前大法院長(最高裁判所長)、検察に出頭・・「司法壟断」クライマックス

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

いわゆる「朴槿恵の司法壟断」「裁判取り引き」などで呼ばれている件、ついに朴槿恵政権で大法院長(最高裁判所長官)ヤン・スンテ氏が、被疑者として検察調査を受けました。

朝鮮日報の報道によると、まさに「大騒ぎ」だったとのことです。

<11日、最高裁判所と大検察庁、ソウル中央地検などが集まっているソウル瑞草洞はまさに大混雑だった。全国の記者が集まって、デモ隊も結集した。警察18個中隊1500人がつきまとった。司法行政権の乱用疑惑を受けるヤン・スンテ前大法院長が11日、被疑者の身分で検察の調査を受けるため、ソウル瑞草区ソウル中央地検に出席した・・>。

https://news.v.daum.net/v/20190111175226827

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

最高裁判所長官が検察捜査を受けたのは、韓国でも初めてです。でも、この流れはすでに決まっていました。

12月3日には最高裁の裁判官二人が逮捕されました。

12月4日には韓国最大の法律事務所が家宅捜索されました。

特に、ヤン氏の右腕だった人が、(新日鉄住金の)個人賠償請求権確定判決のわずか3日前に拘束され、日本側のブログでも話題になったりしました。

ヤンスンテ氏は現在、10時間以上も検察庁にいる、とのことです。

近い内に、間違いなく逮捕されるでしょう。5月あたりからお伝えしてきた「司法壟断シリーズ」も、最終回が近いようです。

 

「司法の判断を尊重する」という言葉を、つい昨日、大統領の口から聞いた気がしますけど・・いろいろ考えて裁判を延期していたのは「判断」に入らないのでしょうか。それとも「気に入らない司法の判断」は尊重しないのでしょうか。

 

 

 

<「徴用工」の悪心>、重版が決まりました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

131+

68 Replies to “前大法院長(最高裁判所長)、検察に出頭・・「司法壟断」クライマックス”

  1. ムンが日本に向け誇らしげに「三権分立」をのたもうた数日後には、このありさま(大爆笑)。

  2. 文在寅(ムン・ジェイン、日本語読み: ぶんざいいん)物語

    2017年5月9日の大統領選挙で当選し、同年5月10日に大統領に就任して在任中
    韓国の政治家、弁護士、市民活動家。第19代大統領。両親は共に朝鮮民主主義人民共和国からの避難民(つまり朝鮮戦争時の脱北者、祖父母や親戚一同は北朝鮮に在住。)
    父は巨済島捕虜収容所で労働者として働き、母は鶏卵売りの行商。文在寅が6歳の時釜山市影島区瀛仙洞に一家で転居。在寅の母と下の妹は2017年5月現在も影島に住んでいる。転居後父の仕事は失敗で母が救援物資として得られた服を売る屋台や練炭配達で家計を支えた。
    家は貧しく、トウモロコシのお粥の給食が一日の食事の全てで、月謝が払えず授業中に教室から追い出されたこともあったという。
    成績優秀でソウル大学を落ちるも、高校卒業後、ソウルの予備校では入塾試験の成績が1位で受講料を免除。4年全額奨学金のあった慶煕大学校法科大学(法学部)法学科に首席合格。合格率2.9%と言われた第22回司法試験に合格。朴正煕政権下での学生運動が原因で志望の裁判官になれず弁護士になりノムタンの法律事務所に入所した。
    兵役時代も優秀軍人として司令表彰を受けている。
    「共に民主党」から大統領選挙に出馬。選挙公約は
    公共部門に81万人の雇用創出、民間にも要請して50万の雇用創出、最低賃金1万ウォンといった雇用対策。
    また財閥改革として財閥大企業への経済力の集中を防ぐために持ち株会社要件の強化、
    子会社所有に必要な出資比率の引き上げなどを行うとともにショッピングモール規制などで中小零細企業を保護する。
    「何よりも先に働き口を作る」「同時に財閥改革にも先頭に立つ」「政経癒着という単語を完全になくす」と述べた。

