韓国与党、「光州民主化運動」に異論を提起した国会議員3人の除名処分を推進

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

最近、また518でうるさくなっています。

518、韓国で言うオイルパルは、1980年、全羅南道の光州(グァンジュ)で起きた大規模民衆蜂起のことです。

前にも論じたことがありますが、韓国の民衆運動にもいくつかの「流派」がありますが、いま韓国で一般的に「左派」と呼ばれる思想の中でも、もっとも親・北朝鮮なものがNL派(民族解放派)です。過激な学生運動、反米、もちろん反日が強いのが特徴です。

そのNL派の人たちが、反米のもっとも大きな「恨(ハン)」としているのが、518です。保守右派(全斗煥氏)が憎いのは当たり前として、米国がそれを止めなかった、いや裏で手伝った、韓国は米国の植民地だからだ。そんな理屈です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

逆に保守右派は、518には北朝鮮が関わっている、としています。でも、金大中氏が大統領になってから、518を市民による民主化運動だったと規定し(いまは光州民主化運動と呼ぶようになりました)、最高裁判所も同じ趣旨の判決を下したため、いまでは518に北朝鮮が関連したと言うのは、「歴史修正主義」と言われます。

ちなみに、シンシアリーは、518に北朝鮮が介入しただろうという「心証」はありますが、だからといって証拠はあるわけではありません。ただ、明らかに政府転覆を狙ったものであった。すなわち「民主化運動という名分の暴動だった」ことはほぼ間違いないと見ています。

 

さて、野党で保守政党となる「自由韓国党」の国会議員たちが主催した「518公聴会」というイベントで、国会議員たちが518を「暴動」「北朝鮮が関連した」などと主張したことで、また騒ぎになっています。

与党は、該当国会議員たちの除名処分を推進する、と公言しました。

https://news.v.daum.net/v/20190210140602212

 

良し悪しは別にして、最高裁判決で民主化運動と決まっている案件ですから・・今回の件に国会議員たちが前面に出たことは、やり方としてあまり上手いとは言えません。国会議員たちはあくまで「主催」として場を用意し、もっと民間の研究結果を発表するイメージを出すべきでした。

ただ、いつものことですが、与党の「封じる」というやり方については、もはや呆れるかぎりです。

 

「封じる」は、議論そのものを認めないことです。その説明にもっとも適しているのが、反日です。

前にも書いたことがありますが、韓国人は併合時代のこと(例えば徴用問題など)で「日本と同じ主張をする」のを「間違っている」と認識します。

なぜなら、最初から日本の主張は間違っているという前提があるからです。だからそれと同じことを言うのは間違いだというのです。人が両方の話を聞いて「これは日本の意見が理に適う」と思って日本と同じ主張をしても、それは「間違っている」とします。根拠は、「日本と同じ主張をしたから」。さらに恐ろしいことに、誰も「根拠がおかしい」と疑問を提起しません。

 

韓国人が何かあれば「法律を作る」「最高裁判決」に拘るのも、実は相手の意見を封じるための強制力を欲しがっているだけです。

「司法を尊重する」価値観など、韓国にはありません。ただ、相手を封じるための道具です。

 

 

 

「かかかかか(なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか)」の発売日ですので、書店めぐりしてきました!ありがとうございます。この上なく、幸せです。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

126+

48 Replies to “韓国与党、「光州民主化運動」に異論を提起した国会議員3人の除名処分を推進”

  1. >518に北朝鮮が介入しただろうという「心証」はありますが、だからといって証拠はあるわけではありません。
    >ただ、明らかに政府転覆を狙ったものであった。
    >すなわち「民主化運動という名分の暴動だった」ことはほぼ間違いないと見ています。

    北の思想に感化された者が多くいた事は事実だと思うが主導したと言う証拠はないだろう。日本赤軍だって共産党の介入が在った証拠はないのだから。

    日本の民主党政権の時の「外国人参政権」、夫婦別姓etc etc。
    これは韓国人のこの様な気質と言うかを考えるとやはり、危機だったと言えるとおもう。
    全共闘、組合組織が乱立し、勝手な民主化?要求を政府に暴力を持って要求する、これは民主国家では無い、
    一歩間違えれば日本も韓国状態化の恐れは充分にあった。

