韓国地上波放送「日本自衛隊機は人道的救助作戦を妨害した」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

またレーダー照射問題です。大きな事案であることは間違いないですが、本当にまったく収まりが見えませんね。韓国側の対応がこれでは、収まりが見えるはずもないですが・・

SBS(韓国の地上波放送)が、今度は「日本自衛隊機は、人道的に(北朝鮮遭難船舶の)救助作業を手伝うべきだったのに、むしろ妨害をした」と主張しました。

<・・日本の哨戒機がやるべきだったのは、遭難船舶の調査でした。しかし、日本の哨戒機は、調査はせず、広開土大王艦に接近して監視しました。予備役海軍大佐であるムン・グンシキ韓国国防安保フォーラム対外協力局長は「人道精神のかけらも見つけられない行為だった」とし、「民間人の命がかかった、当然の助けが必要になる状況だったのに、日本の哨戒機は妨害をした」と声を高めました・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・敵対国同士でも、人道的捜索作戦は助け合うものです。ましてや友邦同士では言う必要もないでしょう。ところが、日本の哨戒機は、広開土大王艦を監視することにより、捜索作戦を妨害しました。いくらお互い感情が良くないといっても、危険に陥った人を救うためには手を貸すのが道理です。日本はSTIRレーダ照射を主張しながら青筋を立てる前に、捜索作戦を妨害したことに対する立場をまず明らかにすべきです。>

https://news.v.daum.net/v/20181227083906895

 

あと、本記事でもそうですが、「証拠があるなら出せばいいだろう」という主張があります。それは、軍事機密という側面でも公開するには時間がかかるでしょう。また、朝鮮日報によると、韓国側も「日本の哨戒機が脅威的飛行(低空飛行)した写真を持っている」としながら、まだ公開せずにいます。

朝鮮日報は、日本を擁護したりはしないものの、「韓国と日本、どちらかは嘘をついている」と、他紙よりは現実的な指摘をしています。

https://news.v.daum.net/v/20181227031626813

 

個人的な見方ですが、韓国側が「人道」という言葉を持ち出したということは、韓国側が何かものすごく気まずい状態だという、ちょっとした証拠でもあります。

いままで、韓国は何か困るようなことがあると「人道」「道徳」「情緒」そんな言葉を盾にしてきましたから。経験という名の、心証です。

 

 

書店巡りしてきました。ありがとうございます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (0)

103 Replies to “韓国地上波放送「日本自衛隊機は人道的救助作戦を妨害した」”

  1. そりゃ、日本のEEZ内で国旗も掲げず怪し気な動きをしてるものだから。
    一応、艦影で識別できても、手続き的には不審船扱いとせざるを得ない。

コメントは受け付けていません。