韓国で「親日」がいけない(表向きの)理由は?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「お気に入り」フォルダーから古い記事がいくつか見つかって、あーそういえばこんなことあったなーと読んでみました。

国民日報の『シンシアリーは実名を明らかにしたらどうだ』記事はいつ読んでも面白いです(すでに面白いの基準が壊れているシンシアリー

そんな中、親日サイト大々的な取り締まりと閉鎖に関する記事を見つけました。2005年、2012年に1回ずつありました。サイトだけで約50サイト(2005年記事より)、書き込みの数では3ヶ月で1万9000個(2012年の記事)が対象だった、と言われています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

その際に「親日サイトがいけない理由」っぽいのが書いてあったので、今日はそれを紹介します。2005年11月1日世界日報です。

<情報通信倫理委員会は、憲法精神に反し、著しく歴史を歪曲している21個「親日・反韓」サイトの49件の情報を審議し、41件の情報について削除を要請したと1日明らかにした・・

・・情報通信の特性上、表現の自由や思想の自由は最大限保障されるべきだが、これらのウェブサイト(※親日サイトのこと)は、健全な常識を持った私たち国民を憤怒させるだけでなく、未来志向的で発展的な韓日関係を確立するために、むしろ障害に作用する恐れが高いことが、情報通信倫理委員会の判断である。

特に歴史的事実を著しく歪曲したり、国や社会の存立の基本システムを著しく毀損するおそれがあり、青少年の健全な人格と市民意識の形成を阻害する反社会的・非倫理的な情報が含まれたものと見ている・・>

https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=022&aid=0000127862

 

2012年の場合は「接続遮断」されたブログもある、とのことです(2012年8月31日、東亜日報)。このときに放送通信審議委員会が動いて、多数のサイトが本格的に閉鎖となりました。妙なことに、取り締まりと李明博大統領の天皇侮辱発言とタイミングがほぼ同じです。

http://news.donga.com/3/all/20120831/49006098/1

 

まず出てきたのが、「憲法」です。反日から生まれた国ですからね、韓国は。引用した部分では最後の部分にある「国家や社会の存立の基本システム」も同じ意味だと見ていいでしょう。

次に、「健全」という言葉。人格、倫理、市民意識。そういうものが「親日」とは共存できない、というのです。すなわち、親日は韓国にとって反社会的なものです。

 

次に、「未来志向」「発展的」などの言葉から、親日は韓国がいう「未来志向」には含まれていないことがわかります。親日サイトを非難するときによく「日本の主張そのままだ」というフレーズが出てきますが、それも同じです。良い悪いの判断基準が主張の内容ではなく、日本と同じ事を言うから悪いことだ、というのです。

 

 

<「徴用工」の悪心>、重版が決まりました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

193+

139 Replies to “韓国で「親日」がいけない(表向きの)理由は?”

  1. 日本の政治家はもっと、この親日を罪にするような狂った国だという
    事を言ったほうが良い。

    最近やっと、「煮え湯を飲まされ続けてきた」的なことを言っても
    普通に受け入れられるようになってきたが、まだまだ足りない。
    国民の大半は、親日が罪になるなんていう頭のおかしい発想があるという
    事を知らないし、知っても信じない段階だ。あまりに荒唐無稽すぎるから。

    1.  それを全く伝えてこなかった日本マスコミに、責任があると思う。

      1. ネットでマスコミの偏向報道叩きが勢いを増して来たからね。今はスマホで接続できるし、主な情報源が新聞やTVではなくなってきた。さすがにこういう風潮にワイドショーなんかは話を合わせざるをえない。「ネットランキング」をネタにするならそうなるわな。
        マスコミには責任なんて元もとなかったし、今でもない、これからもないでしょ。責任を問わなきゃならないとしたら、私自身であり、あなた自身だと思いますよ。そういう新聞を購読したり、TVを見たりしてること自体が責任です。マスコミは商品を売る側。それが間違ってるかどうか、必要でないかどうかは買う側、あなたや私が決めること。つまり責任は消費者側にある。主体は私たちなのです。

