セルフ身分制度

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

妙な記事がありました。韓国社会の「成人女性に関する呼び方」が、混乱しているようです。

本ブログでも、韓国の「客に対する敬語がもはや宇宙語」という内容を書いたことがあります。

客に「お父様、お母様」と呼ぶのは普通で、「愛しています」が挨拶で、敬語をつける部分も無茶苦茶(『製品が不良でいらっしゃいますか』など)。

その副作用でしょうか。呼び方、特に成人女性に対する呼び方が、混乱しているというのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

普通、(自分の家族以外の)成人女性には「アジュンマ(아줌마)」が普通で、敬語で「アジュモニ(아주머니)」となります。

でも、いつからかこうなってしまいました。

・家族以外の成人女性を「お母様」と呼ぶのが普通になってしまった

→相手(お客様)は「なんで私をお母様と呼ぶのか。私の子がお前と同格なのか。気持ち悪い」と快く思われなくなった

→お客様を「アジュモニ」と呼ぶ

→客は「なんで私を見下すのか」と怒る(お母様という呼び方を乱発したせいでアジュンマ、アジュモニという呼び方が失礼なものになってしまった)

→息子、娘の名前を付けて「(息子・娘の名前+)さんのお母様」と呼べばいいけど、個人情報だから息子・娘の名前まではわからない

→仕方なく、客の名前のまま「(客本人の名前+)お母様」と呼ぶことになってしまった

→「どこの言語体系だ」とバカにされる

→どうすればいいのかわからない

https://news.v.daum.net/v/20190112073105192?d=y

 

韓国で「アジュンマ」のイメージが悪くなったのは、食堂で働く人や家政婦への呼び方がアジュンマだったからです。

でも、そんな中でも、家政婦などに対してもちゃんと「アジュモニ」と呼ぶ人たちもいました。アジュモニは敬語です。詳しい語源は諸説ありですが、「オモニ(お母さん)」の「~モニ」と同じです。

でも、「身分の低い女がアジュンマともアジュモニとも呼ばれるからどちらも嫌だ」という社会風潮になってしまったわけです。

だから、適切な呼び方が無くなってしまったわけです。

 

同じ理由で、韓国では姓+氏(金氏、李氏)という呼び方はなぜか無礼なことになっています。自分より格下の相手(家で雇った運転手など)への呼び方だったからです。詳しくは、それも敬語には間違いないですが・・

疲れる社会ですね。

 

 

 

<「徴用工」の悪心>、重版が決まりました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

153+

123 Replies to “セルフ身分制度”

  1. 疲れる国と言ってしまえばそれで終わってしまいますけどね、その言葉の変遷自体は、その理由も含めて面白い(興味深い)と思いました。

  2. 今回の話は戦後日本において「朝鮮」という言葉が差別用語のように扱われてしまった経緯に少しだけ似ているのかな?と思いました。
    日本の場合はメディアや自称文化人が主導してきたようですが・・・

    それにしても韓国に根付いてしまってる身分制は凄まじいですね。
    こういうことをしていると、とんでもなく息苦しく殺伐とした社会になるわけで、海外移住する人が増えるのも当然なんでしょうね。

    そして海外移住した人も、結局韓国式身分制の呪縛から逃れられておらず、「どっちが上か下か」「下の存在である日本(人)や黒人には何をしてもいい」と考えている人も多いように思います。

    その国の道徳や良識を破壊して、そこから浸透しようとするのが左翼の手口の一つですが、今回のような韓国の事例は左翼や自称リベラルの工作とも違うような気がします。
    そしてそれだけに、もうどうしようもない社会になってるんだろうとも思いました。

  3. って言うか、『身分の低い(相手、女、人間、など)』ってそもそも何なの?と感じますよ。
    中国人もごく普通に「トイレ掃除は身分が低い人間の仕事」とか言いますが、朝鮮のその辺が心底嫌いです。

  4. ……お母さんの前に「敬愛する」「偉大なる」「英明たる」とか「人類の光明」「民族の誉れ」とかつけて、泣いて縋りながらこんなに愛していますと接客すればご満足いただけるかしら。歌うたうとか。

    それか敬称とは別に罵倒……あ。だから罵倒表現が増えるのか。
    常に序列の確認が必要で差が無い所にも差を作って行かないといけないから美称を重ねるか蔑称を作っていくかしないと確認が出来なくて収まりが悪い気になるんですね。で、他と同じは序列を下げられたと看做して不満を貯めると。(自主規制)じゃなかろか。

    1. 北や、北!。
      敬称付けるとか、美称つけるとか・・・・。
      いちいちが、面倒くさい!。
      敬愛する朝鮮労働党第一書記で、偉大なる領導者、英明たる同志、朝鮮労働党政治委員会委員長人類の誉れ、朝鮮労働党軍事委員会委員長で民俗の誉れ大元帥閣下・・・・。
      長い!。
      ホント、肩書きが好きだよね~~っ。

  5. 客と接客スタッフの諍いが実にウリナラ的で絶妙なハルモニィーを奏でていますね。

    残念ながら朝鮮民族にとっての心地良さは他国の人にとっては不快としか受け止めらず、喧騒=不協和音と感じるので当然ながら朝鮮民族に対する印象が悪化する事はあっても向上させる事は無いでしょうね。

    小競り合いや諍いの種が尽きない民族性は実に難儀です。

    1. そうそう 自己防衛 自己防衛 なんせ 相手も 直ぐに火病る 同胞。
      仕方ない 生きる手段。

  6. 関東の人が、「大阪ではお店の女性店員(若くない)にお姉さんと呼びかけると怪訝な顔をされ、おばちゃんと呼びかけると普通に対応してくれる。東京ではお姉さんと呼ばないと対応してくれない。」と言っていたのを思い出しました。

  7. 根底に「奴隷制度ありの時代が懐かしい。私は両班」
    形式的な言葉を考えることなく使用していても、自分は他人より上であらねばならぬカンコク人の葛藤、察し申し上げます(笑)

  8. 以前、ある韓国在住日本人のブログをよく読んでいました。そこに、韓国では顧客への敬称として、取り敢えず「社長様」をつけるのだと書いてありました。今回このエントリーで紹介されている話は、そのような状況が更に酷くなったということでしょうかね。

    因みに、その韓国在住日本人のブログ、最近は殆んど更新がありません。ブログ主さんは息をひそめるようにしてまだ韓国で暮らしておられるのか、既に日本に帰国なさったのか。後者であるよう、願わずにはいられません。

    1. 米国では「将軍」とか「大佐」とか呼ぶと聞いたことがあります。映画だったか小説だったか…

コメントは受け付けていません。