韓国、「核兵器の無い世界」決議案に棄権・・理由は「日本が被害者だから」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国が、国連の二つの決議案、「核兵器の完全撤廃に向けた新たな決意を込めた共同行動決議案」と「核兵器のない世界のための決議案」に棄権したことがわかりました。

北朝鮮の核問題が具体的に指摘された「核実験禁止条約を勧告する決議案」には賛成した、とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20181206162101723

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

記事によると、棄権した理由は、日本が発議した「核兵器撤廃決議案」は「日本の原子爆弾被害だけ浮き彫りにされている内容だから」であり、

「核兵器のない世界のための決議案」は、米国からの核の傘の提供を意識したから、とのことです。

 

ただ、一つだけ・・

私だけでなく、大勢の方々が同じ意見を述べていますが・・韓国が反対しているのは「北朝鮮の核」であり、決して「韓民族の核」ではありません。実は、韓国は、北朝鮮の核兵器を欲しがっています。

今回の棄権も、あくまで「内心」として、そういう意味もあるのではないでしょうか。

邪推で恐縮ですが、「北朝鮮が日本にミサイルを撃つより、統一後の韓国が撃つ可能性のほうが高い」。それがもう一度書きたくなって、更新しました。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

163+

66 Replies to “韓国、「核兵器の無い世界」決議案に棄権・・理由は「日本が被害者だから」”

  1. 「日本」と言う固有名詞を聞くと、条件反射的に「反対」したくなって仕舞うのでしょう。幼い頃からそのような社会の中で育ってきましたからね。
    ところで「徴用工」予約しました、年末年始に読もうと思っております!
    楽しみです!

  2. 曲がりなりにも、厳しい環境でやってきた北と、甘やかされてきた南じゃやっぱり物事への対応力が異なるんでしょうね。

  3. K国が、北の核兵器を欲しがっているという意思は感じられるが私は南が主導できるものは無いと思う。北の資源なら、他の地域を選ぶ。低賃金労働力が欲しいなら、南の経済は空洞化する。同じなら、南を選ぶ理由が無い。もし、終戦合意をすれば北が南を侵食する事になる。それを忌避しようとすれば新たな対立が生まれる。南+北ではない。北の中に南が入ると言う事ではないか。

  4. 私もずっとそう思ってます。
    北朝鮮は策略を淡々と進める国で、中国っぽい部分があるように思うからです。
    北の狙いは着々と進められ、日米韓の同盟は崩れましたし、韓国の北の歓迎ムードまで出来ちゃってる。
    韓国の方が妄想激しい。
    しかも考えない上に無駄な行動力もある。
    北は自分では核のボタンを押さないと思います。韓国に押させる。そして世界には自分が押したのではないと言える状況にするだけの思考力はあるのではないかと。

    でもそういうと周りの人に苦笑いされます。韓国の方が馴染みがあり、北のほうが狂ったイメージがありますから仕方ないけども。

  5. いっそのこと、中国,北朝鮮,ロシア,シリアと共に「反対」してくれればよかったのに。どうせ気分は「反対」でしょうから。

  6. >「北朝鮮が日本にミサイルを撃つより、統一後の韓国が撃つ可能性のほうが高い」

    それほど韓国は世界が見えなくなっているという事では理解できますが、もし撃てば世界が黙っていないだろうね。
    これは、日本を守ることというよりも世界経済の保護のために朝鮮半島を潰す可能性がある。

    1. 冷戦は形の上では終結していますが、潜在的な核の脅威はアメリカも認識していて、基本的な核戦略ドクトリンは続いているという話は聞いたことが有ります。それを否定する言説も聞いた事は有りますがこっちは納得力が低い。
      アメリカの核ドクトリンはアメリカ及びアメリカの同盟国が核攻撃受けたらほぼ自動的に核報復するというものです。
      核を使用した側が同盟国でも、核を使用した時点でテロ国家と見なされて報復されるはずです。
      全面核戦争の核戦略ドクトリンは『悪魔のシナリオ』と言うべきもので、確実に統制できるアメリカ市民数十万人以外の地球人類を核に因って滅亡させるものだそうです(残留した国家が覇権を取らないように)。

  7. 確か日本も決議案に反対していたんじゃなかったかな?
    最終的に「核兵器がない世界を目指す」としても、「核武装しているならず者国家」「核を見せ合いながら対立している国家」「核を隠し持っている宗教国家」が存在している限り、日本はアメリカの核の傘下にあって、その有効性を否定出来ないから。
    日本でも核兵器使用という惨禍への制止力に成るなら、核武装すら已む無しという人達も増えてきているし。
    自身は「日本単独で核制止力になるほどの核戦力を持つのは不可能」と言うのが持論ですけど。

    1. 日本が反対した決議案とは2016年の「2017年に核兵器禁止条約交渉のための会議を開催する」決議案で、日本が発議したものでは有りません。

    2. 日本が核抑止力を持てないのは同意ですが、
      「なぜ」という部分にフォーカスした論が少ないのが気になります。

      ぶっちゃけ重要都市が限られており、領域が狭いので、
      核を4発、東京大阪名古屋福岡に1発ずつ通されたら詰むんですよね。これでは相互確証破壊が成り立ちません。
      中国とロシアは国土の縦深が深いので、北京上海香港と打ち込まれても遷都できる内陸都市がいくらでもあります。ロシアも同等。
      何発核を持っても先制攻撃で死ぬので、相互確証破壊が成立するのは、重要都市が少ない国だけで、そんな国は通常戦力だけで対応可能だという。

      1. 相互確証破壊でなくても、核抑止力にはなる。
        相互確証破壊ができないから、日本は核抑止力を持てないと説く人々の方が、わたしには日本に有害に思えるけど。

        日本が9条と非核3原則に縛られたままでは、いずれ中国は日本を支配しようとするだろう。民主党政権の体たらくを見てもそうだが。韓国のこれも、北朝鮮の核武装もそう。

      2. 日本の主要都市に大きな被害が出ても、相手の都市総てを焼き払う程の核で反撃できたら相互確証破壊は成り立ちますが。
        でもそれだけ作り貯めて置いたり、反撃用の核をどの様に運びどの様に隠しておくかって考えると、対費用効果が阿保らしくなると思うのですよ。
        かつて米ソには核ミサイルは3万基ありました。英仏が300発ぐらい持ってましたが、これは米の核戦略の補完でした。
        人命が安い国には核抑止って効きにくいのですよ。

  8. 一般住宅で生活している一般人を襲って、殺害し、その後、一般人になりすます事件がネットで背乗りとして取り上げられる。

    韓国人は、日本に核を落とし日本人を抹殺することで、日本人になりすます算段をしているのだろうか。

  9. 「日本が被害者だから」ではなく、韓国が「日本をもう一度核兵器の被害者にする事で恨を晴らしたいから」の間違い。
    思慮分別のない、後先を考えない韓国人なら、核兵器があれば、間違いなく使用するだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。