新刊、<「徴用工」の悪心>のご紹介

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

思えば、アメブロでブログを書き始めた頃、メインに扱っていたのは、「韓国は併合時代を違法だとしている」「韓国は併合時代を否定しながら生まれた国」などの持論でした。韓国の憲法前文を持ち出すなどして、「どうすればうまく伝わるのか」と自分なりに熱心だったことを、今でも覚えています。

2018年になって日韓両国で大きな外交問題になっている、いわゆる「強制徴用裁判」の核心もまた、そこにあります。

 

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

執筆期間的にかなり無理がありましたが(私だけでなく、扶桑社の方々もそうでした)、他でもない「この件」の執筆依頼が私に来た時には、本当に本当に嬉しかったです。

発売日は、アマゾンの発売日表記だと今年(2018年)12月27日、題は<「徴用工」の悪心>となります。

なぜタイトルの徴用工に「」がついているのか、多分、「本当は徴用工ではない人たちも大勢含まれている」からだと思われます。

 

今回の件は、歴史問題ではなく戦後の国際秩序の問題であり、善悪の問題ではなく法律(国際法)の問題であります。それは、韓国という国の『生まれ』そのものとも関わっています。

核心は、併合時代が合法なのか違法なのかの議論であり、「韓国最高司法機構の合法は国際法の違法」という側面が最大に強調されるべきであります。

韓国の言う良心(正しくあろうとする心)は、日本へのアクシン(害を及ぼそうとする悪しき心)である・・それが、国際法にまで影響するようになってはなりません。

この議論がもっと広がってくれればと願い、原稿を書きました。

ブログ読者の皆さんだけでなく、今回の件で日韓関係の歪みの深さに気づいた方々にも、自信を持ってオススメいたします。

アマゾンリンクはこちらとなります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

174+

52 Replies to “新刊、<「徴用工」の悪心>のご紹介”

  1. 最近の韓国人たちは都合が良ければ合法、悪ければ不法と支離滅裂。
    とても付き合ってられない。

    1. それはまったくの間違い。
      都合が良ければ合法、悪ければ違法と、首尾一貫しているんですよ。韓国人は。

  2.  「日韓併合条約」を、どうやったら否定することが出来ますか。

     韓国(大韓民国臨時政府史観)がやっていることは、「日韓併合条約」を無視し軽視し、あたかも無かったかのようにしている。日本の自虐史観も、都合の悪い部分を無視し、無かったことにしている。GHQ史観・連合国史観も、基本的には同じだ。
     いまや、当時のルーズベルトの行動が暴かれ(「裏切られた自由」など)、当時の共産主義工作員の行動が暴かれ(「ヴェノナ文書」など)、これまでの歴史観は修正に向かっている(必死の抵抗を受けているが)。

     江崎道朗 氏によると、米国の保守派の間では、すでに受け入れられているらしい。
    ・https://www.youtube.com/watch?v=CSIURyJOUpE
    (1:59:20付近から)

      1. 日本との戦争は中国ロシアにアメリカが騙された。両共産党に騙されたのだ。

        絶対に共産党を許さない。

    1. 迦具様
      貴殿の意見は、ごもっともですが、
      シンシアリー氏が過去にも述べている「機能的文盲」が、
      超汚染国のハングル愚民!だもの?
      「難しい文章など、例え読めても、内容をまったく理解できない」のだから、無理です!

  3. 楽しみにしています。今現在起きている事でもあるので沢山の方々が読んでくださると良いですね。

  4. つか海外に逃げ出した負け犬両班の歪んだプライドがそっくりそのまま建国理念として受け継がれてるからじゃねーの。竹島占拠も在日朝鮮人犯罪者の解放も根は同じだろ。

    でも白人の嫁さんもらってるからうらやましいぜ。

  5.  <「徴用工」の悪心>
    これは絶妙なタイトル.⁂蓮華さんも書いておられるが,片方に着目するなら[あくしん],そしてもう一方の気持ちは[おしん]だものねぇ

    扶桑社の担当さんに座布団進呈したいなぁ

  6. そうですか、本はもうすでに書き上げてしまったのですか。
    なら、仕方がない。

    日本のマスコミでもなかなか掴めない
    (敵の正体)について、教えていただければと
    思っていたのですが。

    不二越の本社や工場に、嫌がらせの座り込み抗議デモを
    行っていた人のプロフィールや、
    2014年に不二越からせしめた2000万円のゆくえ

    そして、一番知りたかったのが、
    ムン大統領と、その団体の関わりでした。

    一番最初に徴用工裁判で、弁護士を務めたのが
    ムン大統領という噂があります。
    けど、あくまでも噂なので真偽のほどはわかりません。
    もしも不二越に嫌がらせを続けていた団体と
    ムンに関わりがあったならば、
    徴用工問題の黒幕は、ムン自身ということになる。
    そうなると、徴用工裁判の判事達に、自分の息のかかった連中を送り込んだり
    元判事達を逮捕しているのも、きれいにつながりです。

    徴用工裁判の真の黒幕は、なんと現職韓国大統領だった…
    という展開を期待してたんですけどねぇ

    それならば、日本政府がめずらしく怒りを隠さないのも納得なのですよ。
    クネの時にはずっとやさしかった。けど、ムンに対しては明確に敵視しています。
    外務省は色々と掴んでいるんだろうけど、それは内緒。
    内閣に入っていない石破茂は、その辺の情報を貰っていないから
    まだまだ韓国に対して警戒心がない。

    12月にも数件の判決がでるし、訴訟最多の不二越は来年の1月23日に判決が出るらしいし
    騒ぎになるのは、これからなので、続編も視野に入れるようお願いいたします。

    終わったことではなく、これから騒ぎが始まることですからねぇ。

  7. 「不法な植民地支配」と韓国は言うが、そもそも当時はそのような国際法は無く英米等の列強が歓迎した事実がある。
    国債学術会議でも合法となっている。
    恨むなら大韓帝国の君主・純宗を、
    日韓請求権を恨むなら高木正雄(朴 正煕)を。
    そして、当時大韓帝国の民間団体の「一進む会」が
    「ロシアより日本と合邦を要望していた」
    寺内正毅統監と李完用首相により調印され合邦された。これが違法?不法?

    韓国は国民に歪曲捏造歴史を教え、真実を言明すると社会的に抹殺される、
    言論の自由の無い北と代わらない言論弾圧国家だ。

  8. 日本政府としては、年末までに韓国側が対策を出さなければ、制裁措置を取る方針みたいですね。
    大きく動き出すのは年が明けてからでしょうか?
    来年は、韓国という積もり積もった弊害を精算する年になるかも知れませんね。

      1. 「年内に、日本に対して賠償を要求しないとする韓国政府の立場表明がない場合、来年初めに国際裁判手続きと一部対抗措置に入る」という言い方なので裁判も制裁もどちらもですかね
        一部対抗措置がどういうものになるかは分かりませんが

  9. 思えば遠くに来たもんだ。

    安倍総理、トランプ大統領、文在寅、習近平の役者が揃わなければどうなっていたことやら。

    お疲れ様でした。この数年間は時限爆弾を解体するかのような時間でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。