じゃぱんらいふ・イルミネーションを楽しむ

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

このシーズンになると、日本はどこもイルミネーションで賑やかになります。

実はこれ、春の桜にも似ています。韓国にもいろんなところに桜がありますが、いざ写真を撮ろうと近くに行ってみると、木が幼いこともあるし、まとまりが無いというかなんというか、あまり撮りたい絵が撮れません。

 

韓国にもイルミネーションならありますが、同じく、近くに行ってみると、大して「おお、綺麗だ」と思うことがありません。日本で見たイルミネーションは、中には適当なものもあったけど(笑)、ほとんどはちゃんとした「画作り」ができていて、遠くからも近くからも大いに楽しむことができます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「2回分の入場料で1年間入場無料」という破格のコストパフォーマンを誇る、すみだ水族館の年間パスポート。今年中にもう一度行こうと、またすみだ水族館に行ってきました。今年3回目で、交通料金とか考えると得をしたのかどうか微妙ではあります。

スカイツリーの前の広場が、大きな花のツリーと、クリスマスマーケットで賑わっていました。

確か、押上駅との連結通路にあったと思いますが、いいデザインです。スカイツリーっぽいですね。

 

花を使ってツリーを作るのって、日本では一般的なのでしょうか。とても綺麗です。

クリスマスマーケットも、韓国では(あるのか無いのか詳しくはわかりませんが)見た記憶がありません。みなとみらいで見て「こういうのもあるのか」と驚きましたが、ここでも賑わっていました。屋台の飾りがいい感じです。

 

花ツリーとスカイツリー。三脚持ってこればよかったー

花ツリーのアップです。

 

これは、ペンギンの水槽の水面にプロジェクション・マッピングを施すイベントです。10分足らずのイベントでしたが、とても綺麗でした。

三脚無しで、人が多すぎで(しかも風が強い)レナの写真が撮れなかったなど、いろいろありましたけど、それでもやはり日本のイルミネーションはジョクナー(좋구나、いいなー)と思いました。もちろんペンギンもよかったですが。

 

余談ですが、最近、「グリッドマン」というアニメを見ました。このアニメ、もともとは「電光超人グリッドマン」というタイトルの、特撮物でした。

私が中学生だった頃・・かな?詳しくは覚えていませんが、この作品の英語版が韓国で放送されたことがあります。韓国では「コンピューター特攻隊」というタイトルでした。韓国では、特攻隊は「特殊攻撃部隊」という意味です。

主人公たちが学校の先生に自分たちのサークルの名刺(?)を見せるシーンがあって、そこには「TEAM SAMURAI」と書いてありました。でも韓国での放送では、その先生が「ほぅ、コンピューター特攻隊というのか」と話しました。

 

「いや、そこ、まず名刺の文字を隠すか書き直すかしなさいよ」と、1人で大笑いした記憶があります。

最新作(アニメですが)を日本で暮らしながら録画して見ることになるとは、思ってもみませんでしたが。

 

明日は、富士山の近くまで行きます。帰ってきたら、また富士山の写真でも載せてみます。うまく撮れた1枚はレナの撮影スペースの背景にしようか、とも。

多分、明日は夜まで更新できないと思いますが、夜あたりに覗いてみてください。

それでは、また(・∀・)ノ

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

135+

37 Replies to “じゃぱんらいふ・イルミネーションを楽しむ”

  1. くりすますまーけっと……縁日みたいなやつですよね。イベント会場の他に大き目の小売り施設あたりでポインセチアが並んでたりそれっぽい出店が出てる事もありますね。というか既に売り場がクリスマスと正月仕様なってるのはまた別の話でしょか。

    ツリーはいろんなの有りますね。飾りの種類が絞ってあったり、ご覧になったお花のように、それもう円錐形なだけだよねっていうのも。本と飴ちゃん、りぼん、ボールだけなんてのを見たことあります。それでもちゃんと気分がでるから面白いものです。

    このお花は生花ですよね。普通かと問われるとこの規模のは見事でそんじょそこらでは、あまり見られないかと思いますが、菊細工(菊の花を使って人形や風景他、様々なものをかたどる)の一種と思うと昔からやってて普通なのかもしれないです。

    1. >このお花は生花ですよね。

      菊人形のツリー版ですか!
      造花じゃないのかー。気合入りまくりですね

      (´゜д゜)おおーよく見ると、菊に牡丹にいろいろな花がある!

  2. わあ、花ツリー綺麗❗
    初めて見ました。
    そばで観るともっと綺麗なのかな?香りもするのだろうか?

    暖かい夜に街に出掛けて、ここにも花ツリーがあるか探してみようかな。

  3. レナちゃんのクリスマスバージョン、見たかったー!
    ざんねん…

    次の機会を楽しみに待ってますね☆
    サンタコスか…はたまた白ふわコートか…!

  4. 背景いいね!
    三脚忘れずに〜
    明日も寒いよ。

    空気が綺麗でいい写真撮れるといいですね(*^^*)
    レナちゃん楽しみにしてます。

  5. 仕事帰りにイルミネーションに彩られた街並みを見て、社畜で一年中季節感のない自分と世間との隔絶感に切なくなるという東京ライフをしてみたかった。(全て妄想です)

  6.  もともとイルミネーションは日本でもクリスマスの風物詩ですが、自治体や商業施設ぐるみで飾って一定期間見せるのが常態化したのは、神戸震災のルミナリエ以降だと思います。花の飾りはバブル期に始まった記憶があります。ドラマか何かの影響かもしれません。それ以前にはリースについているくらいしか見かけませんでした。
     どの自治体や商業施設でも頻繁に見かけるようになりました。昔は電球がすぐに切れたり、電力コストもバカにならなかったのがLEDの普及で手軽になったせいだと思います。

     青色LEDでノーベル賞を日本人が取っていますが、今さらながらに生活を変えることだったんだなと思います。余談ですが、青色発光ダイオードの特許を持っている日亜化学工業の創始者は旧日本帝国陸軍少佐です。そんな企業の特許を使うなんて韓国民は恥ずかしくないのでしょうか。(笑)

  7. いいですね。
    ちょっとおすすめを紹介しますと、
    あしかがフラワーパークというところがあります。正直、電車では時間がかかる場所ですが、車なら融通きくかと。
    ちなみに私はそこに、ついさっき電車で行ってきました。車窓からも豪奢なイルミネーションが見えて満足でした。
    夜に、ぜひ。

  8. 花ツリーのアップ画像が美しいです。美しいものが好きなシンシアリーさんに、いつか訪れて頂きたい場所があります。もう既に行っていたらごめんなさい。
    ひたち海浜公園という、美しい場所があります。遠い所ですが、写真が好きな方ならきっと景色に魅せられるのではないかと思います。余計なこと言ってすいません。

  9. 日本の美しい情景を見いだしてはアップしてくださるシンシアリー氏に感謝します。

    PS:数年前はこの寒い時期にオンリー青色LED(思い切りの寒色、しかも一色のみ)での電飾が全国的に氾濫しており閉口していました。中村教授への敬意だったのか、青色LEDの大量安売りがあったのか、青が最も低電力消費なのかわかりませんが・・・(苦笑)。暑い夏ならともかく、冬は赤・緑・黄系の暖色を多用してほしいものだと思っていました。最近は、色のバランスが大分改善してきたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。