『孝道契約書』とは

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

最近、韓国社会では、「孝道契約書」というものが話題になっています。そのままの意味で、親が子に財産を贈与してやる(生前に相続させる)条件として、子の親孝行を契約として強制できるようにしておくことです。

取材した記事にもよりますが、大手法律事務所の場合、財産の贈与関連で法律事務所に来た高齢者の30~40%は孝道契約書の作成を贈与の条件にする、とも。

しかも、ここが特に問題ですが・・単に「親孝行します」と書いただけでは、契約書としての、いわば法律的な効果は期待できません。かなり細かく書かないと意味がありません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「1ヶ月に小遣い(親の生活費)を〇〇万ウォンずつ差し上げます」、「同じ家で扶養し、アンバン(もっともいい部屋)を親が使うようにします」、「年◯回の旅行費用を出します」など、かなり細かく書かないといけません。

なぜなら、単に「親孝行します」だけでは、どこからどこまでが親孝行なのか確かではないからです。

欧米の一部の国にも「親が贈与した財産を取り消し(親に返す)」できる法律ならありますが、それは、子が親に対して明らかな背徳行為か犯罪行為があった場合にのみ、適用されます。

ここまで細かく書いてそのまま守ってもらうなんて、どこにもこんな契約が流行る国はありません。

 

<生きている親と子の間に、「孝道契約書」を書く時代になった。高齢者に関する問題を耳にするのはもう珍しいことでもないけど、孝道契約書という言葉まで出てくるとは、私たちの社会の断面図を見ている気がして悲しい限りだ。『成れの果て』の社会の姿なのだ・・

親と子は、お金のために「甲と乙の関係」になったり、裁判所で原告と被告として会うこともある。だから親は財産を担保に、子に親孝行を要求し、子は財産目当てに親を世話する。しかし、孝道契約書を書いたところで、真の家族の意味が取り戻せるはずもなく、親が子を扶養問題で告訴する件が後を絶たない・・

・・日本は高齢者問題を迅速に認識し、高齢者たちが社会から疎外されないように政策的に支援してきた。自分の日常生活を維持することができない人のために実施する介護の保険である「介護保険」制度で高齢者の家族の負担を軽減し、社会のいたるところに高齢者のための細心の配慮と快適さを提供する・・>

カトリック平和新聞、社会福祉評論家「ホン・ジン」氏の寄稿文より

http://www.cpbc.co.kr/CMS/newspaper/view_body.php?cid=729023&path=201807

 

甲乙というのは、確かに契約書の表記ではありますが、韓国では『上下関係』の皮肉としても有名です。孝道契約書って、ひょっとすると、上下服従契約書かもしれませんね。さすがに、そこまでは考えたくありませんが・・そう見えてしまうのも事実です。

忠孝を最高の美徳とする!と騒いでいた韓国社会(私はそう言われながら育ちました)。忠は読書家がどうとか言われるようになったし、孝は契約書頼みとなりました。熱い孝道を捧げよ!

 

 

書店巡りしてきました。ありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

126+

53 Replies to “『孝道契約書』とは”

  1. 法を重んじる日本人、情を重んじる韓国人、みたいな事言ってたと思うが韓国。情が通用しないからこんなふうに法に頼るんじゃ?
    しかも親子でて。
    人情紙風船ですなあ。

  2. 日本でも「負担付き贈与」という契約形態は有ります。
    というか、韓国の法体系は日本法を受継してます(パクリとは言わない)から、それの応用でしょう。

    しかし、負担の内容が「扶養義務の履行」である場合に、不履行を理由に解除する、という争いは、日本ではそう多いという印象はありません。

    大陸諸国では、儒教道徳を捻じ曲げ、劣化させています。
    (都合よく歪められた儒教道徳を行動原理にするのが悪い、のであって、基本方針としての儒教道徳は悪いものではありません)
    その現われが、扶養を巡る訴訟の多発でしょう。
    道徳が行き渡れば、法制化は不必要です。
    法に従う、が常識ならば、法制度が機能します。
    法に従わない民の間で道徳が劣化すると、修羅の国ですね。
    こんな国では、訴訟を起こしたとしても、得るところがないのではないでしょうか。
    裁判そのものが泥沼化する。
    判決を取っても、執行できない。
    執行できても、弁護士への報酬を払うと、ほぼ残らない。
    そんな状況が、水晶に映るようです。

  3. あぁははははは・・・・国家間の契約(条約)すら守れない民族に「契約」などの概念などありまへんがなぁ。(笑
    後になってありゃ違法な「契約」だったからナシになっちゃう。

  4. 「韓国人は世界一情に厚い民族だ!」というような言葉が思い出されますw
    情だろうと法だろうと正義だろう平和だろうとキリスト教だろうと、
    韓国人は人語を誤解して曲解して歪曲して恣意的運用しないと気が済まないようです
    最たる例:戦犯旗
    いや、これは人語じゃなかったか…

  5. 心配無い。
    約束して守る気さらさら無し。
    老後の楽しみ親子で告訴賑やかでよろしいんです。死ぬまで闘声しようと決意も新たに老後に備える姿に感動です。

    1. ひとつ前の話題の、
      「金正恩は指導者」と書くべきところを、
      英語のLとRを間違えて、
      「金正恩は読書家」と書いてしまった、
      それは「忠義の精神に反する」ので、北でなら処刑されるかも、されるんじゃないかな、たぶんされるだろう、かくごはしておけ、の話。
      じゃないでしょうか。

  6. 逆なら日本でもあるんですけどね
    一家の子供ABCで、Bが最も親の世話をしたので、遺産はBに多めに渡す…みたいな
    サバサバしてる家なら、親の料理洗濯掃除等を子供家庭にやってもらう代わりに、毎回ヘルパー代渡すとか

    だから孝道契約制度自体はいいと思います。
    子供が世話してくれるなら、ヘルパーや介護施設を頼まなくて済む。それで浮いたお金分、多めの遺産を渡す。

    問題は、契約内容が小遣いやら旅行やら、娯楽が多いとこですかね
    老いて足腰等が悪くなって、日常生活の補助が必要ってなら分かるんですが、契約内容見る限り元気そう……
    必要ないのに金で釣ってまで子供にやらせるのは、老人内で「ウチの子は旅行プレゼントしてくれた!私はそれほど敬われている素晴らしい人間なんだ!」みたいな価値観があるんじゃ

  7. こんなん書かないといけないほど親子の愛情がないんだな
    やっぱ世界レベルで特殊な民族だわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。スパム対策です。申し訳ありません