韓国、予備軍法違反者に無罪・・宗教とは関係なく「自分の信念」だけで

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

更新が予想より大幅に遅くなってしまって申し訳ありません。

さて、この前、「良心」による兵役拒否が認められたというエントリーがありましたが・・

兵役ではなく予備軍訓練ですが、宗教や信仰とは関係なく、自分の「信念」による予備軍訓練拒否が、また裁判で認められました(無罪判決)。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<良心的兵役拒否者に対する最高裁の無罪判決の後、良心的予備軍訓練拒否の裁判所でも無罪判決が相次いでいる・・

・・他人の命を奪う軍事訓練に参加することができない信念に基づいて予備軍訓練を拒否した疑い(予備軍法違反など)で起訴されたク某(28)氏に、14日、無罪が宣告された・・

・・判決文は「予備軍法上、良心によって予備軍訓練を拒否したのは『正当な事由』であり、兵役法上良心的兵役拒否の『正当な事由(※兵役拒否者判決のときのもの)』と同じ趣旨であると見なければならない」、「ここで良心とは、確固たるもので、嘘がなく、真実なものでなければならない」と述べた。

ク氏は2013年2月軍除隊(※兵役終了のこと)の後、予備軍に編入されたが、2016年11月から昨年4月まで11回にわたって予備軍訓練などに出席しなかったことで起訴された。ク氏はこれに「他人の命を奪う戦争のための軍事訓練に参加することができない信念に基づくものである」と主張した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190219170604027

 

韓国人男性は、兵役を終えてから6年間は予備軍訓練を、それからも40歳になるまでは民防衛教育を受けなければなりません。

民防衛教育は「恥韓論」の頃、旧ブログでも2~3回書いたことがありますが、皆さん、覚えておられますか?懐かしいですね。

 

いまは装備の老朽化で、一部の地域(安保上、予備軍訓練がかなり本格的に行われる地域があります)でないとほとんど意味が無くなった感もありますが・・

一時は、「北朝鮮の武装スパイによる韓国内の破壊活動をもっとも萎縮させたのは、韓国の予備軍の存在」と言われました。その言葉が本当かどうかはわかりませんが、武装スパイが現れたとなると、その地域の、兵役で軍事訓練を受けた20~30代の男全員が武器を手にして捜索作業に動員されるわけですから、武装スパイからするとたしかに厄介な存在だったのでしょう。70~80年代の話ですけど。

 

とにかく、その予備軍訓練を拒否し、それでも無罪になった今回の件ですが、特筆すべきは、「自分の信念」です。宗教ではなく、自分自身の信念。

良心、信念、真実、嘘が無い・・良い言葉なのに、なんでこうも幼稚に聞こえてしまうのでしょうか。

記事のク氏は、家庭内暴力を経験したことと、「ヘリから銃を乱射する動画」を見て衝撃を受け、軍事訓練に参加しない「信念」を得たとのことですが・・

これで、韓国で「兵役や予備軍などを正常的に済ませた人は、「良心」が無い人か、それとも「信念」がない人かのどちらかになってしまいます。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

121+

47 Replies to “韓国、予備軍法違反者に無罪・・宗教とは関係なく「自分の信念」だけで”

  1. >>ここで良心とは、確固たるもので、嘘がなく、真実なものでなければならない

    ウソ発見器にでもかけたのか?
    笑うしかないwww

  2. 俳優のソン・スンホン氏が兵役を忌避する為に、肝臓の数値を悪くする薬を飲んでいたのがバレて、韓国内で大バッシングを受けていたのに。これからはそんな事しなくても良くなるね。
    国民からはブーイングで、文大統領もホンネではやめたいのなら、憲法改正して募兵制にすれば良いのに。

  3. 「お笑い韓国軍」だけでなく「お笑い裁判所」開演
    日本の役所では、前例を探すことに一生懸命ですが
    韓国は、すごいもう「徴用工への賠償」から『徴兵拒否』に発展
    次は、『賠償』へ    最後どこ
    日本の場合、まだ武器の訓練に抵抗あるが、避難訓練や災害ボランテアでの集団自衛行動は、始まっています、中心が女性なのが欠点ですが、武器の照準は自動で操作も体力の必要がない機械に変換されてきています、発注配備は、自衛隊ですが操作は、国民ができます
    自衛隊は、最初の一発と時間稼ぎの兵員しかいません、あとはアメリカ軍か国民の援軍を待つしかないのです

  4. 判決がドラマみたいですね。韓国民もドラマじみた展開(エンターテイメント)を裁判所(司法)に期待する傾向があるような。
    堕胎を禁止していた時代、闇で堕胎を施していた英国女性の映画を思い出しました。(ヴェラ・ドレイク)
    裁判で弁護士が言う決め台詞が「彼女は善意から(堕胎を)していた」
    映画では彼女が善人であることを時間をさいて描いてましたが、現実の人の場合どうやって証明するのか。その人が善人か、信念をもった人なのか。誰が判断するの。裁判官が信念ありシールのレッテル貼るわけ。宗教に対して。
    配役間違えてませんか。

  5. 例外や特例になったもん勝ちのお手本のようなケースですね。金の匙で生まれなかった人たちの唯一の救いになっているのでしょう。

  6. 予想
    「家庭内暴力の経験から、軍事訓練に参加しない『信念』が形成された」
    →「なるほど、かわいい我が子を兵役から護るには、家庭内暴力にあわせれば良いのだな」
    →「韓国で、家庭内暴力が、さらに激増」
    →判例修正「兵役忌避の信念を形成するための家庭内暴力は、確固たる良心に基づいた、嘘が無く、真実なものでなければならない」
    →「確固たる良心に基づいた嘘がなく真実な家庭内暴力が、さらに増加」

  7. 嘘でも思い込むことで真実と見分けがつかなくなる韓国人にとっては画期的な判例になりますな。

    スマホのダウンロード履歴とかパソコンを全部調べて、FPSゲームをやっていたら有罪になるのでしょうな。
    仕事が増えるね。公務員を増やさなきゃ。

  8. これで
    米朝会談で「平和宣言」が出されると

    (・∀・)もう、万々歳って事でしょうかw
    当然、国連軍の駐留も必要無くなりますな

  9. >>良心、信念、真実、嘘が無い・・良い言葉なのに、なんでこうも幼稚に聞こえてしまうのでしょうか。

     覚悟が無いからでしょうね。
     本気で語っている人の言葉は、迫力が違う。

     自分の国が亡くなっても戦わない、それぐらいの覚悟をしてるのかと言いたい。自分達が流浪の民になろうとも決して戦わない。そういう覚悟が本当にあるのかと言いたい。

コメントは受け付けていません。