セルフ身分制度

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

妙な記事がありました。韓国社会の「成人女性に関する呼び方」が、混乱しているようです。

本ブログでも、韓国の「客に対する敬語がもはや宇宙語」という内容を書いたことがあります。

客に「お父様、お母様」と呼ぶのは普通で、「愛しています」が挨拶で、敬語をつける部分も無茶苦茶(『製品が不良でいらっしゃいますか』など)。

その副作用でしょうか。呼び方、特に成人女性に対する呼び方が、混乱しているというのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

普通、(自分の家族以外の)成人女性には「アジュンマ(아줌마)」が普通で、敬語で「アジュモニ(아주머니)」となります。

でも、いつからかこうなってしまいました。

・家族以外の成人女性を「お母様」と呼ぶのが普通になってしまった

→相手(お客様)は「なんで私をお母様と呼ぶのか。私の子がお前と同格なのか。気持ち悪い」と快く思われなくなった

→お客様を「アジュモニ」と呼ぶ

→客は「なんで私を見下すのか」と怒る(お母様という呼び方を乱発したせいでアジュンマ、アジュモニという呼び方が失礼なものになってしまった)

→息子、娘の名前を付けて「(息子・娘の名前+)さんのお母様」と呼べばいいけど、個人情報だから息子・娘の名前まではわからない

→仕方なく、客の名前のまま「(客本人の名前+)お母様」と呼ぶことになってしまった

→「どこの言語体系だ」とバカにされる

→どうすればいいのかわからない

https://news.v.daum.net/v/20190112073105192?d=y

 

韓国で「アジュンマ」のイメージが悪くなったのは、食堂で働く人や家政婦への呼び方がアジュンマだったからです。

でも、そんな中でも、家政婦などに対してもちゃんと「アジュモニ」と呼ぶ人たちもいました。アジュモニは敬語です。詳しい語源は諸説ありですが、「オモニ(お母さん)」の「~モニ」と同じです。

でも、「身分の低い女がアジュンマともアジュモニとも呼ばれるからどちらも嫌だ」という社会風潮になってしまったわけです。

だから、適切な呼び方が無くなってしまったわけです。

 

同じ理由で、韓国では姓+氏(金氏、李氏)という呼び方はなぜか無礼なことになっています。自分より格下の相手(家で雇った運転手など)への呼び方だったからです。詳しくは、それも敬語には間違いないですが・・

疲れる社会ですね。

 

 

 

<「徴用工」の悪心>、重版が決まりました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

153+

123 Replies to “セルフ身分制度”

  1. >namuさん

    >うーむ 前から少し気にはなっていたが,シンシアリー氏 という呼び方は失礼に感じるのだろうか.
    >マングース隊員さん への返信を見ると姓だけは少し失礼,フルネームやファーストネームならOKとのこと.ならば シンシアリー はフルネームなので問題ないと理解しておこう (笑 というか日本語だしね

    シンシアリーさんの場合は、おそらくsincere lee
    sincere しんしあ(誠実な、正直な、本心をいう、うそ偽りの無い)の李さん なんでは?
    韓国人の李を英語表記する時は、i(イ) lee(リー)と書く訳で
    つまりハンドルネームの意味は、正直者の李 なので
    正直者の李氏 と呼ぶのは失礼じゃないと思います。
    または、(李の本音)と訳すべきか?
    けど、しんしありーさん自身がどう思うかは知らないです。

    元々、朝鮮人の名字の李というものは、リと発音するもので、
    北朝鮮人と在日韓国人と在日朝鮮人、朝鮮系中国人はリと読みます。
    が、韓国生まれ韓国育ちの韓国人のみ、イと発音。
    これは朝鮮半島の南部なまりで、初代韓国大統領が韓国を建国したとき
    南部なまりを正式な韓国語としたためだとか。
    金日成も韓国読みはキムイルソンだけど、北朝鮮読みだと、キムウィルソンだとか
    ノドンも漢字で書くと、(MRBM)。「蘆洞/노동」で、ノドンというのは韓国なまりな訳です。

    在日韓国人で、李と書いて、イと名乗る人をみると、韓国生まれなんだろうなーと、思うわけです。

    1. なるほどね~っ。
      今頃、韓国政府が必死に身元探してるぞ!。
      お節介も、此所まで来ると大変だよね~っ。
      帰れないじゃん?。
      「伏せておく。」上品さが、在日には無いのかね~~っ。

    2. >>眠り猫さん
      その件は旧ブログの時に,ご本人からもありましたね.個人的には”sincerely”の駄洒落かな と思っていますが,まぁ これ以上の詮索は必要ないと思っています.

