80年代の韓国の人身売買は、「慰安婦」設定にそっくり

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国で「奴隷」扱いをされている女性が多いのは、旧ブログの時から何度も書いてきました。基本的には、女性を借金漬けにして、返せそうにない条件で体を「売る」ようにする人たちが、組織的に存在している、と。

韓国社会でこの件が話題になったのは、そう昔のことでもありません。2000年、全羅北道の群山(クンサン)というところの風俗店で火事が発生、20代の女性5人が死亡しました。なんと彼女たちは、外からしか開けることができない鉄の扉の部屋に、監禁されていたのです。翌年にもまったく同じパターンで、監禁されていた女性14人が死亡しました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

それらの事件で「奴隷」状態の女性が多いことが明らかになったわけですが・・実はこのやり方は、80年代から基本的には変わっていない、と言われています。

 

1960年代からあった大きな売春街が一つ閉鎖され(再開発事業)たことで、中央日報がそこで働いた女性のインタビューなどをまとめてシリーズ記事を載せました。60~80年代の様々なエピソードが出てきますが、彼女たちも「奴隷」として暮らすしかなかった、と言います。

特に「〇〇島に送られるのがもっとも怖かった」と話す部分では、例の塩田奴隷を思い出さずにはいられませんでした。

塩田奴隷というのは、精神障害者など大勢の人たちが、塩田で奴隷のように酷使された事件で、当時、「警察を含め村の全員がグルだったので、外に助けを求めることもできなかった」という話がありました。

今回のシリーズ記事で、女性たちが「◯◯島」を恐れたのも、その島では住民全員がグルだから、というのです。記事のインタビューに応じた女性が話した「◯◯島」以外にも、似たような地域は他にもあったのでしょう。

 

そして、なにより・・韓国が主張する「慰安婦」の設定と一致するシチュエーションも証言されています。主に80年代の話です。

「良い稼ぎの職業がある」という就職詐欺まがいなことで女性を騙し、そのまま奴隷にしてしまう人たちが多かった、むしろ人身売買が「女性」を確保するもっとも手っ取り早い手段だった、という話です。女性一人を連れてくると、200万ウォンが得られた、とも。当時200万ウォンならかなりの大金です。

 

<・・87年ソウル地検キム・スチョル検査が、ローラースケート場周辺の女子中高生や、新聞の「観光案内員募集」などの虚偽の求人広告を見て訪ねてきた未成年者500人余りをソウル・釜山・大邱などの淪落街に売り渡した人身売買組織、15組織46人を摘発した。ローラースケート場に遊びに行って、だまされて個人宅に監禁、4ヶ月余りの間、強制的にヒロポン注射を投与された状態で売春行為をしたキム某(16)さんは、組織から解放された後の後遺症で麻痺症状を見せるなど、被害が深刻だった・・>

https://news.v.daum.net/v/20190203120044523

当時、女子中・高生に「仕事がある」というだけでも、それは大きな誘惑でした。

 

ひょっとすると、慰安婦問題の「元ネタ」は、韓国社会そのものだったのかもしれません。「私が日本軍ならこうしたはず」という「ある種の自己紹介」の結果が、いわゆる慰安婦の設定ではないでしょうか。

※ソース記事は慰安婦問題を扱ったものではありません。シリーズ記事を読んで、私が個人的に思ったことを書いただけです。

 

 

告知です

画像の表示を少し変えてみました。一つ前の初島エントリーなどで試してみてください。表示したままスライドできるようになりました。なにか不具合があるなら、「インフォメーション」エントリーにコメントください。

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

 

176+

57 Replies to “80年代の韓国の人身売買は、「慰安婦」設定にそっくり”

  1. 証言がリアルですね。監禁・軟禁状態で辛い体験をした人は「何が一番嫌だった」「何がもっと怖かった(から逃げなかった)」と語る場合が多い。
    綾瀬のコンクリの女子高生は、自分が逃げたら家族が襲われると思って逃げなかったと言われています。
    もっと恐ろしいことがあるから、被害者は今の不幸に耐えようとする。元慰安婦の証言は、その点がまるでない。
    手足を切られた、スープにされたetc これ以上無いほどのオカルト話の列挙。「では何が一番怖かったですか」
    わからないのではないですか。見たこともないから。
    韓国は、不幸な事件も多く、リアルな証言を聞く機会もあるのだから、フィクションとの差を見分ける力が養われるはずなのですがね。

