韓国人の道徳は上下関係にあり

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

小説「白馬江」の作家、チョン・アンギル氏は、ブログでこのように主張しました。

「法律が多い国は未開だ」、「道徳を破る人が多いから法律ばかり増えていく」、「法律が増えると民の道徳心が弱くなり、前科者ばかり増えていく」。

確かに、法律が多すぎるのは考えものですが・・どうでしょう。道徳と道徳がぶつかったときには、どうするつもりなのでしょうね。私の心が曇っているからか、私にはチョン氏の意見が、「法律が無いと前科者もいなくなる」に見えてしまいます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国人がなぜここまで道徳を強調して法律は邪魔だというのか。

基本的に、韓国人が言う道徳とは「上下関係」だからです。法律は、平等関係を基本とします。だから相性が悪いのです。

人が道徳を学ぶ基本の中の基本となる家族も、学校の友だち関係も、韓国人にとっては上下関係の反映ですから。

 

昨日、外交部の人が日本に道徳を強調したのも、「法律的な判断基準を無くせば、道徳でなんとかできる」と思っているから、じゃないでしょうか。

その道徳もまた、上下関係にすぎません。

悪なる加害者日本と、善なる被害者韓国の関係です。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

158+

129 Replies to “韓国人の道徳は上下関係にあり”

  1. なるほど、つべこべ言わずに上位にしたがえ! な朱子学ですね。
    →『日本は感情的にならず心のゆとりを持て。基金を出し被害者に謝罪と賠償すれば許すと我々は言ってるだけだ』by 韓国元外相

  2. 韓国と日本の道徳の違いってあるのかな?と思ってしらべたら、
    ちゃんと論文がありました(笑) 
    最大の違いは、道徳を身に着けるのに「知識」が必要かどうか?といったことらしいです。

    ・韓国の場合=自分と、私たち・他の人、社会・国家・地球共同体、自然・超越的な存在との『関係に関する正しい理解をもとに』人間の生に必要な道徳的規範と礼節を学ぶ。

    ・日本の場合=自己の生き方を考え,主体的な判断の下に行動し,自立した一人の人間として『他者と共によりよく生きるための基盤』となる道徳性を養うことを目標とする。

    なるほど。相容れないわけだ!

  3. 道徳の意味に違いがあるかも知れんが,仮にすべての人たちが100%道徳的に振舞う世界なら,法は不要だろうね,てか 意味を為さない.
      是諸法空相…不垢不淨

    でもさ そんな世界に上下なんて 無知なる迷い は無いんだよなぁ
      無無明 亦無無明盡

    では,最後に
      波羅僧羯諦…娑婆訶 般若心経 (合掌)

    1. 間違い。すべての人が道徳的でも法は必要。
      道路交通法がなければ、すべての人が道徳的でも車は正面衝突する。

      法と道徳では、その役割はことなるんですよ。
      ところが韓国では、道徳が法の上位概念になっていて、道徳に反する法も条約もスベテ無効になる。

      これが国民情緒法の正体。

      1. なんで朝鮮的な“道徳”て言葉に囚われるのかねぇ? まぁ 理由はわかるけどねぇ
        ちなみに衝突するなら しないように速度を落とすし,右か左へ寄るようになるだろう.人様に迷惑をかけない という道徳心があればね

        迷惑だから,返信はお断りしている.てか 返信する前に これまでの非礼の数々を謝罪したらどうかね?
        ああ 道徳的に上なアンタにゃ無理だろうね

  4. 韓国の道徳ってようは儒教ですよね。

    目上のいうことに、目下は絶対服従する。

    これが韓国のいう道徳。

    一方、日本の道徳は倫理です。人としての生きる道のことで、
    ここに上下はでてきません。

    自分と他人。社会の中の自分。公民といってもよい。

  5. 道徳が上下関係なんじゃなくて、上下関係を道徳と呼んでいるだけのような。

    日本で「中韓」と一緒くたにされる中国と韓国で一番違うのはたぶんこの部分。韓国社会はすぐに上下の人間関係が形作られるけど、中国は共産党内部ような構造があれば上限関係も出世争いもあるけど、社会一般にはない。

    血縁一族の結びつきは強く、その内部に長幼の序はあるけど、外に一歩出ると全員他人。他人とは意識的に関係(グワンシー)を作っていかないと、いつまでも他人のままなので、やたらと贈り物をする。関係があっても頼みごとをする際には賄賂が必要。それがなければ物事が動かないドライさ。

    韓国人の上下感はウェットな人間関係を知っている日本人だから通用するのでああって、中国人にはまったく通じないのはその辺かなと。

    1. いいえ、中国と韓国の中身はまったく同じなのです。ただし、中国人はそれを隠して、まったく表には出さないだけ。
      中国がチベットウイグルでやっていることを、特アは、日本に対してしたいんですよ。

      国教は破壊、指導者は国外追放と抹殺しての挿げ替え。さからう者は強制収容所。

      ある意味で中国のほうが特アの特性としては冷酷で徹底しているのです。もし中国が日本を占領したらどうすると思いますか?