      蛇足ですが,眠り猫さん は返信でなくアンカーを用いる意図があるのでしょうか.私は全コメントの確認はしないので,折角のご返信を見逃す恐れがあります.

      何らかのご事情があるやも知れませんが,通常の返信もされているので少し不思議に感じております.余計な詮索で申し訳ございません.回答を期待するものではなく,ご返信をいただいた機会に記したまでです.

      敬具

  2. 日本だと見ず知らずの人相手を呼ぶのに、若~中年ならお兄さんお姉さん、明らかに年齢が上なら、お父さんお母さん呼びするでしょ。ざっくばらんだけど礼は失しないと。
    前の人がなにか落としたら、お姉さん(お母さん)!落とし物だよなんて風に。
    もうちょっと砕けると、アンチャン、オッチャン、ネーチャン、オバチャン。「店のオバちゃん」とか「配送のアンチャン」とか。
    直に呼ぶときは、店員さんだったり、郵便屋さん、ヤマト(佐川)さんに化ける。
    内と外の感覚はあっても上下かと訊かれると違う。
    もう十何年も前だけど、私が釜山に行かされてた時は、みんな“アジュマ!”と呼んでて、そんな呼称はなかった。
    結局、上述の「お父さん」「お母さん」呼称の一部だけが間違って輸入されて定着、底意を知らないまま使うから変な方向に進化しやすいと。

    しかし二人称はさらに独特。言霊信仰が日本よりも悪い意味で根強いから。
    名前を知られるのは魂を縛られるのと同じ、鬼魅降伏から呪詛まで(返しも含め)初手は「相手の本名を知る」事からだよね。
    実際、昔の皇帝(朝鮮だと国王だね)は号や字だけで名前は伏せられたまま謚しか分からない人も多い。元服前の幼名も知られてるわが国の歴代天皇とはかなり違う。

    思い出したんでついでに。『万葉集』巻頭の雄略天皇。
    「こもよ み籠こ持ち 堀串ふくしもよ み堀串ぶくし持ち この岡に 菜摘ます子 家聞かな 名告のらさね そらみつ 大和の国は おしなべて 我われこそ居をれ しきなべて 我われこそ座ませ 我われこそば 告のらめ 家をも名をも」(間違ってたらごめん)
    姉さんどこの家の娘?名前教えて?俺!?俺はこのへん(大和)治めてんだけど、じゃ俺から名乗るよ。とナンパ歌だからこれくらいか。恋の初手も互いの名前を知ることから。(仮にも天皇がチャラ過ぎる気が…)

    その行き過ぎで「佐藤さん」「高橋さん」みたいな呼び方や、スケジュールでも「n日n時(株)○△ 山田“氏”来社」みたいな書き方はすごく嫌がられる。
    だから肩書きでしか呼ばない呼ばせない、さらに敬称まで重ねる。日本でも社長様とか部長殿とか二重敬称の誤用もあるけど、重ねるのが当たり前って感覚はない。
    格下のパシりなんて名前で呼んで常に縛っておかないとね。

    日本だと減ってきてはいるけど、珍妙な敬語(させて頂く症、よろしかったですか症、おっしゃられる症)も健在。この根底に「よく分からないからとりあえず付けとけ」という、いい加減な考えがある。
    この先、韓国で敬語表現・敬称がどうなるかは『論語』を朱子学的な原理主義で読むと方向が見えてくる。身も蓋もないけど「迷走」。

