神戸に行ってきました

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

午後にツイッターにも投稿しましたが、神戸に行ってきました。神戸はこれで二回目です。

実は、本ブログのコメント欄の情報ですが、「神戸にはドール用着物の専門店がある」ということでして。関西地域のTV番組でも紹介されたとも。ほんの少し遠い気もしましたが、パパっと行ってきました。パパなだけに。

いつものことですが、最後辺りにレナ(ドール)の写真がありますので、苦手な方はご注意ください。それまでは神戸の写真です。韓国関連情報は、一つ前のエントリー(文大統領、米朝首脳会談決裂で~)が最新のものとなります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

3年前は摩耶山など「夜景」メインで回りましたが、今回は日帰りということもあって、元町メインです。雨が降りましたが、神戸空港→ポートライナーで三宮→元町→元町商店街だけ。傘も持参したし余裕でした。

 

商店街には、素敵な店が並んでいました。

着物専門店のことは『アトリエサクラギ』で検索してみてください(ちなみに、他のドール着物専門店だと「キモノノミライ」という通販サイトもあります)。

店の写真は載せませんが(撮っていません)、アトリエサクラギの女将さんは本当に優しく、とても接しやすい、話し合いやすい、そんな方でした。女将さんからいろいろアドバイスを受け、注文を済ませました(人用の着物と同じ生地から、帯や帯揚げなどなど、全て自分で選べます)。今月中には出来上がるということなので、後で写真UPします。

 

さて、帰りの飛行機まで時間があるので、とりあえず食べることにしました。

でも時間が余ったので、食べることにしました。

それでも時間が余ったので、食べることにしました。

どれも美味しかったですが、神戸牛は本当に半端なく美味しいですね。着物目当てのはずが、結果は食べまくり日帰り旅行になった気もしますが・・とりあえず、無事、帰還しました。

 

それでは、アトリエサクラギで撮ったレナたんの写真をUPします。

このハカマは毎年ひなまつりのときに着せる服です(アトリエの女将さんがかわいいと褒めてくれました)。

それでは、また(・∀・)ノ

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

180+

46 Replies to “神戸に行ってきました”

  1. 大正ロマン好きな私は、矢羽の振袖に紫の濃い袴が好みです。

    レナたん、可愛いですね!

    シンシアリーさんは、甘党ですか?

    神戸は、色々美味しい洋菓子のお店があるらしいですよ!

  2. グラデーションの袴、可愛いですねえ
    私は卒業式では上下ともはっきりした色合いのものを着用したのですが、ピンクや淡い緑なども良いなあと羨ましく思いました
    カラー診断でウィンターなので、あまりこういう淡い色合いが似合わないのです

    余談ですが袴がスカート状態のものだったのにはちょっと驚きました
    剣道着の袴はズボン型のまさしく「袴」だったので、卒業式で着用するものもそういうタイプだと思っていたので
    レナちゃんの袴もスカートタイプなんでしょうか?
    あと神戸は人形だけじゃなく神戸牛やスイーツもありますから、楽しめたようで何よりです

  3. お箸を縦に置くところが韓国式ですね。
    ドール用お着物ですか、画像検索したら素晴らしい出来のお着物をお召しのお嬢さん達がおいでで眼福でした。これは出来上がるのが楽しみですね。

    1. >お箸の置き方

      んん? そういえば横ですね。
      意識したことないですが、たしかに。

      (´° ∀ °) ←お肉にしか目がいっていなかった人

      1. 縦置きが韓国式とは知らなかったですが、

        ①料理が運ばれて来た時(お盆=定食など)は「手前に横置き」

        ②一回でも箸を手に取って、
        「あ、食べる前に写真撮っておこw」
        ってなって、皿に置いたりする時は、私は「縦置き」です。

        ③割り箸(袋付き)の場合、最初のセッティングであらかじめ手前に横置きされてますが、袋から出して割った後は、食べ終わるまで袋に入れませんので、やっぱり皿に縦置きです。

        ④箸置きがあればそれを使います。
        この場合は手前に横置き、かな。

        ⑤行儀的にはわかりませんが、
        「箸袋で箸置きを折って作る」ことがあります。これは④に準じる。

        なので、全然不思議に思わなかった。
        スプーンは通常右側に縦置きだし。

        1. 本件は②に該当するので、私も写真のようになります(皿の上にありますね)。

        2. というか、縦置きが主流だったりしますよ。ですが割とゆるくて縦横斜めの事も有り。食事中なら尚の事、器に置いたり渡したり。
          韓国ちゃんはうるさい方なのか見かけるのはキッチリ縦置きが多い感じです。

          中国で縦に置くと食事中、横に置くと終了しましたサインになることがあったり、香港のコース料理で皿毎に箸を変える場合があったり面白いです。

          1. ホント、「韓国=縦置き」は知らなんだw

            もっとも
            訪韓二回。ほぼほぼ安いシクタンまたは居酒屋またはホテルの部屋メシなので数えるほどしか「韓国メシ」は食ってないw
            意外と屋台が高かったりw

      2. 私的ですが
        平面的な場所にお箸が置かれている場合は、左手でお箸の中腹を上から持ちあげ、右手は箸の左下を持って使います。
        テーブル面から高さのある丼物などは、そのまま下から右手で持てるので縦置きにする事もあります。
        お写真の様な場合は、右手を箸の下に入れ持ち上げる事が出来ないので、左手で持ち上げる動作が必要となり、左手が体の前でクロスし使いにくいかと。

        とは言え、使い手が使いやすく、さらに美味しく頂けたならgoodですよね。

  4. 女の子の袴姿を見ると昭和生まれは「はいからさんが通る」を思い出し、平成生まれは(多分)「ちはやふる」を思い出す。
    いやまあ、どっちも少女マンガなんですがアニメや映画化などの映像化されてるもんで。
    袴姿は頭の後ろに大きなリボンを付けて編み上げのショートブーツを履くと、大正レトロな女学生風で可愛いですよ~

  5. レナさんの袴、珍しいタイプ!ぼかしが入ってて素敵ですね。

  6. シンシアリー様、甘党なんですね~

    神戸ですか……私が実家に帰省するときに通る場所ですが、実際に行ったのは社内旅行で瀬戸内クルーズをしたときだけ。いつでも行けると思っていると、中々行かないものです(笑)

  7. 振り袖に袴はある意味学生服なんで、着物の中でも特別な感じがします。
    うら若き乙女って感じで良いですね!

  8. 神戸行きには新幹線より飛行機が楽な立地にお住まいなんですね。私は今神戸住まいですが完全に新幹線党。自分の東京行きに神戸空港から飛行機利用は考えた事もありませんでした。しかも「新神戸」ではなく「新大阪」から乗る。

コメントは受け付けていません。