文大統領が「賠償は日本企業の問題。政府は前へ出るな」と話した?大統領府は否定

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国の複数のマスコミが、「文在寅大統領が国務会議の後にカン・ギョンファ外交部長官を呼んで、「(いわゆる強制徴用問題は)日本企業の問題だ。政府が前に出てはならない」と話した、と報じています。

「韓国政府が日本の協議要請を無視しているのも、大統領のこういう意向が反映されたためだ」、とも。元ソースは今日(8日)の読売新聞だ、とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20190208125053758

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ですが、それから数時間後、大統領府がこの報道を否定し、記者たちに次のような携帯メールを送りました。

「(報道は事実ではないという話の後に)政府は最高裁判決を尊重するという基本的な立場の下、被害者の苦痛と傷の実質的治療および未来志向の韓日関係などを考慮して慎重に事案を扱ってきた。今後もこのような立場のもと、この事案を扱っていく」。

https://news.v.daum.net/v/20190208161800189

 

かなりマニュアルな内容をわざわざメールで送った、ということは・・読売新聞の報道は事実である可能性が高いという意味になるのでしょう。

韓国政府は、どうしても「韓国の問題」と認めるのを避けています。

「司法」とか、「日本企業の問題」とか。朴槿恵氏が慰安婦像を『民間がやったことだから政府は知らない』としていたのと同じパターンにも見えます。

しかし、菅長官も前に指摘したことがありますが、条約が拘束するのは「国家そのもの」。この件は「韓国」の問題です。

 

父「私もそっち行っていい?」

娘「ダメでしょうさすがにwww」

 

 

書店搬入が始まりました!(・∀・)楽しみです

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

155+

47 Replies to “文大統領が「賠償は日本企業の問題。政府は前へ出るな」と話した?大統領府は否定”

  1. 馬鹿なひともどきが
    担ぐんだから
    その代表として
    とても立派に
    愚かな振る舞いを
    しています

  2. ムンは裏で糸を引き、表には出ない卑劣な人間です。 かつパフオ-マンス男。大統領になりたての頃、コ-ヒ-片手に記者達と歩いてみせたり、失業問題が出れば、会議室にボ-ド出してみせたり、あれで騙されて賞賛してたメディアもバカにしか見えなかった。結局、あんな人間が80%の指示を得たのは、国民の問題じやないの。

  3. 文化や思想はその国の持っている地政学的な「誘惑によって生まれる」と言っても過言ではないはずである。
    日本は広い意味での多神教国家であるが、その
    基幹にはどの土地でも掘れば井戸水が湧き、週に一度は必ず雨の恵みを受ける事のできる素晴らしく肥沃な土地に生まれてきた事が関係しているはず。
    そのような土地では眼に見えるもの全てから命の恩恵を授かる事ができる。
    なまこやタコのような禍々しい生物でも「食べられるかもしれない」という勇気が結果を生むという発想が生まれてくる。
    しかし、四方全てが砂漠のような死に絶えた土地に生まれてきた人々からは命の恵みは奪い取るものだという発想しか生まれてこず、奪う、盗み取る、騙し取るという誘惑からものを見る視点(着想)を得ることになり、その誘惑がその国の文化や宗教を形成する顛末を辿る。

    砂漠の中のナイル川から一神教であるユダヤ教やキリスト教が生まれ、その国の文化圏では時間も文化も一方向に流れるという着想に誘惑を感じる。
    その着想、誘惑が「白人が有色人種を支配して白人文明に教化してあげる」事が使命であると考えるようになるのは当然の帰結だったのかもしれない。

    では朝鮮はといえば、朝鮮半島はユーラシアステップという広大な乾燥地帯を抱える中国大陸の一部であり袋小路である。
    黄禍論の元を生んだと言われるモンゴル帝国に隣接している。

    中国ですらモンゴル帝国に一度支配と略奪と交配を受けている。
    漢人とは人種的にモンゴル人と元の中国人の交配種であるらしい。
    そのような土地(国)では約束や信頼など生れようもない。

    騙し取る、略奪する、脅し取る、騙し取る、死人から奪う、殺して奪う、手の平を翻す。
    これらの強烈な誘惑が半島という地政学によって醸成され文化となり救いようのない民族性となりとにかく全力で逃げるという「遁走文化」が生まれた。
    あまりといえばあんまりなこの「遁走の誘惑」に支配された民族性を見るとそうとしか思えない。

    1. 「騙し取る」が重複しているのはいいとしてw

      誘惑とはつまり、欲求に訴えるということ。欲求を満たそうという試みは生物学的には問題があるとは言えませんよね。
      であるから、「救いようのない文化」というのは我々の立場や価値観を物差しにしたモノの見方とも言えます。もしかしたら、本来は生物として正直…とも言えなくもないです。

      救いようのない…

      救う必要もないのでしょうね。
      ただただ違いを意識して、対応の方法を考えるしかないし、相手のそういう価値観は我々にとっては危険でしかないから、延々と防衛措置を執るしかないと言うことですね。
      どうにかしたら、我々の思考の範囲内から隣国を完全に消し去れるわけではないし、仰るような隣国が消えてなくなるわけでもない。実際はあるのに、ないことにしてしまう方が我が国にとって危険ですよね。隣国なりの行動基準が、そのような古代からの歴史的経緯を引き摺っているものなら、向こう数世代で簡単に変わるはずもない。