    1. >ワシ(ハンドルネームってのも名を隠すための手法だね)さん

      けど、ハンドルネームって、自己紹介でもありますからね。
      親がつけた名前ではなく、自分自身でつけた名前です。
      シンシアリーさんのHNの由来は、私は正直な李です。って名乗っているのか?
      またはご本人の本名が、李正直(イ チョンジク)だったりで
      それを英語にしたのかな? なんて色々考えてしまいます。
      もっとも韓国人の名前にイ チョンジクさんなんて、いそうもない気もしますが、
      約束 契約 正直という言葉が元々韓国語にはなかったので、
      ヤクソク ケーヤック チョンジクまたはショウジキ
      正直に言う=ソルチキマラダ とか、日本語をそのままあてているそうなので、
      さすがに元々韓国語にない単語を人名には使わないとは思いますが。

      ちなみに私のHNの眠り猫は、東照宮の彫刻職人左甚五郎の作品からとりましたが
      裏で雀が舞っていても「猫も寝るほどの平和」を願ってみました。
      それと猫のようにいっぱい眠りたいなーという気持ちもありますが。

      1. そう言えば左が彫ると、腕のあまりの良さに彫った物が動き出すなんてのは当たり前で。
        ついには自分で自分の身体を彫って、腕をすげ替え、足をすげ替え頭はどうしたのかw
        傑作が数百年に渡って作られてるのも、作り物の左がせっせと量産したとかしないとか・・・。(上野の東照宮が寂れてて悲しい)

        まぁハンドルネームはただの喩えなのに全然伝わってなくて、そんなに書き方悪かったかなあ?w
        実名さらしてやるのは、現社会でも命を縛られる相当の損失を被るので考案された代称という知恵なだけ。
        これがお店さんなら名札に○×と書いてあっても、日本だとよほどの低レベルでもなけりゃ直には呼ばない。韓国なら「おい○×!」と呼ぶのがお客様の態度。
        まぁシンちゃんと呼ぼうがシンシアリー氏と呼ぼうが好きずきだし、名前の意図まで知らん、礼節さえ欠かなきゃ問題ないだけ。(少なくともわが国では)
        帰化して晴れて日本人!なら国民情緒法で「本名をさらせ」なんてやられずに、自然に実名で言論発露できる機会も生まれよう。本来あるべき姿だし、親だろうが反だろうが思想的な立ち位置次第で暴力に曝されるってのはおかしい。
        ただ、少なくとも責任ある言論って意味では、筆名の本名非公開でやるんなら、新書止まりで論文として扱われる事はない。

        ここからはわき道だけど、既刊の新書にも国語表現としては意味の通じない箇所が多々ある。新書なら許容されたよく分からない口語表現も、単行本になれば校閲が入って赤線引かれる。
        論文としては全く語彙も文法も勉強が不足している。呉善花氏や黄文雄氏や石平氏(積弊!?)のように安直な反日日本人を論破できるだけの論文が構成できるか。
        ここからは日本が好き、だけではやっていけない部分。活動の場も広がるが、引き受ける責任も大きくなる。
        私は彼なら出来るとは思うけれど、ただのブロガーで終わるか論客としてきのこれるか、後者に期待している。

    2. 名=親が子に付けるので、名を呼ぶのは親、もしくは兄弟。
      字=自分自身に付ける名で、字を呼ぶのは同僚、上司。
      諱=出世して、領主、国王から賜る名で、公式名となる。
      諡=死後に贈られる名で、後世の歴史書は総て諡で書かれる。
      諡(号)しか解らないのは、後世に書かれた文書しか存在していない為ですね。
      儒教の経典「礼記」には、そう書かれて有ります。

  3. コントのネタかなんかですかね?
    不覚にも笑ってしまいました。まさかそんな面白いことが起こっている国があるわけが…あるんですね。
    もう「神様」とでも呼べばいいんじゃないでしょうか。お客様は神様だとよく言いますし。

