韓国紙「北朝鮮が平和を選び、日米が韓国との葛藤を選んだ」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「日米が韓国を利用している」主張の記事、いままでも紹介したことがありますが、また同じ流れの記事がありました。今度は韓国日報で、日米が韓国を利用するようになったのは、北朝鮮が平和路線を選んだからだ、という内容です。

「北朝鮮が挑発をやめ、むしろ困ってしまった日米」という記事、部分引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<米国と日本が伝統的安全保障協力国である韓国と、前例のない軍事関連の葛藤を起こしている。北朝鮮が昨年から突然挑発を止め、長い敵対国である韓米と和解を試みながら起ったことである。北の脅威を名分にしていた軍備維持が難しくなり、両国が困惑している気味だ・・>

 

日本の場合「自国の保守層を結集させる役割をしていた北朝鮮が、当分の間、その機能を果たせなくなった。念願の憲法改正の実現にブレーキがかかった状況で、日本政府が選択した新しい動力源が、韓国との葛藤だというのが外交家たちの大体の分析である」で、

米国の場合は「北朝鮮の平和路線で名分が弱まるのは在韓米軍の防衛費だけではない。今まで北朝鮮を狙った複数の軍事的措置を縮小調整しないといけない可能性もある」、と。

https://news.v.daum.net/v/20190130180230008?rcmd=rn

 

いつものことですが、これらの主張を読んで改めて驚かされるのは何かというと・・「韓国に問題がある」とする観点はもちろん、「韓国に『も』問題はある」とする観点すら徹底的に排除され、韓国は完全無欠の被害者になっている点です。

これはこれで、疲れないのでしょうか。「私は被害者です」と毎日言っていることは、「私は惨めです」と毎日日記を書いているようなものですが・・・

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

162+

66 Replies to “韓国紙「北朝鮮が平和を選び、日米が韓国との葛藤を選んだ」”

  1. 北朝鮮が平和を選び、日米が韓国との葛藤を選んだ。
    そして韓国は、現実逃避を選んだ。

  2. 韓国が北朝鮮との関係をよくする事を求めるのは勝手にしろ
    って言いたいが。
    アメリカとの同盟関係を考えれば、厄介ごとの種にしかならん
    それでも続けるなら、それはそれで仕方がないが
    それならせめて日本に噛みつくような事はやらないで欲しいがな
    旭日旗の問題にレーダー照射に徴用工の問題とか、日本との対立を繰り返してくれるので
    それが日本の国益を害する以上、無視したくとも無視できなくなる

  3. >「韓国に問題がある」とする観点はもちろん、
    >「韓国に『も』問題はある」とする観点すら徹底的に排除され、
    >韓国は完全無欠の被害者になっている点です。
    >これはこれで、疲れないのでしょうか。

    大変申し訳ないが、「ない」から彼らは韓国で暮らしていて、「ある」からシンシアリーさんは日本にいらっしゃったのではないでしょうか?

  4. 北朝鮮が平和を選び、日米が韓国との葛藤を選んだ

    ->見出し時点で「韓国が選んだ」という発想が全くなくて笑えます

  5. 日本人が記事をじっくり読み込んでから是非(好き嫌い・自陣にとっての都合の善し悪し)
    ではなく真偽(主張の正否・自陣にとって都合が良かろうが悪かろうがではなく正しいか否か)
    を重視し判断材料(プロパガンダ に一定の耐性があり煽動され難い)とするのに対して、
    朝鮮民族は記事本文はほぼほぼよまずに記事タイトルを見ただけで全てを理解したと思い込み(筆者の悪意にミスリードされ易く煽動に対する免疫が無く極めて脆弱)、
    真偽ではなく是非を重視するので全く論点が異なり話が噛み合わないだけでなく、人類普遍の共通の価値観を共有するに決して至ることはないのだと思います。

  6. 国家に限らず人間レベルでも、自分が被害者であり損をしている、苦しめられていると思っている人ほど、実際には攻撃的で周囲を害する場合がよくあると思う。こういう人間にはなりたくないものです。

  7. お前が俺を怒らせたんだ」
    お前がこんな俺にしたんだ」
    お前がこんな事を俺にさせるんだ」

    これ等の精神的な由来は韓国人起源なんだね。

    1. 韓国が日本を怒らせたんだ
      韓国がこんな嫌韓に日本をしたんだ
      韓国がこんな経済制裁を日本にさせるんだ

  8. 韓国との葛藤で政権の支持率が上がるのが安倍内閣の目的、見たいに書かれてますが、レーダー照射なんてそもそもしなければこれほど大事にならなかったし、後処理でもすぐに謝罪し責任者の処分をし日本側に再発防止を伝えていれば、韓国側は安倍政権の支持率上昇を防げたはずです。なのでこの記事の分析は誤りでしょう。それに韓国との葛藤で憲法改正の意識が広まるとは思いません。あるとするなら韓国が北と連邦制となり赤化した時に、対馬が防衛ラインとなるのでそこで日本国民の危機意識が高まりパヨク言論がさらに下火になりネトウヨ言論が売れ、その後憲法改正となると思うので、安倍政権下での憲法改正はないと思います。

  9. 「アゴラ」に、韓国とキリスト教の親和性についての記事があり納得出来ました。

    キリスト教とは被害者の宗教であり、自分たちを被害者であり絶対善、宗主国ローマを加害者、絶対悪とするところから始まる、と。

    植民地であった韓国=被害者、絶対善 キリストまたはキリスト教
    宗主国であった日本=加害者、絶対悪 異教徒

    だから韓国は永遠に、何があっても被害者であり続けなければならないのでしょう。
    韓国人または韓国の指導者たちが、自分たちがキリストであり、十字軍であるとなぞらえているとするならば
    日本を侵略しても、日本人を虐殺しても、核を落としても
    国際社会がどんなに非難したとしても
    韓国にとっては、神がお許しになったことなのです。

    「何が神だよ」「そんな神偽物だろうが」「韓国の妄想の神だな」と言うのはもっともなことであり、簡単ですが
    では、世のなかの神とは、キリスト教とは、と問われれば、韓国の神とあまり違いはないように感じます。

    現代の十字軍にロックオンされたのが日本。

    1. 他国のキリスト教徒に失礼だ。
      単に、韓国人がキリスト教を理解してないエセ信者というだけ。
      だから教皇も言った。一度生まれ変われ、と。

コメントは受け付けていません。