      有害なものに対しての最初の心構えは、害の有無をキチンと認識し、害と程度を見極めることが肝要かと思います。病気の予防と似ていて、今は病気の正体を突き止める(認識を深める)状態から具体的な防衛策を吟味する時なんじゃないかと思います。

      1. >また来たよさん

        具体案を考えろという気持ちは分かりますが、具体的な防衛策を吟味してもそれを実行出来るのは自民党だけです。

        与党なら何でも良い訳ですらなく自民党が与党の時だけ予防策を実施出来る可能性がほんの少しあるだけ。

        日本は糞真面目な民主国家なので、我々のような知韓、嫌韓だけではなく国民の多くが特亜の民族性を理解して国を動かす声になる必要があるんです。

        予想では日本人の20パーセント程度は権威よりも道理で物事を判断している。
        道理、つまり論理で判断するという事は自分の利益だけで判断するという事に通じているでしょう。

        彼等を味方にするには、道理や理論で考えても特亜は日本人の味方に出来ないという事を理解してもらう事が韓国と離れる早道だろうと思いますの。

        彼等こそが日本と韓国が距離を取る邪魔をしているのだから。

    2. 地政学というより「風土」と80年以上前に和辻哲郎が指摘し尽くしたことです。何を今さら。

      1. 風土はかなり大きな要素ではあると思うんだけど、これによって全てが決定されるというようなことはない…というかなくなってきていると言うべきかもしれないですね。

        風土によって受ける影響は、その風土に順応するために人が変化することによると考えていいと思うんだけど、人の移動速度や運搬、通信の高速化といったことが、結局、人が変化する速度や方向を変えている可能性があるんじゃないでしょうか?

    3. >注射星人 さん

       大筋では同意するけど、細かいところで、ちょっと違う所がいくつか気になる。
      ・一神教を生んだのはナイル川じゃない。中東の砂漠です。
      ・黄禍論は、ドイツ皇帝のヴィルヘルム2世が広めたもので、モンゴル帝国よりずっと後の時代です。
      ・中国への異民族の侵略は、モンゴル帝国だけでなく、明とか清とかかなり多い。

  4. 元ソースは1/25の朝鮮日報か。
    徴用被害者(徴用工)に対する賠償は日本企業の問題で、韓国政府が率先してはならない」「日本は不当な内政干渉をしている」などというものだったという。「日本に対してもっと強く出ろ」という指針だと解釈できる。出席者の一部が「日本企業だけの問題ではなく、これまで韓国政府も徴用被害者問題は解決したと判断してきた点を考慮する必要がある」との意見を出したが、文大統領はかたくなな姿勢だったとのことだ。

  5. ラインじゃないcocoaだっけ
    グループチャットで政府がメッセージ送ってマスコミが書いてる

    から金太郎飴みたいに一緒な文面の記事多いんだよな
    特にレーダー照射記事

  6. ムンたん「私もそっち行っていい?」
    ノムたん「おお、早いなwww」

  7. (資料)
     楽韓Web 2019年1月25日付 ~朝鮮日報からの引用記事
    『 ムン・ジェイン「徴用工裁判の賠償は日本企業の問題で韓国政府が前に出てはいけない。日本の内政干渉に応じるな!」と激怒→韓国外交官僚「ええ……」→結果…… 』
    ・http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/5448405.html

    1. また朝鮮日報の報道を引用して韓国特派員が逮捕されるパターン

  8. 天皇陛下の謝罪を要求するかのごとき韓国国会議長の発言には、私も憤っております。天皇陛下と日本国民に対する侮辱ですね。イ・ミョンバクの発言を思い出します。

    トランプ米国大統領に抱きついた、あのなりすまし慰安婦の手に、日本国民統合の象徴たる天皇陛下が触れるなんて、あってはならないことです。またご退位後も、陛下をそのような政治行動に巻き込んではいけません。憲法規定が準用されると思います。

    1. 覆水盆に返らず、 終わったね。
      そうそう、お名前 替えて頂けます?
      バイバイ 朝鮮人と

      1. 匿名様、

        <バイバイ 朝鮮人>ではなくて
        バイバイ しつこい「超汚染国人」ニダ!

    2. この過度な不必要とも思われる挑発は意味が在るんでしょうかね?
      日本に対する挑発というか、韓国国内・朝鮮向けなのでしょ?

      日本の週刊誌の芸能人ゴシップみたいに市民の欲求がエスカレートして正常なプレイでは満足できなくなってるから、所謂、猿マスのように死ぬまでやるんでしょうかね。薬中でしょうか?

      1. >この過度な不必要とも思われる挑発は意味が在るんでしょうかね?

        韓国では日本を貶め辱める事が民意であり善であり国民に支持されることなんですよ、あれはレイシスト国家なのですから。

        何か意味があるのかなどというあなたはそれがまったくわかっていません。

  9. 天皇陛下への慰安婦謝罪要求、楽韓さんが早速触れていましたが、シンシアリーさんも明日あたり更新されるかな?
    譲位が間近に迫り、日本国中で敬愛の念が高まっているこのタイミングに、よくもまあ日本国民をさらに敵に回す発言が出来ますなぁ…

コメントは受け付けていません。