    1. ぶんざいいん物語の続き

      ーーーぶんざいいんが大統領になって行なったこと。
      5月12日 朴正煕政権の独裁を美化していると批判された国定歴史教科書の廃止
      5月12日 中小企業庁を中小ベンチャー企業部(省)へ昇格させることを発表
      5月24日 中小企業庁を中小ベンチャー企業部(省)へ昇格させることを発表
      6月4日 国家情報院改革に着手し、国内情報担当官(IO)制の廃止を指示
      6月16日 公共機関における成果年俸制の廃止を決定
      6月22日 文が任命した公正取引委員長・金尚祖の主導により、大型のデパートやスーパーマーケットに対して大きな課徴金を課した。
      6月30日 トランプ大統領と会談し両国の同盟関係が確認。
      7月7日 ドイツでのG20で安倍総理と首脳会談し「シャトル外交」を再開。
      7月15日 最低賃金を16.4%増の7530ウォンと決定/任期中に1万ウォンにまであげると公約。
      7月22日 公共部門の雇用創出。公務員増員数を当初案4500人から減らして2575人で可決
      とまぁ、大統領就任後、電光石火の勢いで活躍し、この後も好き放題の改革を行ない、
      2018年5月第1週の世論調査での支持率が83%と、歴代大統領で1位となる。
      2018年6月13日に行われた統一地方選挙では、与党・共に民主党が首都圏、全羅道、忠清道、江原道の広域団体長選で全勝。
      ーーーこの段階で、ぶんざいいん大統領の独裁者への道作りを完了した。

      あと任期は3年4ヶ月。
      今年の賃金アップは11%と決まっています。経済の悪化で現在の支持率は45%
      (韓国では支持率50%を切れば危険水域であり、それが45%になればそろそろロウソクの灯りが見えてくる)
      労働時間の52時間制限となる、いわゆる「働き方改革」も始まっており、ますます、自営業と製造業は追い詰められている。(韓国の労働時間は世界3位で年間2,052時間。労働効率がとても悪い。30分働いて10分休憩などの時給稼ぎをする)
      自営業が廃業した土地や店は財閥企業が格安で入手し、財閥企業だけは儲かっているという。

      2019年の支持率は如何に?

      日本政府のとるべき道としては、ぶんざいいんと仲良くすることではなく、経済制裁などで韓国経済を悪化させて、その支持率を
      急落させて、弾劾デモで別の大統領に交代させて、
      その大統領に対して、経済制裁を解除する条件として、
      ぶんざいいんの採用した裁判官を逮捕して、前の裁判官を無罪釈放する。
      だと、思いますがいかがでしょう?

      1. >眠り猫 さん
        >>あと任期は3年4ヶ月。

         この間に、どれだけのことが積み上がるのかと思うと、ため息が出ますね。その分、解決が一層難しくなる。
         もし日本が経済制裁をしたら、韓国民はもっと激高するだろうなぁ。もう、希望はほとんど無いような気がする(※ 韓国マスコミが突然に豹変することでもない限り)。

      2. 最後のところは、完全に内政干渉になるので、賛成できません。
        外交上当然の要求以外に「何かやれ」というのは、日本のやり方じゃないです。

        あくまでも「外交上の非礼を詫びさせる」とか「国際法違反を追及する」のでないと。
        それ以外は、
        1、あらゆる援助・協議をしない。
        2、敵性国家ときちんと認定してあげる。
        3、危険地帯であるという事実を、日本国民・企業に周知させる。
        これぐらいで充分だと思います。

        1. この話の流れで「経済制裁」とは、戦略物資の韓国への輸出制限や、外為法などを使い、韓国への資金移動を制限することなどをさすのではないでしょうか。

          これらの対応は、本当に「内政干渉」にあたるんですか?むしろ韓国大法院という韓国の国家権力の一角が、日本の司法が否定していた徴用工の対日本企業の個人請求権を認め、土足で日本に入り込んできたことこそ、内政干渉なのではありませんか?

          既に日本に対する内政干渉を行ったのは韓国の方であり、日本から韓国に物資や資金を流せないようにするのは、なんら内政干渉にはあたらないと、私は考えますが。

      3. 追記
        「前の裁判官の無罪放免」だけなら、
        「人権問題」として採り上げるのは「有り」だと思います。
        というか、やるべき状況に、もうすぐなりそうですね…もう、なってるか。

      4. 眠り猫 様、

        貴殿の意見、ごもっともですが、今まで、散々、甘い汁をすってきた
        自民党内部の日韓議連のクズ議員どもの発言が無いですね!
        虎ノ門ニュースで、今回、わざわざ韓国に行った売国議員の名前が公表されますから、次回選挙で、全員、落選させましょうね!