  4. 面倒くさいからさ。
    「女王様」で、良いんじゃ無いかと?。
    漢字を棄てたから、表現の原意が不明に為ってるんだよね~っ。
    日本語も元々は、身分に関係なく他人に対しては「敬語」を使う事に為って居た・・・。
    其れが何時の頃からか、目上の者に対してのみ「敬語」を使う様に為った。

    ただ、韓国の場合。
    「上に為りたい、上に為りたい。」「見下されない、見下されない。」の願望が強すぎる!。
    だから語意よりも、表明的上下に拘りすぎるんだね。
    お客様と言ったって、売買が成立してしまえば「お客様としてのもてなしも終了してしまう。」
    そう言う場所に「上下」を持ち込んでもねーーっ。
    日本人の感覚として「理解不能」だ。

    1. そっち趣味の人に「女王様」は逆に面倒そうww
      「女王様!!」「豚野郎がなにを気安く呼んでいるの?」みたいな事前の主従関係がないと成立しないし(違。

      いっそ男性客は「天帝」、女性客は「西王母」に統一とか?w

  5. うーむ 前から少し気にはなっていたが,シンシアリー氏 という呼び方は失礼に感じるのだろうか.

    マングース隊員さん への返信を見ると姓だけは少し失礼,フルネームやファーストネームならOKとのこと.ならば シンシアリー はフルネームなので問題ないと理解しておこう (笑 というか日本語だしね

    個人的には,一線を引いた客観的であろうとする視点を表すために シンシアリー氏 という呼び方を用いている.星新一(SF作家)の影響もあり,私にとっては馴染み深く非礼の意図はまったくない.

    二人称での呼びかけに戸惑うことは少なからずある.そこには双方の関係性への認識が潜んでおり,時に呼びかけた相手に不快感を与えてしまうことは承知している.

    呼びかけられた側も状況を察して判断する.小さい子どもから お姉さん と呼ばれた時と,自分より少し年上と思った人から お姉さん と呼ばれた時では,若い女性の反応は全く違うのではないだろうか.

    また 言葉の変化の背景に その時代の雰囲気 が観察できて面白い.年代によって感じ方が変化するのも当然なのだが,その感覚の変化が急激である傍証にもなるかもしれない.

    余談だが「お客様は神様です」の真意は巷で流布される主旨とは違う.唄うときの心構えとして『神の前で唄う気持ちで』という趣意だったと聞く.尤も 三波春夫自身も曲解をネタとして受け入れてたけど w

    本来はエンターテイナーの心構えなのだ.些かの拡大解釈をしたとしても,審判を受ける側の覚悟だろう.それでも お客様は審判を下す存在 というだけで,崇め奉る対象という意味ではなかった.

    そんな誤解でも巷に広がれば誤解された意味が一般化する.そんな語義解釈の変化にも,世相が表れることが興味深いと思ふ.

  6. 元々は良い言葉だったけど、韓国のせいで
    悪い意味になった日本語

    慰安 慰安旅行

    ちなみに会社で、慰安旅行と社員旅行では
    法律的に慰安旅行のほうがお得なのです。

    社員旅行は福利厚生費で落ちないので、課税対象になります。

  7. アジョシ(?)は八月のクリスマスで覚えました。
    なんか凄いことになってますね。なんで最初にお母様になってしまったのか、そこがよく分かりませんけど。筒井康隆の不条理世界な感じです。この先の変化が楽しみですね。

    1. 「成人女性に関する呼び方」が、お母様になるのまではわかるんですよ。日本でも奥様、外国でもマドモワセルとよびますし。

      マダム
      1.
      夫人。奥様。 「有閑―」
      2.
      酒場などの女主人。
      ▷ madam

  8. 日韓の違いという点で言えばこのエントリがそのまま回答になってますね。
    即ち、日本では「目上」か「目下」か。
    韓国では「格上」か「格下」か。

    誰が目指した結果なのかわかりませんが、なかなか素敵な社会ですね。
    まぁ、「格下」の日本に嬉々として旅行や商売に来るようなことにならないようにしていただきたいものです。格が落ちてしまいますので。

コメントは受け付けていません。