新刊、<「徴用工」の悪心>のご紹介 ※目次を追記しました

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

思えば、アメブロでブログを書き始めた頃、メインに扱っていたのは、「韓国は併合時代を違法だとしている」「韓国は併合時代を否定しながら生まれた国」などの持論でした。韓国の憲法前文を持ち出すなどして、「どうすればうまく伝わるのか」と自分なりに熱心だったことを、今でも覚えています。

2018年になって日韓両国で大きな外交問題になっている、いわゆる「強制徴用裁判」の核心もまた、そこにあります。

 

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

執筆期間的にかなり無理がありましたが(私だけでなく、扶桑社の方々もそうでした)、他でもない「この件」の執筆依頼が私に来た時には、本当に本当に嬉しかったです。

発売日は、アマゾンの発売日表記だと今年(2018年)12月27日、題は<「徴用工」の悪心>となります。

なぜタイトルの徴用工に「」がついているのか、多分、「本当は徴用工ではない人たちも大勢含まれている」からだと思われます。

 

今回の件は、歴史問題ではなく戦後の国際秩序の問題であり、善悪の問題ではなく法律(国際法)の問題であります。それは、韓国という国の『生まれ』そのものとも関わっています。

核心は、併合時代が合法なのか違法なのかの議論であり、「韓国最高司法機構の合法は国際法の違法」という側面が最大に強調されるべきであります。

韓国の言う良心(正しくあろうとする心)は、日本へのアクシン(害を及ぼそうとする悪しき心)である・・それが、国際法にまで影響するようになってはなりません。

この議論がもっと広がってくれればと願い、原稿を書きました。

ブログ読者の皆さんだけでなく、今回の件で日韓関係の歪みの深さに気づいた方々にも、自信を持ってオススメいたします。

※以下、アマゾンのページより、簡単に目次を追記します。

第一章「徴用工裁判」の策略

第二章 韓国歴代大統領と「基本条約」

第三章「強制徴用」被害者数を見積もる

第四章 本格化する日韓「国際世論戦」

第五章 併合は「合法」である

アマゾンリンクはこちらとなります。

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

412+

67 Replies to “新刊、<「徴用工」の悪心>のご紹介 ※目次を追記しました”

  1. 鮮度重視した出版社の判断は間違ってないはずですが
    嫌なタイミングで照射事案が被ったせいで巷の話題が
    そっちに持っていかれちゃった感はありますね。
    事案そのものは騒がれる内容じゃなかっただろうに
    韓国の奇抜な弁明のせいでネタ昇華されてしまった。

    本来なら年末年始は徴用工問題への対応策の議論が
    日韓関係の話題の中心のままだったろうに……。

  2. 読了しました。まず、不快になるかもしれないので、初めに謝っておきます。ゼミナールで研究発表の物足りなさを指摘するような文章になる事をお詫びしたい。

    良い本でした。核心部分は間違いなく良いもので、情報も良いものです。しかし、非常に勿体ない。少し偉そうですが、ご説明します。

    この手のジャンルが私個人としては、この4つの流れで書かれる方が良いと思っています。
    ①前提となる知識の説明、②情報の見方、③考察に至るロジック、④導かれる結論。
    今回の本、③がほとんどなかったと感じます。④は、想いとして筆を進める前にシンシアリーさんの中にあり、消極的ながら書かれています。しかし、④を持ってくる辺りに、やや唐突感が否めない。

    例えば、第二章の最後の部分で、韓国人を雇う云々への持論を出されているけれども、文章としては1ステップ分、説明が抜けている気がします。韓国経済の行く末や韓国人の日本国内での悪影響などを少し丁寧に論じないとその持論は少々唐突でしょう?
    タイトルにもある「悪心」についてもそうです。悪心について、内在されている悪意をこれまでの韓国側の行動を踏まえてもう少し説明する必要があった。
    書き方として、「悪心」の核心部分である”善悪論”への日本を落とし込む事を、韓国人側の金銭的利益、精神的利益、立場の強化、やりやすさ等々から丁寧に説明しても良かった。そして、それに即したように基本条約破棄への野心の説明をしていく、、。シンシアリーさんの頭の中ではそういう構成で書いているつもりでも、練る時間が無かったから、書けてないでしょ?

