領土保全

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

急に複数のマスコミが「日本がー領土保全がー」とうるさかったので何のことかと思ったら、自民党の憲法改正案のことでした。

ソウル経済の記事から、部分引用してみます。

<・・自民党の日本国憲法改正草案に「領土保全条項」が明記されたことが確認された。一般的に、武力が国の領土保全手段であるという点で、今後の領土紛争に自衛隊を動員する根拠を用意することはないかという指摘が出ている。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

29日、自民党のホームページに掲載された憲法改正草案には「国家は主権と独立を守り、国民と協力して領土、領海と領空を保全し、その資源を確保しなければならない」(第9条3項)という内容が含まれていることがわかった。

 

国内の学界では、憲法に領土・領海・領空の保全義務を含むこと自体が異例だという雰囲気だ。韓国憲法は、第3条で「大韓民国の領土は、韓半島とその付属島嶼とする」と規定したが、保全義務はない。

ヤン・ギホ聖公会大日本語学科教授は、「日本は中国と尖閣諸島を置いて紛争を繰り広げてロシアと北海道北東4つの島の返還交渉を推進するなど、領土問題について外交力を集中してきた」とし「結局領土保全は言葉ではなく武力とするものであり、9条3項が維持されれば、独島を含めて領土紛争に自衛隊を動員する根拠となる可能性がある」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190130033601638

 

「・・・いや、領土保全、普通に憲法に入っているだろう。「無い」ほうが異例なのではないか?」と思って少し調べてみたら、韓国の憲法にもありました。

「大統領は、国家の独立・領土の保全・国家の継続性及び憲法を守護する責務を負う」(66条2項)。ちなみに、韓国は大統領の権限がかなり強い国で、もちろん大統領は「軍」でも最高責任者になります。

つか、「学界」って、いったい・・・何の学界に聞いてみたのでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

139+

40 Replies to “領土保全”

  1. 国家が他国から国家として承認されるためには、主権をを維持する意志と能力を要求されます。領土を守るのは権利だけではなくて義務でもあります。
    「自分のシマを守ろうとしない奴は、そのシマを他の国が使おうと狙うから迷惑なんだよ」という意味であり、これこそが朝鮮が併合された理由であり、その時に他の列強が承認した理由です。
    このあたりを韓国が理解していない(理解することができない)のはまあ当然ですが。

    だから、憲法に領土保全条項などいらないんです。国家の要件に含まれるから。国家なくして憲法はないから。
    また、民主主義国家においては、その義務が国民にあるのも当然です。主権を持つ存在のみがその義務を負うのだから。
    義務とは武器をとるだけではありません、有事に各種交通機関が働くのは当然で(だからアカの手先の組合が国鉄や航空会社へ真っ先に浸透したわけで)、全国民はできることをするべきなのです。平時に税金を納めて軍備を維持するのも当然なのです。

    個人的には、自民党の憲法案はひどい代物だと思っています。
    アカの思想の枠内なんですよ。自分たちが考えた理想を子孫に押し付ける態度で書かれています。子孫にも自分たちで決める自由があります。
    明治憲法も今の憲法もダメになって行ったわけです。その理由は、書かれた理想そのものではなく、改正しづらい硬性憲法だから環境の変化に追随できなかったことです。その反省がないのです。

  2. 韓国の理解力など期待してませんが、「武力が国の領土保全手段」と「国民と協力して」と並べてまったく矛盾を感じないらしいですね。日本に中国のような国防動員法があるなら、国民も武器を持って領土を守れ、奪い返せとなるかもしれない。
    でも現実に、一般日本人は武器を持っていないのです。
    「国民と協力して」は、離島が他国に上陸された状況をイメージしているのでは。年寄りが多くて、警察官すらあまりいない島を乗っ取りにくる。
    悲痛な印象すら受けますが。

  3. 先日、日本からヨーロッパへの船便(タンカー)の輸送の番組を観ました(録画)
    普通にアフリカ周辺の海賊監視の為に自衛隊機が海路安全の確保の為に国連活動としてやってましたね。
    アレ?韓国軍もやってろ?

  4.  > 「韓半島とその付属島嶼とする」と規定したが、保全義務はない

    で,低空脅威飛行からは何を保全するのかねぇ

  5. 竹島を手に入れて、しかも対馬も手に入る。オマケに沖縄だって手に入れる事も出来そうな韓国にとって日本が領土保全を考えるのは邪魔でしょうね。
    しかも大半の日本人には領土という考えは稀薄だから楽勝です。

  6. 中華思想の中では、属国(日本)は領土保全してはならないのですよ。宗主国の許可なく軍を動かしてはならないのです。

  7. 韓国人は常に半島から逃げ出したいと思ってるから「領土保全」なんて関係ないと思ってるんじゃね。
    その割には「竹島」に拘るけどね。
    まあ、あれは棚ぼた独立後の「戦利品」だもんね。

コメントは受け付けていません。