韓国与党、「光州民主化運動」に異論を提起した国会議員3人の除名処分を推進

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

最近、また518でうるさくなっています。

518、韓国で言うオイルパルは、1980年、全羅南道の光州(グァンジュ)で起きた大規模民衆蜂起のことです。

前にも論じたことがありますが、韓国の民衆運動にもいくつかの「流派」がありますが、いま韓国で一般的に「左派」と呼ばれる思想の中でも、もっとも親・北朝鮮なものがNL派(民族解放派)です。過激な学生運動、反米、もちろん反日が強いのが特徴です。

そのNL派の人たちが、反米のもっとも大きな「恨(ハン)」としているのが、518です。保守右派(全斗煥氏)が憎いのは当たり前として、米国がそれを止めなかった、いや裏で手伝った、韓国は米国の植民地だからだ。そんな理屈です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

逆に保守右派は、518には北朝鮮が関わっている、としています。でも、金大中氏が大統領になってから、518を市民による民主化運動だったと規定し(いまは光州民主化運動と呼ぶようになりました)、最高裁判所も同じ趣旨の判決を下したため、いまでは518に北朝鮮が関連したと言うのは、「歴史修正主義」と言われます。

ちなみに、シンシアリーは、518に北朝鮮が介入しただろうという「心証」はありますが、だからといって証拠はあるわけではありません。ただ、明らかに政府転覆を狙ったものであった。すなわち「民主化運動という名分の暴動だった」ことはほぼ間違いないと見ています。

 

さて、野党で保守政党となる「自由韓国党」の国会議員たちが主催した「518公聴会」というイベントで、国会議員たちが518を「暴動」「北朝鮮が関連した」などと主張したことで、また騒ぎになっています。

与党は、該当国会議員たちの除名処分を推進する、と公言しました。

https://news.v.daum.net/v/20190210140602212

 

良し悪しは別にして、最高裁判決で民主化運動と決まっている案件ですから・・今回の件に国会議員たちが前面に出たことは、やり方としてあまり上手いとは言えません。国会議員たちはあくまで「主催」として場を用意し、もっと民間の研究結果を発表するイメージを出すべきでした。

ただ、いつものことですが、与党の「封じる」というやり方については、もはや呆れるかぎりです。

 

「封じる」は、議論そのものを認めないことです。その説明にもっとも適しているのが、反日です。

前にも書いたことがありますが、韓国人は併合時代のこと(例えば徴用問題など)で「日本と同じ主張をする」のを「間違っている」と認識します。

なぜなら、最初から日本の主張は間違っているという前提があるからです。だからそれと同じことを言うのは間違いだというのです。人が両方の話を聞いて「これは日本の意見が理に適う」と思って日本と同じ主張をしても、それは「間違っている」とします。根拠は、「日本と同じ主張をしたから」。さらに恐ろしいことに、誰も「根拠がおかしい」と疑問を提起しません。

 

韓国人が何かあれば「法律を作る」「最高裁判決」に拘るのも、実は相手の意見を封じるための強制力を欲しがっているだけです。

「司法を尊重する」価値観など、韓国にはありません。ただ、相手を封じるための道具です。

 

 

 

「かかかかか(なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか)」の発売日ですので、書店めぐりしてきました!ありがとうございます。この上なく、幸せです。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

125+

48 Replies to “韓国与党、「光州民主化運動」に異論を提起した国会議員3人の除名処分を推進”

  1. 日本では「光州民主化運動」ではなく、「光州事件」ですね。
    三・一運動も派出所の襲撃や小学校への放火も行われているから暴動です。「三・一暴動」と呼ぶべきでしょうね。

    韓国には伊藤博文を暗殺したテロリスト安重根を「安重根将軍」と呼ぶ政治家も居ます。
    文字も読めず腰牌をぶら下げた賎民の安龍福には、釜山に「安龍福将軍」像が建っています。

    韓国は、呼称を少しずつ都合の良い方向にずらしていくことで歴史改竄が進行中の国ですよね。
    慰安婦も、「軍人相手の売春婦」が「慰安婦」、それから「従軍慰安婦」、いまや「性奴隷」ww。
    まさに出世魚w
    ワカシ→イナダ→ワラサ(ハマチ)→ブリ

  2. 日本人にしたら怖い話です
    被害が証明されても、保証は受けられず、日本の常識は、否定される、法律上の権利も最高裁で否決
    何があったら、反日記念日でチョン
    人権を叫ぶが、人権を無視する
    やはり、対話・往来をしてはいけないのか

  3. 韓国人は「ウリがナムによって攻撃されている」「葛藤が起こっている」と感知した瞬間、頭が「党争モード」に切りかわり、理性を麻痺させ、感性のバランス調整をする機能を眠らせ、ひたすらナムの問題点を(思いつきのウソでも)叫び、またウリが叫ぶことに唱和する出来の悪い機械に変身します。「声闘」ってやつの一種でしょうか。