      1. >七誌さん
        >いいえ、中国と韓国の中身はまったく同じなのです。ただし、中国人はそれを隠して、まったく表には出さないだけ。

        日本人と韓国人が違う様に、韓国人と中国人も民族性はちがうと思いますよ。
        中国人のほうが客観性がある。人間の本性や欲望なんて、そこはそんなに違いはないと思う。
        けど、中国人はそこを隠す。なぜなら他人からどう見られるのか?が、分かるから。
        けど、韓国人はそこを隠さない。なぜなら他人からどう見られているのか?が、分かっていない。
        中国人は客観性もあるし、こちらがどのように考えているのか?も、考えるので
        話し合いが可能である。妥協ができる。
        けど、韓国人は話し合い自体ができません。こちらの考えを理解しょうとせず、
        一方的に、自分の話しを聞け!自分に従え。お金を貸せ!1円足りとも負けないぞ。
        と、妥協点を見つける気がないので、話し合いにはならないんだよね。

        そのことと冷酷で徹底しているかどうかは別の話。

        >もし中国が日本を占領したらどうすると思いますか?
        チベット人やウイグル人と同じ目に遭うと思っていますよ。
        それと日本の自然も環境も破壊しまくるでしょうね。

        1. >韓国人はそこを隠さない。なぜなら他人からどう見られているのか?が、分かっていない。

          韓国人がそこを隠しているから、道徳的なんちゃらーになっているわけなんですよ?単に隠し方がおかしすぎるために、日本には隠しているように見えていないだけで。

  6. 法というのは、実際には赤信号を渡ってはいけないというような、皆が守ることで、皆が快適に過ごせる規則である訳ですよ。

    ところが韓国人の法や条約というものは、善が悪を懲らしめるための手段なので、善は法に縛られない。

    不利な条約は悪人が国民を騙して強要されたものであるから、守らず悪人を吊るしてそれでおしまい。

    赤信号は自分が急いでいれば無視して構わない。
    儒教で言う法というのは、士太夫には適用されない。身分の低いもののみに適用される。

    だから韓国の金匙は法に縛られることがない。法を踏みにじってなお罰せられないのが、金さじの証明なんですよ。

  7. 道徳って
    国によって違うんですねぇw

    (・∀・)特に韓国w
    韓国の歴史を知っている者からすれば
    失笑どころか、嘲りまくりなんですけどw

  8. 法律には強制力がありますが、道徳に強制力はありません。
    (ものすごく大雑把にいえばですが)道徳は生き方の指針であり(~をしましょう)、法律は強制力を伴う行為の制限(~をしてはいけません)だと自分は理解しています。道徳を他人に強要するのはバカげていると思います。バカげているは言い過ぎかもしれませんが。
    法律と道徳とどちらが上なのかは答えることはできませんが、後先で言えば法が先にあってのその後に来るのが道徳のように思えます。
    己を律しつつ徳ある道を往くのです。
    己を利するのみで得ある道ばかり選ぶ人間は蔑まれるのです。

    1. 後先でいったら、道徳がいちばん最初で、法はずっと後ですよ。当然でしょう?
      近代法なんて、本当に近代に入ってからなんだから。

      1. ≫七誌さんし私が述べた後先というのは、法や道徳などの概念が成立した年代のことではなく、法を守ることが前提としてあった上で、道徳という指針に沿って生きる、つまり「前提=先」ということです。

        1. 道徳と法は、どちらが先かあとかではなく、別々に存在するもの。
          ところが儒教世界では、「道徳は法に勝る」という考えになっている。法を公表してしまえば、善人は処罰せざるを得なくなり、悪人は法の抜け穴をくぐると。

          だから近代法以前は、法は庶民には公開されなかった。これは日本でもそうですね。

  9. >韓国人の道徳は上下関係にあり

    道徳を重んじる韓国人にとって、北朝鮮は理想の道徳国家なんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。