        1.  ネットのなかった時代を知ってますか。新聞・テレビ・出版が、情報のすべてだった。日本のマスコミが、一部の情報を故意に伝えてこなかったことには、責任がある。

          (資料)
          ・https://ja.wikipedia.org/wiki/プレスコード
          ・江藤淳 『閉された言語空間 占領軍の検閲と戦後日本』文春文庫、1994年
          ・西尾幹二『GHQ焚書図書開封』(シリーズ)
           https://www.youtube.com/watch?v=Ehj1rHJuWwY&list=PLubSbhcjV7IBRsRKZ1qXog74eod2NJ-09

  2.  体制側の思想に反するものを取り締まる。強権的な国では、よくある事です。 で、それをやり続けた結果、今日の韓国にたどり着いたと。

  3. >七誌さん
    >いつかは多くの韓国人の子供達が学校でうそを教えられていたんだと知る日が来ると思いますけどね。
    >こないね、そんな日は絶対に。あなたはそれが理解できてない。

    すでにキムワンスプさん、オソンファさん、バンダービルドさん、無明さん
    など有名な人達がいます。
    >親日サイト大々的な取り締まりと閉鎖に関する記事を見つけました。2005年、2012年に1回ずつありました。サイトだけで約50サイト(2005年記事より)、書き込みの数では3ヶ月で1万9000個(2012年の記事)が対象だった。
    と、あります。そして在日韓国人留学生達でも事実を知って、
    うそだ。絶対うそだ!と、いいながら自分で調べて愕然とする人達がいます。

    韓国人自身が外国語を勉強して、ネットをしたり仕事で海外にいって、
    韓国の教科書はつじつまがあわないし、韓国人以外の外国人達は、韓国の教科書を間違っていると笑っていると、わかってしまうわけですが今はまだまだ少数派だけど、グローバル社会の弊害で、増える一方なんですよ。
    七誌さんこそ、この現実が見えないだけでは?
    ただし「韓国の教科書はおかしい」と、わかっていても、韓国人は韓国でそれを口にしないだけですよ。
    本人自身が認めたくないし、回りにしゃべったら仲間はずれにされるのです。
    本心から韓国の教科書を信じているのと、教科書がおかしいとわかっていても子供や周囲の人達に
    うそを教え続けていくのです。
    だいたいが、親日サイトを取り締まる行為そのものが、本当は韓国の歴史は、うそだとわかっていてその上で、ばれたらまずいと思って取り締まってるわけですよ。
    韓国人のネットのコメントを見ても、同じ人の文章の前後で矛盾したものをみかけます。
    韓国はずっと中国とは対等の独立国。貢ぎものはあくまでも貿易の形式上…と、いっときながら、最後のほうでは、中国のやつらはいまでも韓国を属国だと思っているのか。などと(なんだ。本当は属国だったのを知っておきながら、韓国はずっと独立国といいはっているのか)とかね。

    本当に騙されているということと、ウソだとわかっていながら、ウソをつき続けて認めないことというのは別だっていうことですよ。韓国の火器レーダーの反論動画といっしょですよ。

    あなたにはその違いがわからないのですか?

    本当に騙されているだけなら、いつか韓国は事実をわかってくれるかも。って、期待ができるんだけど、
    韓国のほうがウソをついているとわかっていながらも、それでもウソをつき続けて認めないなら、永久に日韓はわかりあえない。って、 もっと絶望的 って、ことなんですよ。

    1. >眠り猫 さん

       完全同意!
       この先どうなるかは予測が難しいが、全否定する七誌氏が間違っているのは確か。

      1. エンコリの軋轢の中から歴史に向き合おうという人らが
        立ち上がったという流れは2005年の弾圧が証明してるし
        韓国人の可能性を全否定するつもりはないのですが、
        自分たちの可能性を摘み取ることに長けているのも
        朝鮮人の深刻な民族的特徴であるように思われます。

    2. 韓国人が事実を知ったとしても、本質的には変わらないと思いますよ。せいぜいが併合前の状態と同じになるだけ。
      なぜなら、韓国人の思考が朝鮮儒教をベースにした上下関係を重視するものであるから。日本が韓国よりも経済的にも上位であるうちは親日になるでしょう。でも何らかの理由(戦争でも災害でも)で長期に渡って落ちこみ、韓国のほうが上と考えた時には今と同じように日本を貶め乗っ取ろうとするでしょう。
      江戸時代の朝鮮通信使の記録(山東壮遊歌)にも、日本の状況(自然環境やもろもろ)を羨み、ここが朝鮮であればとの思いが歌われていたくらいですから。