  2.  歴史認識を政治問題化し、対抗勢力を叩いていく。いつもの手法です。
     親日派を叩き、親米派を叩き、韓国右派を叩き、韓国左派内の反対派を叩く。目標は、権力奪取。着々と進んでます。

  3. >与党は、該当国会議員たちの除名処分を推進する、と公言しました。

    違法でもないのに除名処分とかおかしいわ。
    立法府なんだから除名とかしてないで立候補条件を変更した法案を提出すればいいだけでしょ。

  4. 東欧の革命にしても、テロリズムから始まり反乱暴動なのかクーデターなのか一概には言えないものは多いでしょう。実際の光州事件がどうだったのか、私には分かりません。

    ただ、現在の韓国の左派が「光州事件=民主化運動」と持ち上げているにも関わらず、北朝鮮の独裁や民主化については一切言及しないという矛盾に多くの疑問符が付きます。これは日本国内の左派にも言えることです。

    朝鮮半島の政治運動の根底には、隠しきれない「民族主義」が見えます。日本の政治運動の根底には「民族主義の破壊」という目的が見えます。

  5. >議論そのものを認めないことです。

    韓国社会の、公の政治や歴史の話だけじゃないんじゃないですか?(だいたい議論そのものが出来ないのは置いておいて)
    これ、結構重要だと思いますので心に留めておくのをお薦めします。
    民族性の病理の一端に関わっていると思いますので。

  6. >韓国人が何かあれば「法律を作る」「最高裁判決」に拘るのも、実は相手の意見を封じるための強制力を欲しがっているだけです。
    >「司法を尊重する」価値観など、韓国にはありません。ただ、相手を封じるための道具です。

    パヨクが何かあれば「人権」「ヘイトスピーチ」に拘るのも、実は相手の意見を封じるための強制力を欲しがっているだけです。
    「人権を尊重する」価値観など、パヨクにはありません。ただ、相手を封じるための道具です。

    パヨクと朝鮮人て似てますよね。

  7. 客観的に見れば「民主化運動」は必然的に「政府転覆の策謀」になるんですけどね。民主化運動を行うということは、時の政府が民主的でないわけだし。時の政府が民主的でない状態で民主化するということはその政府を転覆するということになるんだから。

    こういう「善悪」を全く考慮しない歴史観というのは韓国人には理解困難なんでしょうねえ。歴史が科学であるというなら絶対に持たなければいけない視点なんですが。

  8. 韓国人の望む世界は、ウリ式「焚書坑儒」ですからね。
    自分が気に入らないモノは、燃やし尽くし生き埋めにするのが理想。
    連合赤軍の総括と変わらない。

  9. 光州事件が北朝鮮の煽動だったと、櫻井よしこさんが詳しく書いていますね。

    1. 煽動というか、戦後に共産主義というか民主同盟と言うような村民団体→市民団体が竹の子のように発生していたんですよね。
      彼らは人に動かされるような人間でないのでしょ。
      李承晩が米国の傀儡と言われるけど、そんな魂ではなかったと言う。振り回されたのは米国だったらしい。
      代理戦争と言われるけど、李承晩と金日生に米国も中国も振り回されたと見た方が良いようだ。

      1.  李承晩は、米国の政治力をバックにして、大統領の座をつかんだ。そういう意味で、米国の傀儡で良いと思う。
         だからといって、米国の言うことを素直に聞くというわけではない。李承晩のなかにも、朝鮮人の民族性が垣間見える。

    2. 韓国人の喧嘩に仲裁に入れば、仲裁者が刺されて当人は逃げ去って、仲裁者の死体が残る。
      だから韓国人の喧嘩に関わってはいけない、米国人はしらないのだろうね。市井の日本人が知ってるだけ。

コメントは受け付けていません。