    声闘中の韓国人に、同じウリの仲間が「今回の射撃レーダー、本当にロックオンしたらしいよ」とか「自衛隊機は脅威飛行しなかったらしいよ」とささやいても「そんなことが今、なんの関係がある?!」と考える韓国人の文化は何なのでしょうか。

    大半の(少なくとも先進)国の人間にとって、大事なのは「何が起こったのかという事実、時系列」であり、問題の争点はそこです。
    しかし「党争モード」の韓国人には、事実など何の関係もない。下手をしたら興味すらない。韓国人にとって問題の核心は「ウリの利益を守る+増進する」「ナムの利益をけずる」そのために「道徳攻撃」を驚異的な精力で続けることだけです。

    言いにくいことですが、「気持ち悪い」とすら感じます。

    1. 韓国は自力でなく強制近代化でしたからね。表面上の繁栄に精神文化が追い付いてないでしょう。

      アジア唯一独立を保ち続けたタイですら民主化は行き詰まり経済も頭打ちです。
      中国は遅かれ早かれ自力で技術を獲得し一定の経済発展を遂げていたでしょうが、フィリピンやベトナム、ミャンマーが先進国に追い付くことはあり得ません。誰かが技術を教えない限り不可能です。資本と技術がない韓国が発展した理由は隣に日本があったからに他なりません。

        1. 中国は貧しくても国そのものが大きいですから、資金を捻り出すことができるんですよ。欧米で学んだ中国系の科学技術者がいましたし。
          国の電力の1/3と資金、人材を集中投入して核開発に成功。
          ロケットも自力で開発。
          中ソ対立でロシア人技術者が引き上げたあと自力更正路線で技術開発していましたが、改革開放路線の前にある程度の技術を獲得出来ていたと考えるべきです。

          部品をある程度現地調達出来ないと外資も進出していかない。
          ベトナムなど今、対中国戦略で日本が金型や研磨など基礎技術を教えているそうですが、ジュース缶のプルタブも作れなかったといいますからね。
          ベトナム有望説は幻想だと思います。
          全ての東南アジア諸国がそうです。先進国にはなれません。

  4. 韓国については慰安婦を御神体とした反日が国教のカルト国家と考えると、韓国人の行動について説明出来るんですよね。

  5. 光州事件はコザ暴動みたいなもんだと思ってますがどんなもんでしょうか
    軍隊経験のある暴民が武器を手にしたことで大事になりましたが

  6. 民主主義の基本中の基本の「言論の自由」がないのに、自分たちの国は最高の民主主義国と思ってる不思議な国です。

  7. >韓国人が何かあれば「法律を作る」「最高裁判決」に拘るのも、実は相手の意見を封じるための強制力を欲しがっているだけです。

    日本の「ヘイトスピーチ規制法案」もそのままですね。

    1. ヘイトスピーチ禁止法案は危険な思想です。
      先頃の新宿での日本第一党のデモ行進に有田ヨシフや香山リカが妨害活動をしていましたが、見苦しかった。
      桜井誠がマイクで「我々に中指を立ててるあの人達を見てください。あれがあの人達の正体です」と正に正論で、妨害してる連中が哀れでした。朝鮮人とか名誉朝鮮人などの言葉を使うことが良いとは思いませんが、別個に差別反対のデモを企画すれば良いではないですか。

  8. 新しい本の陳列の仕方を見ると、かなりの書店押しの様で、おめでとうございます。
    沢山売れてほしいです。

  9. 光州の場合にはデモ隊がたまたま同時多発的に武器倉庫を襲ったことになっているようですが、そんな大事が指示もなしに同時多発的に起こるのかと疑っています。兵役のある韓国でデモ隊が武装すればどうなるかぐらいは考えませんでしたという話は通じないよね。韓国の場合には何年経っても過去のことにはならないのでいつになったら真相が解るやら。

  10. 「議論封殺」
    これこそ、朝鮮文化の神髄ですね。

    その手法として、いろいろ有りますが、いくつかの手法をミックスするのが有効のようです。
    1、地位を奪う
    ①ただの嫌がらせ(上下から)➁業務妨害(上下から)③密告(同格・下から)④左遷(上から)⑤馘(上から)
    2、テロ
    ①ただの嫌がらせ➁小暴行③執拗な小暴行④リンチ⑤暗殺
    3、口喧嘩の類
    ①反論(ただし論点は外れている。例えば「お前の言い方は無礼だ」「身分を弁えろ」)➁声闘③誣告
    4、そして最も重要なのが、1~3(その他あらゆる妨害行為)の実行者がすべて免責される事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。スパム対策です。申し訳ありません