    3. 今まで知ってつもりの概念が崩れた時の反応は三通り。
      へー、で終わる。事実を広める。事実を葬ろうとする。

      不都合なものであれば広める側と葬る側が対立するけど
      その比率がどうなるのかは民族性次第だと思われます。

      事実を尊重するには国を良くしたい愛国心が必要ですが
      民族主義教育を受けてきた世代は後になればなるほど
      愛国心が薄れていく傾向にあるように見えるので……。
      時間が経過するほどに絶望が深まっていきそうです。

    4. 親日は韓国では反社会的とみなされるので、本気で親日を養護する人はほとんどいない。
      親日サイトや親日言論をする人は、敢えて社会通念に挑戦する無職やニートの社会不適合者がほとんど。
      独立国家を運営する能力がないことを受け入れて日帝時代に大人しくしていた朝鮮人が、連合国に独立させられるや否や日本を裏切って省みないことは不思議でもなんでもない。彼らはもともとそうなんです。
      事実を知ったら変わるはず、というのは甘い考えだと思います。

  4. 私は2000年代初頭頃までは、韓国に比較的好意的な目を向けていました。その私が変わったのは、「韓国では親日が例外なく反社会的なこととみなされている。しかもそれは韓国の国是だ」と知ったからでした。それを知って物凄くショックを受けたし、精神的にも傷つきました。それでも、韓国は所詮近くて遠い国に過ぎなかったので、ほぼ頭の中から除外して暮らしていました。友達からソウル旅行に誘われたときも、「韓国だけは止めたほうがいいよ」と一言言っただけでした。結局参加しなかったのは私一人でした。ソウルから帰ってきた友達は皆一様に腹の具合を悪くしており(何を食わされたんでしょうね?)、全員不機嫌だったのをよく覚えています。旅行に行ってプンプン怒りながら帰ってくるなんてねえ。それに彼らの身体中から発せられるニンニク臭がしばらく消えなかったことも忘れられません。

    韓国=人を不幸にする国です。腹の底からの実感です。

    1. ああ、その頃、私も韓国語を勉強してました。
      主に膠着語の勉強のためですが。
      10回位韓国の地方都市にも行きました。
      結果は「知れば知るほど・・・」以下略
      日常会話程度は出来ますが、2度と韓国には行きません。

    2. 私は暇潰しに韓国語の勉強を再開しましたよ。
      韓国人は何をモチベーションに嫌いな日本の言葉を勉強して、あのように上達するんですかね?
      用日ならぬ用韓でよろしい。
      韓国人と仲良くなる必要などなく、親しく会話することなく、珍しい物を探して黙って行って黙って帰って来る。
      私は好奇心だけで韓国語を勉強しています。

  5. >韓国で「親日」がいけない(表向きの)理由は?
    親日派が増えると韓国という国そのものが壊れてしまうからでしょう?
    韓国では憲法で日韓併合中の臨時政府が
    国家の始まりとされている。
    そして北朝鮮の金一族が尊敬されているのも、
    抗日パルチザンで、戦時中に日本軍相手に戦ったから
    (もちろんうそで、金日成の本名はきむそんじゅ。パルチザンで有名なキムウィルソンの偽者ですが)

    著しく歴史を歪曲しているのが、実は日本ではなく韓国のほうだとばれてしまう。
    オソンファさんも、日本に留学して「韓国の独立門は、日本からの独立のお祝いで建てたものだと教わったけど、実は朝鮮はずっと清帝国の属国で、日本のおかげで清から独立した時に、迎恩門を破壊して建てたものだ。韓国の独立記念館も全部うそで、日本は拷問などしなかった。あれは朝鮮式の拷問だ。あの写真は戦後にイスンマンが共産主義者を拷問した時のものだ」と、事実をしって
    そのことを本に書いて、韓国政府を怒らせて韓国に戻れなくなってしまい、日本国籍を取得したわけで、
    惨めな歴史をうそで塗り固めて、学校で教えているのがばれたら、大変なことになるからですよね。
    でもネットが発達し、多くの韓国人が日本に遊びにきて、騙されていたと気がついた韓国人が次々に
    ブログで発信しちゃうから、困ってしまって取り締まった。
    けどね、いますぐじゃなくとも、いつかは多くの韓国人の子供達が学校でうそを教えられていたんだと
    知る日が来ると思いますけどね。