  2. そういえば慰安婦伝説の元は80年代の朝鮮TVドラマであるとも、シンシアリーさんの記事で見たように思います。

    南朝鮮人は昭和の漫画に出てくる悪役のヤクザのそのものですね。恐ろしい真のヤクザが5000万人集まった国家。

  3. 個人的に?に思うのが、大阪なおみさんはランキング1位になる事でそれ以後の契約金も変わる
    周りのスタッフも金にシビアというか軽薄なアメリカ人なら、人種問題というポリコレ棒で日本のスポンサーからもっと金になるアメリカのスポンサーに乗換えさせたいという腹積もりもあるでしょう・・・
    そもそもスポンサーのCMを事前にチェックしない事自体がおかしい、どんだけ適当(笑)

    捕鯨問題は「○○より△日の国とは?~IWC脱退、商業捕鯨再開」
    http://www.youtube.com/watch?v=ijKlqDoJlqo
    がおもしろかったですよ

    1. 変なトコに飛びましたが
      これは、なすりつけさんへの返信です

  4. >>慰安婦問題の「元ネタ」は、韓国社会そのものだったのかもしれません。「私が日本軍ならこうしたはず」という「ある種の自己紹介」の結果が、いわゆる慰安婦の設定ではないでしょうか。

    本件に限らず、韓国内の「奴隷」事件を扱っておられますね。その度に「なぜ過去の日本による慰安婦・徴用工を問題にして、現代の韓国による慰安婦・徴用工を救わないのか」と考えます。
    政治的・心理的に様々な分析が可能でしょうが、「過去を責めることで、現在の問題から目を逸らしている」ではないかと思えてなりません。だからこそ80年代の問題が現在でも成り立つのでしょう。問題を先送り先送りにしているだけですから。
    「歴史を直視しない民族に未来はない」といいますが、彼ら自身が身をもって実践しているといっていいでしょうね。おそらく100年後も「2000年代の韓国の人身売買は『慰安婦』設定にそっくり」と思えるかもしれません…。

  5. 小倉紀蔵氏が書いていた「春秋の筆法」ですな
    原因と結果を訳が判らない屁理屈で捻じ曲げるみたいな(笑)
    >慰安婦問題の「元ネタ」は、韓国社会そのもの
    であるので、なおさら韓国では日本のせいにするというアレな性質を理解しないとね~

    最近はナヌムの家で土下座させられた、ニューライトのイヨンフン教授がリアル李氏朝鮮の実情をyoutubeで流すようになりましたが、どうなることやら・・・

  6. 慰安婦に限った話ではないですね、これは。
    一時期、イギリスが「日本は犬を虐待している」と強烈に非難を続けたことがあります。
    イギリスで、ドッグレースが犬を虐待しているからと中止になった後の事です。

    アメリカが、大坂なおみの日清CMへの人種差別非難も、黒人奴隷の経験があるからです。

    アメリカとオーストラリアが日本の捕鯨を執拗に非難するのも、両国がシロナガスクジラを絶滅の危機に追い込んだことからきています。

    1. 自分達の悪行がバレるといけないので、立場の弱いものの所為にするんですね強引に?

    2. そのとおり。
      悪口は自分の文化を反映します。
      慰安婦—を言う国は、この記事の通り。
      南京大虐殺—を言う国は、王朝交代のたびに数百万以上の大虐殺で有名。(イギリスで「日本人が残虐」と悪口言っても、そりゃ無視されるわ。)
      セックススレイブ—を言う国は、奴隷をそう扱っていたことを反映。(これは、先日、BSフジで米国人自ら言っていた。)
      下手な悪口は、自分の恥を晒すだけです。
      日本が言っていた、「鬼畜米英」などは可愛いもの。
      このあたり、社会学者が論文を書いてくれたら面白いのだけどね。

コメントは受け付けていません。