レーダー照射の電波情報、日本が交換提案も韓国が応じず

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

テレビ朝日の報道です。

日本防衛省と韓国国防部の担当者協議が今日、シンガポールで行われました。その際、<日本側はレーダーの電波情報を非公式に交換して事実を明らかにしようと提案しましたが、韓国側はこれまで通り交換に応じなかったとみられています>、とのことです

https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000145218.html

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国側から何か情報があると合わせて更新しようとしていましたが、いま(14日20時半)のところ、韓国側からのこれといった記事や報道はありません。

多分、テレビ朝日の情報より「前の(鮮度の低い)段階」の情報だと思われますが、韓国の聯合ニュースが18時46分の記事で、こう述べています。

「韓国側は、広開土大王艦がレーダー照射したと日本側が主張するレーダー情報の開示を求めているが、日本は軍事機密を理由に公開せずにいた。これに対してNHKは、今回の韓日協議関連の記事で、日本側が自分たちの主張を裏付ける証拠として、自衛隊電波記録を公開する案を含めて対応する方針だと報じた・・協議で実際に公開したかどうかは確認が取れないでいる」。

https://www.yna.co.kr/view/AKR20190114075952503

 

テレビ朝日の報道が事実なら、日本に対して、あれだけ「証拠があるなら提示せよ」「なぜ周波数を公開しないのか」と言っていた韓国側が、

いざ日本側が「じゃ、交換しましょうか」と言ったら、「交換に応じなかった」となったわけですね。呆れたものです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

181+

96 Replies to “レーダー照射の電波情報、日本が交換提案も韓国が応じず”

  1. >七誌さん

    >韓国と交渉は糞をいじるようなものだ、いじり始めた時点でもはや負けしかない。
    >七誌さんへ

    あなたはわかってない人ですね
    (と、ぼくは七誌さん風にいってみる)

    今回のレーダー照射問題は、すでに日本の勝ちで韓国の負けです。

    あなたと日本政府では、勝利条件が異なるんですよ。
    日本政府の目的は(韓国政府に危険行為の謝罪させる)ことでも(再発防止を約束させる)ことでもないの
    あくまでもそれは表向き。約束を守らない国に謝罪させたって意味はない。
    例え、謝罪しても口先だけだし。

    日本政府が本当に求めていることは、北朝鮮への経済制裁なんです。
    そのために、
    韓国政府が秘密裏に北へ瀬乗り行為等を行なって、
    経済制裁をだいなしにすることを
    禁止させたいんですよ。

    そのために、自衛隊機は北と韓国のランデブーの写真をとりにいったわけです。
    で、(韓国が危険行為をして、謝らなかったから)と、いう理由で
    韓国の軍艦と海洋警察が、わざわざ国籍のわかる旗をかくして、北朝鮮船を相手にこそこそと
    なにかをしてるところの写真をとっていたら「火器レーダー照射」で追い払われた。
    無線も無視した。と、誰の目にもわかる動画を一般公開しました。

    韓国の反論動画をみて、韓国が人命救助していただけ。悪いのは自衛隊のほう。
    なんて思う国は、韓国以外ありません。
    だからイギリスとフランスが北の瀬乗りの哨戒を手伝ってくれることにまで
    話が運べたんですよ。

    これでもう、韓国はうかつに北の瀬乗り行為をすることができなくなったんです。
    自衛隊機と違って、イギリス軍とフランス軍の哨戒機にまで火器レーダー照射をして追い払う真似はできない。
    おまけにイギリス軍相手に「発音が悪くて聞き取れなかった」といういいわけも通用しません。

    一番怒っているのは、北朝鮮ですよ。
    「愚か者め!火器レーダー照射さえしなければ、国際問題にまでひっぱれずに済んだのに。これから瀬乗りできなくなったら困るというのに」
    です。

    自衛隊と日本政府の勝利条件は「韓国が秘密裏に北朝鮮の経済制裁やぶりを阻止すること」
    なので、レーダー問題をひろーく国際社会まで周知できた時点で、勝ちですよ。
    むしろ韓国が、どんなくだらないことでも、謝罪できない性格をうまく利用したんですよ。

    1. 日本が勝ち!日本が勝ち!と言って勝てるなら苦労はしないが。

  2. この件に関する韓国の反応を見てきましたが、敵国に自国のレーザー情報を教えるわけねーだろってのがあってそれもそうだなって納得してしまったw
    レーザー照射もそう考えると腑に落ちる
    敵国の哨戒機がウロウロしてたらそりゃレーザー照射もするさ

    1. レーダー (Radar)とレイザー (Laser)の区別もつかん奴が何を
      エラそうに…

      Radio Detection And Ranging
      Light Amplification of Stimulated Emission of Radiation

      第一、通常兵器もまともに製造できない南朝鮮にレイザー兵器が
      造れるはずがない!

  3. 韓国海軍側は、誰をスケープゴートにするかなかなか決まらないようですね。
    もっとも、下手すると大統領自身がスケープゴートになってしまいそう。

コメントは受け付けていません。