        1. >匿名様
          日韓議連の代議士連中が、歴代韓国大統領のマネごとをして白装束に身を包み、カメラの前でワンワン泣きながら日本国民に許しを請うても許してあげませんか?日韓議連の代議士が、地元に公共事業を誘致してきたカネづるであっても許しませんか?
          …もちろん許しませんよね。当然のことです。切るべきときは、バッサリ切らなくてはね。いつ切るの?今でしょ。

  3. 統一すれば、韓国民の財産と生命が北に(中国に)吸い取られていくので、本来なら次は韓国の国会議員が刑務所行きです。国会議員の使命を果たしていないから。ところが親日家認定された国会議員が今は危ない。
    三権がそろって刑務所。半島は中国の植民地。財産、権利を築き守ってきたものを自ら破壊しているんだもの。先進国になぜなれたのか知らず、親日家を清算し統一すればSUPERコリア誕生と妄信。
    このレベルの民族に三権分立なんて。実際デモで崩れると思っているから大騒ぎしているわけでしょ。法律も関係なしに。

  4. んと、韓国の歴代大統領が逮捕されているのと同じで
    三権分立の長がそれぞれ政権が代わると逮捕されるのが
    正常な韓国になったという事ではないでしょうか?
    そうでないと平等じゃないですよね、大統領だけに責任被せる
    んじゃなくて、そういう司法判断や行政判断した人も責任を
    負わないといけませんよねw
    徴用工判決や慰安婦像設置に関わった人はこの後どーなるのかなぁ

  5. これは「ナム・パージ」だな。
    ナム・パージは、5年又は10年ごとに韓国で起きる社会現象である。
    5年ごとに行われる大統領選挙により、保守派と改革派の間で政権交代があると、選挙後にナム・パージが顕著に発生する。

  6. 一連の発言を主権国家の責任ある指導者のはそれと考えるには余りに無理がある。しかし、北朝鮮のスパイによる離間工作とすれば、すっと納得できる。
    それにしても、NHKを始めとする日本のマスコミが酷過ぎる。徴用工、レーダー照射問題をまともに取り上げようとせず、連日霊長類最強の女性レスラーの引退がトップニュースになっている。これでは、日本には何を言っても許される、という半島側の誤解を招いても仕方ない。いや、これも半島人による世論誘導ではないのか。

  7. 人民裁判もクライマックスか。
    てか、いつもなら政治ショーは1っずつやって行くのに、文ちゃんは、人民裁判だらけで、それだけ意気込みを感じますわ。

  8.  まあ、朴槿恵前大統領が、判決が出るのを止めさせたというのは、きっとそうなんでしょう。
     彼女がそうした理由は、この判決が出たら、“韓国がやばい” と分かったからなはず。韓国マスコミは、そこを取り上げるべき。

    1. そんなことをしたら親日派になってしまいますよ。
      報道する可能性があるのは朝鮮日報だけでしょう。

    2. 本当にあなたはわかってないよね。

      韓国マスコミがそこを取り上げたら、パククネは日本に媚びる親日派ニダ、火炙りにスルニダ。って結論にしかならないよねぇ。

    3. 国民の方は「やばい」状況になってもどうしてこうなった?と首をひねるだけですよ。
      そして文を火あぶりにした後「日本が悪い」と言って丸く収まります。
      必ずね。

    4.  まあ、こんなことは無理なんでしょうね。
       韓国民は、真実を知らないまま、韓国が沈んでいくのを眺めることになるでしょう。

  9. 韓国ドラマ「秘密の森」をみました。
    正確に記憶していませんが「大統領が替わるたびに検察はその意図を汲んできた」という検事長?の台詞が、いいのかそんなこと言わせて?なほど印象に残ってます。
    司法壟断の最終回を終えても、個々の検事が保身にはたらくのか、三権分立の柱のひとつとして気概を持って職務をまっとうしていくか…これから検察の組織としての意志がどちらに向くのかでまた韓国の未来は決まっていくのでしょうね…
    シーズン2を迎えられるのは絶望的と想像しながらも、他国ながら希望をつなぎたいです…ドラマじゃないから無理か…

コメントは受け付けていません。