百段階段・雛人形展を見てきました

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

前から雛人形のことを「ええなー」と思っていましたが、いつだったか、コメント欄でホテル雅叙園東京の百段階段で行われるひな人形展の話を聞いて(読んで)、調べてみたら「やっぱええなー」だったので、今年、思い切って行ってきました。

最後に、近くの大圓寺で撮った(ホテルは人が多すぎで)レナの写真がありますので、ドール写真が苦手な方はご注意ください。あと、雛人形の写真が苦手な方は、これ以上ご覧にならないほうがいいと思います。

百段雛まつり(ホテル雅叙園東京のHPとなります。2019年は3月10日まで)

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

百段階段は99段まであり、「奇数が縁起が良いから」とも、「未完成の美学」とも言われている、とのことです。

その階段を登っていくと、いくつかの部屋に繋がり、そこにひな人形たちが展示されていました。今年は秋田、青森、山形のひな人形展となります。

 

写真撮影可能な場所が限られているので極めて一部だけになりますが、まず「展示品もすごいけど、展示場所がすごい」と感じました。こんな場所を一般公開していいのかな・・という気もしました。

↑展示されている部屋の壁と天井

 

「雛道具」と呼ばれる、様々な小道具(手前にあるのは雛菓子です)。

今回、もっとも驚いた三つの側面を書きますと、まず「ひな人形の表情(顔だけでなく、体や指のポーズも含めて)」、「冠(鎌倉国宝館で見た仏像の冠の部分の完成度に驚愕しましたが、まさにそのミニチュアバージョンでした)」、そして「雛道具」の素晴らしさでした。

※冠は、上にリンクした公式HPを御覧ください

 

↓映像モニターから撮影した写真です。本当にいい表情していますね。

 

「かわいい」から「かっこいい」まで、いろいろ。

 

ホテルにも素晴らしい内庭園がありましたが、人が多くて、近くの大圓寺でレナの写真を撮りました。

ちなみに、これがレナのひな人形です。レナのひな祭りはまた3月にでも・・

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

152+

35 Replies to “百段階段・雛人形展を見てきました”

  1. むかーし子供の頃の縁日で、
    小さな家具や陶器のティーセットなどがたくさん並んだお店があって、
    夢中になって眺めたのを思い出しました。
    ティーカップの小さいセットを買ってもらってずっと大切にしていました。
    レナちゃんもたくさんのお雛様やお道具を見て、
    きっと楽しかったでしょうね。
    昨日テレビを見ていたら、
    神戸にドールの着物専門店があるとの事。
    正絹で本格的なものを仕立ててくれるそうですが
    けっこうお値段も本格的なんでしょうね。
    レナちゃんは成人式は着物なのかなー

    1. いい情報をありがとうございます。「アトリエサクラギ」というサイトがヒットしたので、今年のレナの誕生日プレゼントにしようかと思っています。

  2. 子供の頃近所の友達と、おめかしして7段飾りの前で、雛あられを食べたりカルタをしたり。
    明かりを付けましょぼんぼりにー♪と唄ったり。
    女の子の節句でしたから、女の子だけで遊んだ記憶があります。

  3. いいですなぁ〜
    ひな祭りにあまり良い思い出はないですが、娘に買ってあげられず。型紙やら色紙やらで工作して手作り男雛女雛と提灯雛飾りを作ってタンスの上に、、、
    情けない話ですが

    1. いい思い出じゃないですか。
      私だったら嬉しいです。

    2. 気にかけて貰えてる!
      愛されている!
      そを思えることが何よりの大切な思い出。
      昔は各家庭には居ませんでしたよ(笑)

  4. 昭和40年代前半、勤務先が行人坂を下り橋を渡った近くにありましたので度々行ってました。
    夏は園内でのビヤガーデンとか当時が偲ばれます。
    グーグルマップで見ると新しい建物になってますが、当時は木造建築で天井や欄間には写真のような絵がたくさんありました。
    絵は残したんですね
    今でも覚えているのは化粧室(トイレ)の大きさ、大の方は3畳間くらいの広さの真ん中にポツンとその広さにびっくりでした。
    また、坂の途中には大円寺というお寺があり、江戸時代の恋愛物に「八百屋お七」という実在の物語がありますが
    その相手役の吉三郎のものとされる墓もあります、その他大火の犠牲者である石仏が520体等々
    雅叙園の対岸には階段があり昔の船着き場もありましたネ、(桜は植えたばかりでした)

  5. 普通の韓国人は博多人形やお雛様が鬼神のようで怖いそうですね。
    プレゼントに絶対ダメと聞きました。
    夜に白い顔をみて、ぎょっとしてモノを投げつけたのは私の友人ですw 個人的には雅叙園のはデコラティブすぎて苦手です。

コメントは受け付けていません。