ジャパン・タイムズ「Forced laborという表現、もうやめます」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

英字新聞ジャパン・タイムズが、長い間、日本の戦時徴用を「Forced labor」と表現してきたことがわかりました。これからはこれらの表現をやめる、と。

また、慰安婦に対しても、「彼女たちの意思に反して働く人たちもいた」というふうにし、今までの「強制」表現をやめるとしています。

強制表現をやめた理由は、「編集者たちが1年以上議論した結果」。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ニューシースの記事から部分引用しますと、<日本の代表的な英字紙「ジャパンタイムズ」が、第2次世界大戦当時、日本による強制徴用と慰安婦被害者に対して「強制性」を排除する表現を使用することにして、国際的な議論が起きている。しかし、ジャパンタイムズは、このような政策を固守するものと見られる・・>

https://news.v.daum.net/v/20181207164506425

 

これからやめるなら不幸中の幸いですが、本社を東京におく会社が、いままで国際法違反の意味を持つForced laborなどの表現を使っていたとは、驚きです。

記事で言う「日本の英字紙(英字新聞)」というのがどれぐらい勢いがあるのかはわかりませんが、記事で「その代表格」とされる新聞がいままで「強制労働」などの表現を使っていたとは、他の英字紙はいったいどういう状況なのでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

“ジャパン・タイムズ「Forced laborという表現、もうやめます」” への40件の返信

  1. 少なくとも社内で議論することが出来るのは、ジャーナリストとして健全な批判精神を持つ人の集まりだと思います。

  2.  zakzak で記事が出てますね。
    ・https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181208/soc1812080004-n1.html

  3. ジャパン・タイムズも右からみれば左に見えるねぇ 左から見たらどう映るのかは知れんけど w

    重視したいのは,これが外部からの圧力ではない ということ.もちろん,日本政府の見解や国基研の提言,何よりも日本全体での認識の変化による影響はあったと思う.それを独自に判断した.

    なお 今後全面的に Forced labor 表記をしない ということでもなく,内容によって言葉としては用いることもある ということらしい.

    だが この方針の変更は重要だ.ジャパンタイムズは日本発英字紙の草分けでもあり,認知度も高い.NYTとも提携関係にあるので,NYTの編集方針が別としても,紙面に何らかの影響があるかも知れない.

    少しずつでも変化してゆけば それでいいではないか.韓国人のように「全てが自分の思いどおりにならなければ認めない」などとクレームする必要もない.変化の積重ねで徐々に社会が変わってゆく.

    ガーディアンが苦言を呈したことは知られている.検索したところでは共同通信と毎日新聞,韓国,台湾,ドイツなどの英語版があった.他はブログ系が多いようだ.

    上記の中には批判的な記事もあるが,「あれっ?」と考える人のキッカケになることを期待したいなぁ

  4. 戦後、日本が悪であったと印象付けるために米は韓国の言動を黙認していたのでしょうね。そして朝鮮半島が防波堤として機能しているうちは。
    しかし今後朝鮮半島がその役目を果たせないとなれば、日本が防波堤となり、米の態度は180度変わるのでしょう。
    結局は日本の主張が正しいとか、韓国の主張が正しいとかじゃないってことなのでしょうね。アメリカにとっては。

    南北が統一したら、韓国という国は無くなるでしょう。そして日韓の条約・協定・合意も消滅してしまうのでしょう。
    だから文にとってはそれらの約束事など、どうでもよいことなのでしようねw

  5. 潮目が変わりましたね。

    日本のマスコミはオピニオンリーダーでは決してない、ただの追従者です。
    飼い主の顔色を伺う犬のようなものです。
    現在の大雑把な歴史では、
    戦前の日本=悪というアメリカの見方を採用しています。
    日本の言い分を認めない大元はあくまでもアメリカです。
    韓国はそれに便乗しているだけです。

    ただ、
    今現在のアメリカの標的は中国です。

    例えば、南京大虐殺の嘘を暴くことで、中国とはずっと前から、フェイクニュースを流し続けている国であると報せることができます。
    日本の言い分を採用するだけで、
    中国の如何わしさを宣伝できるのです。
    ありだと思いませんか?

    韓国切りは、
    既に決定されているのではないでしょうか。
    バッファー地帯にもならないと結論が出てしまったのでは?
    既に「話しはついている」のでは?

    日本を最前線にするためにも、今後日本の言い分は採用されるでしょう。

    あくまでも、推測ですが。

    1.  米国が中国を抑える方針に転換したんですよね。この点は、トランプ政権だけではなく、米国議会も米国シンクタンクも米国マスコミも同じだ。
       そうすると、世界の論調が反中に変わってくる。米国の(総合的な)力が恐ろしくなるわ。
      (※ ひょっとすると、ディープ・ステートの力かもしれんが。)

    2. いやあ、米国は半島を諦めないのでは?
      今の政権をひっくり返してでも、
      中国に明け渡すなんて、考えられないですけどね。
      但し、今のトランプ政権であれば、短期的な損得感情で、あり得ない事をやってしまう可能性は大いにあり、その意味では、今までの常識は通用しない、つまり、南での収支が取れないと判断するなら、手放してしまう事もありですね。
      普通は半島自身が米国の戦略資産であり、その評価は、今でもプラスの筈。でも、トランプはPLでしか見えてないのかもね。

  6. 遅すぎる。ユネスコの軍艦島の説明文が変わるとこまではいかない。

  7. これはケントさんが虎ノ門ニュースのアンチジャパンタイムズで取り上げてたやつですよね。
    確か新聞社が売却されて変わってきたとか言ってたような。

  8. 何処のホテルに泊まってもジャパンタイムズしか英字新聞は見たことがないから、大きな変化だと思いますよ

コメントは受け付けていません。