法をどういう理解されているのか、疑問となるのであるw

            どなたか、七誌さんの論の解説をお願いしたいw
            私には何を言っているのか理解できないw

            国際法は「(ヤクザ)国家同志の仁義」である。
            というほうが、スッと理解できる。

            最終的には「力関係」なのだ(国際法を守らせる警察や検察、裁判所というようなものは、実質存在しない、という理解)。

            「根拠がない」とされたシナの南沙諸島の埋め立てを、誰か(どこかの国)が強制的に守らせたか??

          2. 「国際法は、国家同志の仁義」

            だから、前にも書いたように、
            「日本は韓国に日韓条約(略称)を守らせるように」しなければならない。
            日本が何もしなければ、「破った者勝ち」で「日本に力がないから日本が悪い」ということになる。

            同時に、「条約順守能力のない韓国は、文明国ではなく、主権国家とは他国が認められない」から、排除(ハブに)される。
            具体例は「美術品の貸与の拒絶」「各種国家間協議の拒否(通貨スワップ、経済協議など)」に現れている。

            韓国に、「フランスが美術品を貸してくれないんですぅ」と訴える場所はないw

          3. もうちょっと書こうかなw

            国際法は国内法に優越する!
            とする。
            条約は、国際法の存在形式のひとつだ。

            アベ総理(仮名としてカタカナ表記)が、自衛隊を合憲とする以上に、「軍隊を持ちたい」という希望があるとする。
            日米間で(通牒し)、「日本は軍隊を持ち、、」という条約を、アベ内閣が締結し、国会で批准されたら成立する。衆議院の優越もある(長くなるので調べてほしい)。

            憲法(司法)はこの条約を否定できないことになる。

            これで、
            「国際法は国内法に優越する」と断言できる知性を私は疑うのだがw
            (一応、言っておく。「国内法(憲法)>国際法」と言っているのではないよ。次元が違い、対立関係にない、と言っている)

            ただこの辺は、最初に言った通り「議論がある」ようだ。
            私も以前調べたことがある。
            私なりの結論は、
            ・両者は対立関係にない
            ・国際法はヤクザの仁義
            だw

        2. まあ、もともと日本国憲法でのというか、法律論においても論争のあるところですから…

          で、その国際法誰が守らせるの?
          国際社会に法を執行する警察なんて存在しませんが?

          条約違反をしたソ連は処罰を受けた?
          現在進行形のアメリカのNFTAとか、イラン核合意の一方破棄とかは?

          日本国憲法において国会は国民意思(投票)と反対の条約批准が可能だけど? その場合国民はどんな不平等条約でも覆せないの? 選挙結果はあくまで国内法だよ?
          国民主権と違う問題だというなら、国民意思と違う条約批准のその正当性ってなに?

          国際法は、国家間が無駄に戦争という血を流さないで円滑に関係を結ぶための信用協定みたいなものでしかないと思うけどね。

          1. >信用協定
            ですね。だからこそ、守るために努めるんですよね。ですが信用の何たるかに対する理解が浅かったり、信用からの受益を得る経験が少ないと相手を縛るものにしか見えないのかもしれません。

            血で血を洗ってたどり着いた、それなりの合意を覆す行為であることが最大の問題点であり決して認められない理由なんだよなぁ、なんてことを思いました。

          2. 国が条約を破棄するのは、国際法で認められている権利です。韓国には日韓基本条約を破棄できる権利が認められていますよ。

  8. 文さんは本当に卑怯な人ですね。慰安婦財団の解散も何か言ったような言わないような感じでお茶を濁して。
    この件も「日本との協定は破棄しないが、国内司法の判断は尊重する。」とか、何か言ったようで何も言ってない反応をするんじゃないでしょうか。そして何もしない。

    1. それって、韓国政府が賠償すれば治まるんですけどね。
      そもそもその分、受け取ってるわけですし…

  9. >「韓国政府が対策を講じるべきだ」というのは、言い換えれば「韓国政府が賠償しろ」という意味になります。

    それだけで済む問題ではない。このような判決が出る韓国が問題なのだ。このようなことが生じないように韓国は国内法の整備を行わなければならない。
    人外の国にできるとは思わんが

  10. 当たり前の事ですが、日本の安全保障を害するモノは全て日本の敵です。
    日本人も戦後教育の呪縛を自ら解きつつあります。
    しかし、先日議員会館で会見した弁護士と学者などの何とまあ愚かな事。
    名を連ねた連中は95人にも上るそうで・・・
    日本の学者や弁護士を含めた連中が今までどれだけ(責任を放棄し)旨い汁を啜ってきたかが分かります。
    隣国関係含めてこの現実を白日の下に晒した安倍政権には感謝しかありません。
    今後日本国内の歪みや闇も一般人が明確に理解できるようになるでしょう。
    その上でこれからの日本をどうするか、現実と未来に真剣に向き合いどう行動するかという本来の姿を取り戻す事になるのです。
    個人も国も主体は自分であり他人任せでは得たい未来は掴めないのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。