    1. 補足 日本は併合時代に朝鮮人を拷問などしなかった。
      というのは、明治政府では、西洋人から未開な国だと
      思われないように、法律で拷問を禁止したからです。

      なので、現在の警察が、容疑者を拷問できないのと
      同じで、明治、大正も警察は拷問できませんでした。
      映画やドラマで共産主義者の拷問シーンがでてきますが、
      実際は、あんな拷問器具を使って、どうどうと写真を撮られるような拷問を堂々と行なうことはなかったということです。

      ばれないように、顔をねらわずに服の下をゴムホースで叩くとか
      バケツに水をいれて、頭を押し込むとか、証拠が残らない方法での
      拷問だったらあったのかも知れませんが、
      韓国の独立記念館の(朝鮮式拷問器具)を使用して、写真を撮られるような公開拷問はありえない。 ということです。

      1. >眠り猫様

        私も、歴史的ドラマや韓国の博物館で見る拷問風景は、「嘘八百」だと確信しています。

        しかし一方で、当時の日本で巧妙な拷問が行われたであろうことは忘れてはいけないと思います。その場合でも、被害者は朝鮮人ではないですが…。たとえば「蟹工船」を書いた小林多喜次は、取り調べ後に変死体として自宅に返されました。彼が共産主義者だったかどうかはわかりませんが、少なくとも扇動者でも犯罪者でもなかったことは明らかです。だから、全く拷問がなかったということでもなく、朝鮮人がいうような派手な拷問風景があったということでもなく、事実はその中間にあるということだと思います。そして拷問の被害に遭ったのは、主として日本人の知識階級であり、朝鮮人ではないでしょう。

          1. 【「蟹工船」を書いた小林多喜次は、】
            とあるように、亡くなったのは小林多喜二本人ですが。
            ttps://ja.wikipedia.org/wiki/小林多喜二#最期

            彼が書いた小説の中のことではありませんよ。

      2. >眠り猫 さん
        >>日本は併合時代に朝鮮人を拷問などしなかった。

         基本的にこの認識で正しいと思う。
         同時に、基本から逸脱した違法行為が有ったという点を、踏まえておきたい。その多くは、警察の補助員として雇われた朝鮮人だったと思われる。(※ 女子を誘拐して慰安婦に売っていた朝鮮人の女衒と、同じ構図。)
         あと、李氏朝鮮時代に笞刑(ちけい・鞭打ちの刑)があったのだが、これは日韓併合後もしばらく残されていた。廃止されたのは、三一運動を受けて「武断統治」から「文化統治」に変わった時(1919年?)。このように、「武断統治」の時期は過渡期で、李氏朝鮮の制度等がまだ一部残っていたということも踏まえておきたい。
         眠り猫さんはたぶん御存知だと思いますが、補足させていただきました。

        1. 日本人は、秩序の破壊者には厳しいと思います。
          但し、弱いものイジメはあまりしません。

          朝鮮が力をつけて、日本人に威張り始めました。
          もう弱いもの扱いする必要はなくなりました。

    2. >いつかは多くの韓国人の子供達が学校でうそを教えられていたんだと知る日が来ると思いますけどね。

      こないね、そんな日は絶対に。あなたはそれが理解できてない。

      1. まあ、そうでしょうね。
        日本人の希望、いつかは真実は知られるであろう、ですね。
        でも実際は、勝てば官軍であり、真実は真実だけでは光り輝かないものなのです。(慰安婦も良い例)
        日韓基本条約が韓国で公開されたのは2005年。
        真実を知った韓国人はどうなったのでしょうか?

