セルフ身分制度

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

妙な記事がありました。韓国社会の「成人女性に関する呼び方」が、混乱しているようです。

本ブログでも、韓国の「客に対する敬語がもはや宇宙語」という内容を書いたことがあります。

客に「お父様、お母様」と呼ぶのは普通で、「愛しています」が挨拶で、敬語をつける部分も無茶苦茶(『製品が不良でいらっしゃいますか』など)。

その副作用でしょうか。呼び方、特に成人女性に対する呼び方が、混乱しているというのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

普通、(自分の家族以外の)成人女性には「アジュンマ(아줌마)」が普通で、敬語で「アジュモニ(아주머니)」となります。

でも、いつからかこうなってしまいました。

・家族以外の成人女性を「お母様」と呼ぶのが普通になってしまった

→相手(お客様)は「なんで私をお母様と呼ぶのか。私の子がお前と同格なのか。気持ち悪い」と快く思われなくなった

→お客様を「アジュモニ」と呼ぶ

→客は「なんで私を見下すのか」と怒る(お母様という呼び方を乱発したせいでアジュンマ、アジュモニという呼び方が失礼なものになってしまった)

→息子、娘の名前を付けて「(息子・娘の名前+)さんのお母様」と呼べばいいけど、個人情報だから息子・娘の名前まではわからない

→仕方なく、客の名前のまま「(客本人の名前+)お母様」と呼ぶことになってしまった

→「どこの言語体系だ」とバカにされる

→どうすればいいのかわからない

https://news.v.daum.net/v/20190112073105192?d=y

 

韓国で「アジュンマ」のイメージが悪くなったのは、食堂で働く人や家政婦への呼び方がアジュンマだったからです。

でも、そんな中でも、家政婦などに対してもちゃんと「アジュモニ」と呼ぶ人たちもいました。アジュモニは敬語です。詳しい語源は諸説ありですが、「オモニ(お母さん)」の「~モニ」と同じです。

でも、「身分の低い女がアジュンマともアジュモニとも呼ばれるからどちらも嫌だ」という社会風潮になってしまったわけです。

だから、適切な呼び方が無くなってしまったわけです。

 

同じ理由で、韓国では姓+氏(金氏、李氏)という呼び方はなぜか無礼なことになっています。自分より格下の相手(家で雇った運転手など)への呼び方だったからです。詳しくは、それも敬語には間違いないですが・・

疲れる社会ですね。

 

 

 

<「徴用工」の悪心>、重版が決まりました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

149+

123 Replies to “セルフ身分制度”

  1. いつの間にか、お母さんの呼び名が重荷(オモニ)になったのですね。

    (´・д・)・・・誰か言ってそう
    こんなバカなこと誰も言わないだろうね(-А-`)

  2. >「お客様」とか「客本人の名前+様」と
    >呼んでもらいたいものです。

    シンシアリーさんの本文もそうですし
    七誌さんの言いたいところもおそらくこれです。
    氏(韓国)=様(日本)
    「客本人の名前+氏」=(おそらく)眠り猫さんの求めている尊称
    ・・・ですが既にこれが今の韓国では
    既に「相手を見下す呼び方」と認識されていますから
    客をどうお呼びしても文句を言われる状態の
    カオスな状況を嘆いているのが
    シンシアリーさんと七誌さんの投稿なのです。

    1. と言うより、この人は書かれてる内容が10のうち9くらいしか頭に入ってないw
      目に止まった箇所だけレスやアンカー付けまくってるだけで。
      姓+敬称が「お客を見下してる事になる」珍事、ってのが理解できてない人はざっと見ても他にいないっすよ。

  3. >七誌さん

    >「成人女性に関する呼び方」が、お母様になるのまではわかるんですよ。日本でも奥様、外国でもマドモワセルとよびますし。
    日本の話ですが、結婚していない30代以上の女性にとって
    「お母様」「奥様」「おねーさん」と呼ばれるのは、相手を一発殴りたくなるほど
    不愉快な言葉なのですが。
    けどでも大人の対応で「不愉快さを相手に悟られないように」笑顔を返しますが。
    ●子供がいない。
    ●結婚していない。
    ●もうお姉さんと呼ばれる年じゃない。
    けど、さすがに「おばさま」「おばさん」と呼ばれて嫌な顔をしない人はいないと思う。
    喧嘩売ってんのか!って、レベル
    接客業なら要注意ですよ。
    「お客様」とか「客本人の名前+様」と呼んでもらいたいものです。

  4. おみおつけ 見たいに重ねていくのは?モニモニモニと。

    修飾のインフレなんてよくあるでしょ。
    日本だと集合住宅の事を、マンションだとかレジデンスとか、

  5. 今さらの余談ですが

    いつの頃からか、国会で議員連中が「国民の皆様」と言うようになったのに違和感を感じている
    表だけでは「私は公僕ですよw」って意識が見える気がするし

    そもそも「国民」という言葉は全体的呼称であり、国民=複数を表すのではないだろうか
    「ワシも国民の一人であ~る!」という言い方はあっても
    「国民の皆様」っていったい何なんだと

    異議異論は認める

    1. > 表だけでは「私は公僕ですよw」って・・・
      意識が見えるかどうかは、人によるだろうし。
      たとえ表だけでも、何も言わないよりは、あるべき姿勢を示しているという意味で評価してよいと、私は考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。スパム対策です。申し訳ありません