    研究室のゼミナールで研究経過を発表し、議論し合う時の事を思い出して書きますね。
    論文もそうなのですが、淡々と得た情報を説明する事は研究ではありません。「あなたの研究で何がチャレンジされているのか?」「その考察はどうやって導かれているのか?」そういう視点が見えないと「それは研究なの?調べただけ?何がしたいの?」と突っ込まれます。ここで、多くの院生が攻撃・否定されたと思って精神的に参ってしまう。
    これが苦手だと、勉強がいくらできても、真の意味で研究者にはなれない。

    おそらく、この手の著作もそうでしょう。一番大事なのは、自分らしい独自性(発見)を持つ文章(研究)を導くために、どういう切り口を自分が考え出したかをちゃんと説明するところです。
    結論付けたいけども断定しにくい難しい問題に対して、どういう情報を引っ張ってきて、上手に説明できるのか?と考えていただいてもいいでしょう。

    要するに、書きたい結論があるなら、そこに結論を持って行くための情報は何かを明示し、直接的には結論と繋がらない情報をどう加工して、論証や説明に使えるようにするか、それが”腕”です。
    そして、欲張って言えば、賢い人を唸らせるのは、「そうやって証明するのか!?」という驚きです。
    こういうのは幾分か慣れでこなせる部分もありますが、大部分が能動的・挑戦的に”考える”事そのものでしか生み出せないものであり、情報が脳内で十分に消化される時間(受動的に”考える”時間)も必要です。
    既存情報の引用・整理ではない、あなたが生み出したクリエイティブな情報(考察とその説明)なのです。あなたは今、作家というクリエイターなのですから。

    つまりね、
    ③が知的好奇心にとって盛り上がりを生み出す部分であるため、そこが粗末だと非常に勿体ない。(鳥肌立つほどに盛り上げることもできるんです。)
    そして、それはおそらく時間をかけて練ればシンシアリーさんにはできただろうと思うだけに、今作は、勿体ないと評価します。
    こんな事を書きましたが、次作も委縮せずに弾けてください。

    1. 言いたいことは良く分かりますし、私も同じ様に感じた部分もあります。(特に今作については。)

      ただし、ノブスケさんが勘違いされていることがあります。
      シンシアリーさんの著作は研究(専門書)ではありません。韓国(の実際の姿)の情報を持たない大衆に向けて書かれた啓蒙書です。

      日本人は大衆の知的好奇心が強く知識も論理力もあります。だから、本を取った時点である程度の情報を持っており、その情報から得られるものを本に期待するわけです。だから、研究のまま(専門書)でも読めてしまいます。凄いことなんですよ、これ。

      しかし、海外の研究者が大衆向けに書いた本の翻訳を読んでみてください。論文とは構成がまるで違います。我々が読むとクドすぎて嫌になるくらい同じ情報を何度も説明してくれます。その情報は大衆が知らないものまたは誤解しているものなので、それを正しく知らせることが目的だからです。(正しく知ったなら”研究者”として専門書を読むことになります。)

      残念ながら、韓国(の実際の姿)の情報を持たない大衆はまだまだ日本には多いのです。だから、シンシアリーさんの著作が売れるわけです。

  3. 今、読んでいる最中です。まだ途中までの評価だけど、
    情報としては90点、書き方としては70点。

    まだ作家ではない私、体調が回復しなければこのまま社会復帰も無い身だけど、一応、モノを書くという視点から言わせてもらいましょう。

    小説なら、常にどのページでも今後の展開が見えなくていい。読者は今後の展開を妄想するだろうが、それは作者の感知するところではない。小説の場合、基本的に目次から内容を推測して、読みたい部分から読む事は無いからだ。読者は初めから読み進めればいいだけ。

    しかし、評論や調査書の類は、読者がどこの部分から読んでも自由だ。目次を読み、知りたい情報だけ得られればそれでいいと考える読者は多い。だからこそ、その章や節で、誤解が事が無いように簡潔で明快に書いた方が良い。次は何が書かれているんだろう、、とワクワクさせる必要性を考えて文章を書かなくてもいい。一章ごと一節ごとに面白い内容なら、ずっと読んでいて楽しいから全部読むさ。

    要するに、小説や物語は読む上で読み手にとって話の流れに継続が感じられるものが良くて、
    一方で、評論や調査書は、一章ごと一節ごとに明確な”結論”や”言いたい事”をちゃんと区切られて書かれているものが良いのだ。

    で、私が何を感じたのかと言うと、、
    分析はできているのだろうけど、書いている内容にキツイ”突っ込み”が足りない。
    突っ込みが足りないから、読んでいて少しだけ物足りない。この手の本は、読者に対して完読後に余韻を残したり、解釈の余地を残したりする必要はない。だから、明確に、「最も重要な事は、、、です。」とか、「この〇〇が意味するところは、、、と言えるでしょう。」という露骨な表現で、一章ごと、一節ごとに、気持ち良く、分かり易く理解させて(スッキリさせて)閉じる文章でも良いんだと思う。
    淡々と書くのがあなたのスタイルなら、そのままでいいので、
    章ごとの終わりに、自分の主張や戦略を強く出す節を作っていいのかな。

