じゃぱんらいふ・イルミネーションを楽しむ

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

このシーズンになると、日本はどこもイルミネーションで賑やかになります。

実はこれ、春の桜にも似ています。韓国にもいろんなところに桜がありますが、いざ写真を撮ろうと近くに行ってみると、木が幼いこともあるし、まとまりが無いというかなんというか、あまり撮りたい絵が撮れません。

 

韓国にもイルミネーションならありますが、同じく、近くに行ってみると、大して「おお、綺麗だ」と思うことがありません。日本で見たイルミネーションは、中には適当なものもあったけど(笑)、ほとんどはちゃんとした「画作り」ができていて、遠くからも近くからも大いに楽しむことができます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「2回分の入場料で1年間入場無料」という破格のコストパフォーマンを誇る、すみだ水族館の年間パスポート。今年中にもう一度行こうと、またすみだ水族館に行ってきました。今年3回目で、交通料金とか考えると得をしたのかどうか微妙ではあります。

スカイツリーの前の広場が、大きな花のツリーと、クリスマスマーケットで賑わっていました。

確か、押上駅との連結通路にあったと思いますが、いいデザインです。スカイツリーっぽいですね。

 

花を使ってツリーを作るのって、日本では一般的なのでしょうか。とても綺麗です。

クリスマスマーケットも、韓国では(あるのか無いのか詳しくはわかりませんが)見た記憶がありません。みなとみらいで見て「こういうのもあるのか」と驚きましたが、ここでも賑わっていました。屋台の飾りがいい感じです。

 

花ツリーとスカイツリー。三脚持ってこればよかったー

花ツリーのアップです。

 

これは、ペンギンの水槽の水面にプロジェクション・マッピングを施すイベントです。10分足らずのイベントでしたが、とても綺麗でした。

三脚無しで、人が多すぎで(しかも風が強い)レナの写真が撮れなかったなど、いろいろありましたけど、それでもやはり日本のイルミネーションはジョクナー(좋구나、いいなー)と思いました。もちろんペンギンもよかったですが。

 

余談ですが、最近、「グリッドマン」というアニメを見ました。このアニメ、もともとは「電光超人グリッドマン」というタイトルの、特撮物でした。

私が中学生だった頃・・かな?詳しくは覚えていませんが、この作品の英語版が韓国で放送されたことがあります。韓国では「コンピューター特攻隊」というタイトルでした。韓国では、特攻隊は「特殊攻撃部隊」という意味です。

主人公たちが学校の先生に自分たちのサークルの名刺(?)を見せるシーンがあって、そこには「TEAM SAMURAI」と書いてありました。でも韓国での放送では、その先生が「ほぅ、コンピューター特攻隊というのか」と話しました。

 

「いや、そこ、まず名刺の文字を隠すか書き直すかしなさいよ」と、1人で大笑いした記憶があります。

最新作(アニメですが)を日本で暮らしながら録画して見ることになるとは、思ってもみませんでしたが。

 

明日は、富士山の近くまで行きます。帰ってきたら、また富士山の写真でも載せてみます。うまく撮れた1枚はレナの撮影スペースの背景にしようか、とも。

多分、明日は夜まで更新できないと思いますが、夜あたりに覗いてみてください。

それでは、また(・∀・)ノ

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

135+

37 Replies to “じゃぱんらいふ・イルミネーションを楽しむ”

  1. イルミネーションか、もうそんな季節なんですね。私はクリスマスなんて興味ないんですが大阪住みなんで御堂筋の北から南にかけてのイチョウ並木もLEDで彩られますのでウォーキングをかねての見物や会社帰りなんかの人たちの目を潤してくれます。それを思うと一生創造の産物である慰安婦に生活の一部を捧げてしまっているおろかで楽しめない韓国人に生まれなくてよかったなんて思っています。

  2. ソウルに鍾路という繁華街があります。ロッテホテルから北に向かって早足で歩けば10分ぐらいなのでご存知の方も多いと思いますが。地下鉄1号線が通っている大通りから一本南に入った通りは「 학생 골목」(ハクセンゴルモク=学生の路地)と呼ばれ多くの食堂や外国語学院が軒を連ねています。
    さて、この鍾路(チョンノ)の発音、日本人にとってはかなり難しく、私も随分いじめられました。チョンノの「チョ」と上の記事のジョグナーの「ジョ」は同じ字ですが、「チョ」でも「ジョ」でもいいですが、日本語で普通に発音したらまず聞き取ってはくれません。また、ジョグナーは私には「チョークナ」に聞こえます。

  3. この時期イルミネーションはどこも綺麗ですね。
    うちの地元の駅前(大阪の片田舎)も結構綺麗なイルミネーションをやっています。まったく見物客がいないので、ゆっくり写真が撮れます。

  4. >花を使ってツリーを作るのって、日本では一般的なのでしょうか。

    全然一般的ではありません。華道の流れを汲む演出かな? いずれにしてもそのツリーオリジナルの演出だと思いますので、そのつもりで愛でてあげてくださいませ。

    >ジョクナー

    なんかいい響きの言葉ですね。流行語大賞の「そだねー」みたいで。五、六年前につたわっていればけっこうはやっていたかも。まあ、もはやあり得ない話ですが。

    >特攻隊は「特殊攻撃部隊」という意味です。

    本来は「特別攻撃隊」という意味です。「神風」は「特別攻撃隊」の一部隊の名称です。なお、駆逐艦の名称でもあり、セイバーと中の人を同じくする大正浪漫あふれる女の子キャラの名称でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。