        今でもインターネットで簡単に物事の真偽は調べられるでしょう。
        それで韓国人は変わることはあるのか?です。

        真実を知っても知らなくても、行動は、反日は変わりがないのです。
        それが変わるとしたら、韓国が韓国でなくなる時かもしれません。

        1. >みかげ さん

           私は、眠り猫さんの意見に賛成。
           「真実」は強い。いつかは勝つと思う。ただし、時間が掛かる。
          (※ それまで韓国が滅亡しないでいてくれると良いのだが。)

      2. 私もそう思う。
        日本の敗戦後に親日派が力を失って独立運動家が幅をきかせるようになったのも、独立運動史観が韓国人情緒にマッチしてたからだと思う。
        植民地を実体験した年配者が事実を知ってても韓国は反日国家になって行ったことを考えると、彼らは今後も信じたい歴史しか信じないと思う。

    3. >惨めな歴史をうそで塗り固めて

      「立て直した歴史」なのに、二言目にはそれに学ばない民族に未来はないとかふんぞり返り、日本に「謙虚になれ」とほざくんだよなあw コントかよ。
      確かに親に売られて売春婦にされたとか、食いつめて日本に出稼ぎに来たとか、それよりも何よりも日本に併合してもらったとか、惨め以外に何があるのかっていう歴史だものね。哀れっちゃ哀れ。被害者コスプレが自慢の極みって、他民族からしてみれば滑稽なだけなんだけどなあ。

    4. >親日派が増えると韓国という国そのものが壊れてしまうからでしょう?

      韓国という国が壊れるわけではない。が、韓国人の認識の中の絶対的正義の優越人種国家である韓国が壊れるのです。

      韓国人の認識で正しい歴史を認知すれば、朝鮮は日本より明らかに劣等な民族、劣等な国家になってしまう。

      他のフィリピン、ベトナムなどはそれを容認できるけど、中華思想の国だけはそれが容認できないのです。中華は中華世界唯一の国であり、他は蛮族だからね。

      解っている人とわかってない人の違いは、いつか中華が普通の国になる、と思っているか思っていないかなのですよ。

      そして現状を認識したうえで、それでもいつか中華がまともな国になる、ともに歩める国となる、と間違った最悪な考えを持つ人が、大アジア主義者なのですね。

      1.  現状がそのままいつまでも続くと考えているから、時代の変化に気づかないんですよ。七誌さんは。

  6. 親日派(チンイルパ)と書いて、売国奴と読む。

    昔、ソウルで狂牛病由来のアメリカ牛肉の輸入の反対デモで
    英語圏の白人さんが
    (アメリカ牛肉の輸入の反対デモに反対する人に向って)
    このチンイルパめ!と、罵るのを見て驚いたという記事がありましたよ。
    その白人さんは、なんでアメリカ牛肉の輸入の賛成派が、
    どうして親日派呼ばわりされるんだと不思議だったそうですが、
    韓国では、親日派チンイルパってのは、売国奴と同義語で
    日常で使われている言葉だと知ってさらに驚いた。

    と、いう内容でした。

  7. 「日本と同じ主張だと悪い」なら、韓国は「悪」に叱りつけられ、批難され、滅ぼされる運命なんでしょう。やはり韓国とは、こんな相いれない思想を持つ以上、物心ともども交流を断つ潮時なのかもしれません。

  8. 今さらながら過去の記事を読みましたが、国民日報の記者の行いは脅迫そのもの。
    自国の発展には他国との交流が不可欠だ。しがらみをなくし行き違いを正すため話し合おう。他者に寛容になり、自身の欠点を直視しよう。
    そう主張することが、社会悪とみなされ糾弾される。
    そんな現状に絶望しても、わたしを含め多くの人は国を捨てるなんてできないでしょう。

    シンシアリーさん、よく決断なさいました。

  9. こういった国の教育的指導の継続によって
    ネット上での道徳が守られているわけですね。

    2005年の取り締まりはおそらくエンコリでの
    日韓交流の影響なんだろうなあ……。

  10. 2005年って言うと「インターネットで見た」のニセ嫌日流と、理論的に話すと言いながらすぐ暴力を振るう嫌日流が出た頃だったか・・・ まだ金完燮がメディアに登場してたような。

    1. 何年か前にSAPIOに単発記事を書いてた。結局、韓国内では社会的な圧力にとどまらず刑事罰も食らってしまうから活動出来なくなるんだよね。
      彼は闘うつもりで親日派のための弁明を書いたけど、やはり勝てなかった。

コメントは受け付けていません。