    さらに言わせてもらえば、
    あとあなたに1カ月原稿を練る時間があるのなら、「こういう部分が面白いのだ!」という気持ちを筆に乗せる余裕があっただろう。今回は「こういう部分がこの本で面白いのだ!」と見せてくれていない。そこが非常に勿体ない。

    あと、
    私なら、この本をアレンジするなら、”情報戦”を主題にした書き方をします。この本の各所・最後の方にも公論化について、書かれていますが、”情報戦”を、「国際世論戦」「韓国国内向け情報戦」「日本国内向け理論武装」「国際裁判所等の国際機関の利用」の4つに整理して本の論旨を強化すると読みごたえがあるようにできるでしょ?
    まあ、情報戦について詳しく書くのは、また別のテーマで本を書く時でも良いかもしれませんね。

    読み終わったら、またコメント書きます。

    1. あなたは特殊ジャンルとはいえ、10冊以上の既刊がある作家さんに、ふわふわした判った様な判らないようなアドバイスもどきをする前に、
      自分のお体の心配を第一にするべきではないでしょうか?

      あなたがかきたいのは小説かも知れませんが、まったく的外れです。

      1. 的外れかどうか、それはシンシアリーさんがよくわかってる(判断すればいい)と思いますよ。
        短期間で、情報を詰め込んで1つの本にまとめる事も大変な作業です。それは重々承知しておりますよ。

        私はこう思うのです。
        作家でも作曲家でも、自分の名前で作品を世に出したら、その作品の質が”能力”として評価されます。ならば、練りが足りない状態のを出して評価を下げるよりも、時間をかける方が良くないか?と。
        学術分野である場合、論文で考察が甘かったら、どんな良い研究材料(ネタ)で書いていても、読み手(他の研究者)から残念な奴として能力を値踏みされますよ。だから、期日(限られた時間で仕上げる事)も大事だが、十分に練ることも大事なのです。

        それはさておき、
        シンシアリーさんは、シンシアリーさんにとって自分の”糧”となる情報を自分の中に取り入れればいいのです。私のコメントの中に糧になりそうな情報があれば、取り入れれば良いんです。ただの悪口だと思うのなら一考すらせずに捨ておけばいいのです。
        私にとって、褒め言葉だけが相手へのエールではありません。

        私ノブスケが正しい!ではなく、私ノブスケはこう考えております、、という事でしかありません。

  4. 新刊、一気に読ませて頂きました。本書内のシンさんの予想、当たるでしょうかね。
    また来年のご活躍を楽しみにしております。では

  5. 新刊を近所の書店で少し読みました。前々からシンシアリーさんが指摘されてるし、私もそう思ってることが書かれてて「買おうか」と思いました。でも、すみません。正月明けまで保留にします。怒りで血圧が上がってしまうからです。穏やかな正月をまず過ごさせてください。

  6. 新刊今日getしました。
    お正月にゆっくり読みたいと思います。

  7. まあ、とうの日本人がずぅぅぅっと、韓国と中国に上から目線で蔑まれていたこと知らなかったんで。 

    高木はうまくやったよ。
    詐欺師としては一流だと思う。

  8. 1910年、日韓併合の段階で併合反対派(守旧勢力)と推進派(改革勢力)とが国内にいて、反対派が中心になって(亡命政府)なる有名無実のものをつくった。戦後米国の後押しもあって独立の運びとなったときに、併合反対派(亡命政府)を引き継ぐという形をとった。反日を国是とする理由はここにあり、今日に至るも頭の中身は李氏朝鮮の支配階層のまま。実態はこんなものだろうと思います。

  9. この件、韓国政府に対する請求訴訟が行われたことはないんですか?

    1. 敗訴(韓国政府は賠償責任無し)でした。本書にも書いてあります。

      1. ありがとうございます。本を読ませていただきますね⌒▽⌒。

  10. 元徴用工と称する人の中には六十代も存在すると聞いている。
    韓国人でも内心ではおかしいと思っているはずだ
    加えて、徴用工の問題は韓国政府が支払う段になれば、韓国側はかなりの元徴用工に対して
    証明できないと拒否している
    もうはっきり言って議論する気にもならないくらい
    無茶苦茶なことが多い
    日本でもそういうことがさすがに知ら渡って来たから
    いい加減に辟易されるのだがな

コメントは受け付けていません。